松竹ブロードキャスティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松竹ブロードキャスティング株式会社
Shochiku Broadcasting Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0045
東京都中央区築地4丁目1番1号
東劇ビル5階
設立 1992年4月23日
(衛星映画演劇放送株式会社として)
業種 情報・通信業
法人番号 3010001039042
事業内容 衛星放送委託事業
代表者 井田寛(代表取締役社長)
資本金 25億円
売上高 47億6700万円(2019年02月28日時点)[1]
営業利益 1億2700万円(2019年02月28日時点)[1]
経常利益 2億3300万円(2019年02月28日時点)[1]
純利益 1億5400万円(2019年02月28日時点)[1]
純資産 62億1900万円(2019年02月28日時点)[1]
総資産 74億3000万円(2019年02月28日時点)[1]
主要株主 松竹 100%
主要子会社 歌舞伎チャンネル
関係する人物 大谷信義(非常勤取締役)
久松猛朗(元社長、現東京国際映画祭フェスティバルディレクター)
外部リンク http://www.broadcasting.co.jp/
テンプレートを表示

松竹ブロードキャスティング株式会社(しょうちくブロードキャスティング、Shochiku Broadcasting Co.,Ltd)は、日本衛星基幹放送事業者松竹のグループ会社である。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1992年
  • 1997年10月1日 - 「衛星劇場」、チャンネル名を「シネマジャパネスク」に変更
    • 奥山和由が推進する同名のプロジェクトに合わせるため。松竹制作の映画作品にも出資している。
  • 1998年
    • 2月14日 - ホームドラマチャンネル放送開始(同年3月1日より有料放送開始)。
    • 10月1日 - 「シネマジャパネスク」、チャンネル名を「衛星劇場」に再変更。
      • 奥山が松竹を退社、「シネマジャパネスク」プロジェクトが終了したため。
  • 2006年12月1日 - 株式交換により松竹の完全子会社化。
  • 2008年8月15日 - 子会社・株式会社歌舞伎チャンネル設立(2009年4月1日、伝統文化放送から歌舞伎チャンネルの運営を承継)。
  • 2010年9月17日 - スカパー!e2(現・スカパー!)で「ホームドラマチャンネル」の試験放送を開始(本放送は2010年10月1日に開始)。前後して当チャンネルの基幹放送事業者であるインターローカルメディアに出資。
  • 2012年10月1日 - スカパー!の衛星基幹放送事業者をシーエス映画放送から衛星劇場に変更。
  • 2013年10月1日 - 放送事業者の衛星劇場から「松竹ブロードキャスティング」に商号変更。
  • 2019年5月20日 - 東急電鉄と合弁でBSデジタル放送の新規参入を開始。
  • 2021年末 - 「BS松竹東急(仮称)」がBSデジタル放送開始予定。

運営チャンネル[編集]

  • 衛星劇場
    • スカパー!の衛星基幹放送事業者でもある。

両チャンネルともスカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者は、スカパー・エンターテイメント[2]

過去に運営チャンネル[編集]

運営チャンネル放送開始予定[編集]

構想する運営チャンネル[編集]

  • 日本舞踊放送
  • シネマサンシャイン

映画製作[編集]

2013年より作家主義と俳優発掘を理念としたオリジナル映画製作プロジェクトを立ち上げ、映画の製作事業を開始している[3]。俳優はオーディションで集め、監督によるワークショップから映画の製作を行う。作家主義を理念としているため、各監督は脚本も担当している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]