野尻克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のじり かつみ
野尻 克己
野尻 克己
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1974-12-30) 1974年12月30日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県飯能市
血液型 A型
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
鈴木家の嘘
テンプレートを表示

野尻 克己(のじり かつみ、1974年12月30日[1] - )は日本の映画監督、脚本家である。

埼玉県[2]出身。埼玉県立豊岡高等学校[3]東京工芸大学芸術学部映像学科卒業[2]

長く映画・テレビドラマ業界において助監督業を務めていたが、2018年に松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクトの第6弾の監督・脚本に抜擢され、映画『鈴木家の嘘』で映画監督デビューを果たした。

同作で第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞、第40回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞受賞、新藤兼人賞金賞[4][5]

第73回毎日映画コンクール脚本賞、おおさかシネマフェスティバル2019新人監督賞、第33回高崎映画祭新進監督グランプリを受賞。

第18回ニューヨーク・アジアン映画祭にてUncaged Award for Best Feature Film(最高賞)を受賞。

2019年、テレビドラマ『きのう何食べた?』を監督。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]