シーエス映画放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

シーエス映画放送株式会社(しーえすえいがほうそう)は、かつての東経110度CS放送の衛星基幹放送事業者スカパー!プラットフォームとしていた。本社は東京都品川区東五反田二丁目14番1号。

概要[編集]

  • 邦画の専門チャンネルを運営する各社の共同出資により設立。配信開始当初こそ様々な映画放送チャンネルを配信していたが、各チャンネルの直営配信化に伴い次第にチャンネルNECOのみ配信となる。そのため2014年2月に直営化チャンネル運営会社が保有していたシーエス映画放送株を日活が取得し連結子会社とした。そして、2017年9月1日付で衛星基幹放送事業をシーエス日本に譲渡した[1]

放送中のチャンネル[編集]

2017年9月1日以降なし

過去に放送していたチャンネル[編集]

  • Ch.123 シネマ・ステーション(データ放送によるポータルチャンネル)
  • Ch.220 日本映画専門チャンネル - 2007年8月31日終了
現在の「BS日本映画専門チャンネル」。ハイビジョン化に伴いマルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント)に移行し「日本映画専門チャンネルHD」となった。2012年3月1日、BS移行に伴い運営会社である日本映画衛星放送(現・日本映画放送)による直営放送となり、Ch.BS255にてハイビジョン放送中。
運営会社の東映衛星放送による直営放送となり、Ch.218にて(16:9フルサイズのSD放送)放送中。
運営会社の松竹ブロードキャスティング(旧・株式会社衛星劇場)による直営放送となり、Ch.219にて(16:9フルサイズのSD放送)放送中。
  • Ch.224 洋画★シネフィル・イマジカ - 2012年2月29日終了
BS移行に伴いIMAGICAティーヴィに移管し、同時に名称を「イマジカBS」としてCh.BS252にてハイビジョン放送中。
現在の「時代劇専門チャンネルHD」。2012年7月1日、ハイビジョン化に伴い運営会社の日本映画衛星放送(現・日本映画放送)による直営放送となり、同チャンネルにてハイビジョン放送中。
  • Ch.223 チャンネルNECO(番組供給事業者:日活) - 2017年8月31日終了
CS2ネットワークND4ch 4.8スロット。2012年10月1日より、16:9の画角情報を付加し、フルサイズのSD放送を開始。現在はシーエス日本により放送中。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【重要】吸収分割完了のお知らせ”. CS日本 (2017年9月1日). 2018年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]