紫SHIKIBU (吉本興業所属)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紫SHIKIBU
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2008年12月 - 2011年3月頃
レーベル よしもとR and C
事務所 吉本興業
公式サイト http://www.randc.jp/artist/murasakishikibu/
メンバー なっくん(渡辺鐘
みっくん(宮迫博之
ほとちゃん(蛍原徹
リーゴ(ゴリ
しゃっくん(田中直樹
ヤマペー(山下しげのり

紫SHIKIBU(むらさきしきぶ)は、日本お笑い芸人からなる音楽グループ。所属事務所吉本興業世界のナベアツがプロデュースする竹馬アイドルユニット。2008年12月より活動開始、2009年2月11日にCDデビュー[1]。2011年3月頃、事実上解散。

来歴[編集]

  • 2008年4月 - 世界のナベアツが新ギャグとして「光GENJIに続く、竹馬に乗って踊る新しいアイドルを募集中」として竹馬経験者のメンバーを集め始める[2]
  • 2008年8月 - TBS系列の『あらびき団[3]で、竹馬に乗って踊るスタイルをピンネタとしてテレビ初披露。
  • 2008年9月 - フジテレビ系列の特番『フジ最強コント夢競演みんなでコント会議』にて「紫SHIKIBU」として初登場。この時のメンバーはナベアツ、ゴリ、田中の3人[4]
  • 2008年12月 - 「竹馬アイドルユニット」として紫SHIKIBU結成[5]
  • 2009年2月11日 - シングル「LOVEなんだよ」でCDデビュー[1]オリコン最高15位を記録した。
  • 2009年5月 - 新メンバーとして山下しげのりが加入し、計6人になる。
  • 2009年6月3日 - 2ndシングル「イヲピにかえて」をリリース。オリコン最高87位。
  • 2009年7月19日 - 幕張メッセで開催された吉本興業主催のお笑いフェス「LIVE STAND」に出演。
  • 2010年 - ゴリが日本語吹き替え版の声優を務めた映画『スパイアニマル・Gフォース』の応援歌「飛び出せ!Gフォース!」を担当[6]
  • 2011年3月 - リーダーの渡辺が落語家に転身・ジャリズムを解散した影響で、当ユニットも事実上の解散となった。

概要[編集]

メンバー全員が結成当時吉本興業所属のお笑い芸人であり、山下以外は既婚者である。当時子持ちか子持ちでないかで「紫」と「SHIKIBU」の2組に分かれている。

コンビで両方メンバーに入っているのは、結成当初は雨上がり決死隊のみだった。ナベアツの相方である山下しげのりは竹馬に乗れないということでメンバーになれなかった[1]が、必死の練習により竹馬に乗れるようになり、2009年5月にメンバーに加入することとなった。

ナベアツはリーダー兼プロデューサーであり、各楽曲の作詞・作曲も手掛けている(「イヲピにかえて」は作詞のみ)。

ニックネームは身体的特徴を採用する予定だったが、田中以外のニックネームは名前から取られ、身体的特徴がニックネームになったのは田中だけだった。

メンバー全員でテレビ出演することがなかなかない(出演の項を参照)。

デビュー曲「LOVEなんだよ」のレコーディングには元黒夢人時がベースで参加していた。

メンバー[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
紫(子持ち)
SHIKIBU(子なし)
  • ■なっくん - 渡辺鐘 - リーダー。通称「青い月光」 
  • ■ほとちゃん - 蛍原徹(雨上がり決死隊)通称「桃色のフルーツ」[8]
  • ■ヤマペー - 山下しげのり

ディスコグラフィー[編集]

シングル
  リリース タイトル 収録内容 販売生産番号
1st 2009年2月11日 LOVEなんだよ
  • CD
  1. LOVEなんだよ
  2. LOVEなんだよ(オリジナルカラオケ)
  3. 竹馬体操(LOVEなんだよ?)
  • DVD(初回限定盤のみ)
  1. LOVEなんだよ MUSIC VIDEO
  2. 竹馬体操(LOVEなんだよ)
YRCN-90052(限定盤)
YRCN-90053(通常盤)
2nd 2009年6月3日 イヲピにかえて
  • CD
  1. イヲピにかえて
  2. イヲピにかえない
  3. 闇と光と訓と音
  4. 竹馬体操2 ~闇と光と?~
  5. イヲピにかえて(オリジナルカラオケ)
YRCN-90069
配信限定
  1. 飛び出せ!Gフォース!
    映画「スパイアニマル・Gフォース」応援歌

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “紫SHIKIBU 2・11CDデビュー”. デイリースポーツオンライン. (2008年12月11日). http://www.daily.co.jp/gossip/2008/12/11/0001608034.shtml 2009年2月9日閲覧。 
  2. ^ ニュース-ORICON STYLE- (2008年4月3日). “世界のナベアツ、新ギャグ考案で“竹馬経験者”を緊急募集”. オリコン. http://contents.oricon.co.jp/news/movie/53388/full/ 2009年2月9日閲覧。 
  3. ^ 実質、当ユニットが誕生したきっかけとなった番組。
  4. ^ “ナベアツらによる竹馬アイドル「紫SHIKIBU」、デビューに向け活動開始。”. Narinari.com. (2009年2月7日). http://www.narinari.com/Nd/20090211068.html 2009年2月12日閲覧。 
  5. ^ ニュース-ORICON STYLE- (2008年12月11日). “世界のナベアツが“竹馬アイドルユニット”結成、その名も「紫SHIKIBU」”. オリコン. http://contents.oricon.co.jp/news/entertainment/61006/full/ 2009年2月9日閲覧。 
  6. ^ 紫SHIKIBUが竹馬で応援歌熱唱!『スパイアニマル・Gフォース』と夢の(?)タッグ
  7. ^ 結成当時吉本に所属していたが、2019年に不祥事により吉本から契約解消された。
  8. ^ 子なしは結成当時。活動休止後の2012年になって娘が誕生した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]