引っ越し大名!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
引っ越し大名!
監督 犬童一心
脚本 土橋章宏
原作 土橋章宏
「引っ越し大名三千里」
製作 矢島孝(企画・プロデュース)
秋田周平
製作総指揮 吉田繁暁
ナレーター 立川志らく
出演者 星野源
高橋一生
高畑充希
小澤征悦
濱田岳
西村まさ彦
松重豊
及川光博
音楽 上野耕路
主題歌 ユニコーン「でんでん」[1]
撮影 江原祥二
編集 上野聡一
制作会社 松竹撮影所
製作会社 「引っ越し大名!」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2019年8月30日[2]
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11.1億円[3]
テンプレートを表示

引っ越し大名!』(ひっこしだいみょう!)は、2019年8月30日公開の日本映画

生涯に7回もの国替えをさせられ、“引っ越し大名”とあだ名された実在の大名松平直矩をモチーフにした土橋章宏原作の小説「引っ越し大名三千里」の映画化で、土橋が脚本も担当した[4]。監督は犬童一心、主演は星野源[2][5]

あらすじ[編集]

時は江戸時代前期。姫路藩主の松平直矩は幕府から豊後国日田藩への国替えを命じられる。国替えとは、参勤交代をはるかに上回る莫大な労力と金額が必要な一大事業なのだが、直矩はこれまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡される。さらに悪いことに、国替えを担当していた引っ越し奉行が激務がたたって亡くなってしまう。

そこで直矩は後任の引っ越し奉行に、書庫番の片桐春之介を指名する。彼は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもって書物を読んでばかりいたため、周囲から「かたつむり」とあだ名されていた。いつも書物を読んでばかりいるのだから、国替えの知識があるだろうという理由から、春之介が引っ越し奉行に任命されたのだった。

しかし、国替えの経験などない春之介はどこから手をつけて良いか分からず悩み、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭に助けを求める。春之介は仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて、国替えの準備を進めていく。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

片桐春之介(かたぎり はるのすけ)
演:星野源[2]
姫路藩書庫番だったが上記経緯により引越し奉行に任命される。鷹村とは幼馴染。
鷹村源右衛門(たかむら げんえもん)
演:高橋一生[2]
姫路藩御刀番。武芸に秀でた春之介の幼馴染。誰も引き受けたがらない引越し奉行の職を引き受けさせられそうになり、半ば強引に春之介を推薦する。
松平直矩(まつだいら なおのり)
演:及川光博[6]
物語開始当初は越前松平家に連なる親藩である姫路藩の藩主。越前国大野藩主の松平直基の子として生まれる。父が姫路への国替えの途上で死去したため、幼少の身で姫路藩主となるが、翌年越後国村上藩に国替えとなる。成人後に再び姫路藩主となるが、その後、豊後国日田藩出羽国山形藩陸奥国白河藩と、幕府から何度も国替えを命じられたため”引越し大名”とあだ名された。
本村三右衛門(もとむら さんえもん)
演:松重豊[6]
姫路藩国家老。春之介を引越し奉行に任命する。
藤原修蔵(ふじわら しゅうぞう)
演:西村まさ彦[6]
姫路藩次席家老。本村とともに春之介を引越し奉行に任命するが、その裏で別の思惑を持って足を引っ張ろうとする。
仲田小兵衛(なかた こへえ)
演:山内圭哉[7]
姫路藩江戸留守居役。
佐島竜五郎(さじま たつごろう)
演:正名僕蔵[7]
姫路藩勘定奉行。藩の重役の一人だが引越しには非協力的。
中西監物(なかにし かんもつ)
演:濱田岳[6]
姫路藩勘定頭。佐島の部下であり、当初は上司の下で引越しに対しては関与していなかったが、春之介の姿勢に共感し、自身の知見を基に借金ができる商家を探すなど、鷹村とともに引越しの中心人物になる。
綾瀬主水(あやせ もんど)
演:松岡広大[7]
姫路藩藩主付きの小姓。直矩とは同衾するほど親しい。
山里一郎太(やまざと いちろうた)
演:小澤征悦[6]
姫路藩士。勉強熱心で読書を好むため春之介とも親しい。
高橋四郎
演:飯尾和樹[7]
姫路藩士。藩の減封の影響を受けてリストラ対象になる。

姫路藩関係者[編集]

於蘭(おらん)
演:高畑充希[2]
前の引越し奉行・板倉重蔵の娘。当初は父に引越しの重責を担わせて死に追いやったとして上士を嫌悪していたが、春之介の人柄を見て考え変え、父が残した引越しに関する文献である御渡方賀覺書十ケ條を提供するなど協力を申し出る。
音松(おとまつ)
演:鳥越壮真[7]
於蘭と前夫の子。
波津(はつ)
演:富田靖子[7]
春之介の母。
和泉屋 新吉(いずみや しんきち)
演:岡山天音[7]
姫路に本拠を置く廻船問屋の若旦那。
大野の妾
演:丘みどり(特別出演)[7]
北尾俊蔵
演:ピエール瀧
蛭田源右衛門
演:中村靖日[7]
戸田采女
演:矢野聖人[7]
小野田真之
演:斉藤暁[7]

その他[編集]

柳沢吉保(やなぎさわ よしやす)
演:向井理(友情出演)[7]
江戸幕府小納戸役。将軍の側近だが、松平との諍いにより恨みを持ち、讒訴して国替えが行われるように画策する。史実では徳川綱吉に重用され、側用人として幕政を主導した譜代大名
田中衆三郎(たなか しゅうざぶろう)
隠密の統領。
演:和田聰宏[7]
引っ越し若侍
演:吉井基師・辻伊吹・森継熊野・中村大輝・日下諭・小澤明弘・江村修平・新村遼太郎・北川裕介・吉村光平
ナレーション
演:立川志らく

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ユニコーン「でんでん」(Ki/oon Music
作詞:川西幸一奥田民生 / 作曲:奥田民生

余談[編集]

予告などで高橋一生演じる鷹村源右衛門がたびたび振り回している長槍は、松平家に伝わる天下三名槍の一つ、御手杵である。これは犬童監督が撮影の数日前に「松平の家宝『御手杵の槍』」の話を聞き、長い槍を振り回す姿は画が映える上に面白そうだからという理由から急遽取り入れられた[8]

また、ここからブラウザゲーム『刀剣乱舞』に刀剣男士として御手杵が登場している縁にも繋がり、宣伝と感想コメントを兼ねて御手杵が映画館へ「引っ越し大名!」を見に行った設定の新規書き下ろしイラストが公式Twitterで投稿された[9]

出典[編集]

  1. ^ “ユニコーン、星野源の主演映画「引っ越し大名!」に主題歌「でんでん」書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2019年5月15日). https://natalie.mu/music/news/331404 2019年5月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “星野源×高橋一生×高畑充希の痛快時代劇「引っ越し大名!」19年8月30日公開決定”. 映画.com. (2018年10月13日). https://eiga.com/news/20181013/4/ 2019年2月18日閲覧。 
  3. ^ 2019年 (令和元年) 全国映画概況 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2020年1月31日閲覧。
  4. ^ “映画『引っ越し大名!』 実在した引っ越し大名役はこの人!超豪華追加キャストを解禁!”. CINEMATOPICS. (2019年2月18日). http://www3.cinematopics.com/archives/106606 2019年2月21日閲覧。 
  5. ^ 日経新聞の報道。[1]
  6. ^ a b c d e “星野源の時代劇、引っ越し大名は及川光博!濱田岳・松重豊ら共演”. シネマトゥデイ. (2019年2月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0106895 2019年2月18日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m “向井理が“黒幕”! 岡山天音&矢野聖人ら追加キャスト発表『引っ越し大名!』”. cinemacafe.net. (2019年4月26日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/04/26/61339.html 2019年5月15日閲覧。 
  8. ^ 痛快エンタテインメント時代劇! 映画『引っ越し大名!』原作&脚本 土橋章宏さんインタビュー”. 城びと (2019年8月27日). 2019年9月2日閲覧。
  9. ^ 引っ越し大名!感想コメント到着”. Twitter (2019年8月23日). 2019年9月2日閲覧。

外部リンク[編集]