ホークアイ (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hawkeye
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場 テールズ・オブ・サスペンス英語版』第57号(1964年9月)
クリエイター スタン・リー
ドン・ヘック英語版
作中の情報
本名 Clinton Francis "Clint" Barton
所属チーム アベンジャーズ
アベンジャーズ・アカデミー英語版
ディフェンダーズ英語版
グレート・レイクス・アベンジャーズ英語版
ニューアベンジャーズ
シークレットアベンジャーズ[1]
サンダーボルツ英語版
ウェストコースト・アベンジャーズ英語版
ワイルド・パック英語版
ワールド・カウンターテロリスト・エージェンシー英語版
パートナー ブラック・ウィドウ
モッキンバード英語版
ケイト・ビッショップ英語版
著名な別名 キャプテン・アメリカ、ゴールデン・アーチャー英語版、ゴライアス、ローニン英語版
能力 弓術の達人
様々なトリックアロー
優れたアスリート能力
常人離れした腕力
高い視力
武術家・戦略家・剣術家・射手
経験豊富なパイロット
ゴライアスの能力:
自身の身長と質量の変更
怪力と超人的耐久力
Hawkeye
出版情報
形態 オンゴーイング・シリーズ
ジャンル スーパーヒーロー
掲載期間 第1期:
1983年9月 - 1983年12月
第2期:
1994年1月 - 1994年4月
第3期:
2003年12月 - 2004年8月
第4期:
2012年8月 - 継続中
話数 4 (第1期)
4 (第2期)
8 (第3期)
19 (2014年7月時点) (第4期)
製作者
ライター 第1期:
グルーン・ウォルド英語版
第2期:
チャック・ディクソン英語版
第3期:
ファビアン・ニシーザ英語版
第4期:
マット・フランクション英語版
アーティスト 第1期:
グルーン・ウォルド英語版
第2期:
スコット・コリンズ英語版
第3期:
ステファノ・ラファエル英語版
ジョー・ベネット英語版
第4期:
デヴィッド・アジャ英語版

ホークアイHawkeye)は、マーベル・コミックが発行するコミックに登場する架空のキャラクターである。本名はクリント・バートンClint Barton)で、他にゴライアスGoliath)、ローニンRonin)の名でも知られる。初登場は『テールズ・オブ・サスペンス英語版』第57号(1964年9月)で、スタン・リードン・ヘック英語版により創造された。ホークアイは『アベンジャーズ』第1期第16号(1965年5月)でアベンジャーズに加入し、以後、著名なチームメンバーとなっている。またIGNによるコミック・ヒーローのトップ100では44位となった[2]

マーベル・スタジオズが製作した映画作品によって構成されるシェアードユニバースであるマーベル・シネマティック・ユニバースではジェレミー・レナーがホークアイを演じた。レナーは『マイティ・ソー』(2011年)でカメオ出演した後、『アベンジャーズ』(2012年)で主要キャストとなり、さらに2015年公開予定の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で3度目の出演を果たす。2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出演。



移動先: 案内、 検索

出版上の歴史[編集]

ホークアイは『テールズ・オブ・サスペンス英語版』第57号(1964年9月)でヴィランとして登場した。そして『テールズ・オブ・サスペンス』第60号、第64号(1964年12月、1965年4月)でもヴィランとして登場した後、『アベンジャーズ』第1期第16号(1965年5月)でアベンジャーズの一員となった。ホークアイはその後『アベンジャーズ』5期すべて(第1期(1963年 - 1996年)、第2期(1997年)、第3期(1999年 - 2004年)、第4期(2010年 - 2013年)、第5期(2013年 - 継続中)、そのほかスペシャル号も含む)や『アルティメッツ』に長きにわたって登場した。他に、『シークレット・ウォーズ』第1-12号(1984年 - 1985年)にもアベンジャーズの一員として登場した。

ホークアイはリミテッド・シリーズである『ウェストコート・アベンジャーズ英語版』第1-4号(1984年9月 - 1984年12月)、そして後にオンゴーイング・タイトルとなった同誌全102号(1985年10月 - 1994年1月)でフィーチャーされた。『ウェストコート・アベンジャーズ』は第46号(1989年8月)より「アベンジャーズ・ウェストコート」に改題された。また、『ソロ・アベンジャーズ英語版』全40号(1987年12月 - 1991年1月)の多くの号で主役を務めた。同誌は第21号(1989年8月)より「アベンジャーズ・スポットライト」に改題された。

1998年から2002年までホークアイはカート・ビュシーク英語版ファビアン・ニシーザ英語版の『サンダーボルツ英語版』第20-75号及び2000年のアニュアル誌に登場した。『アベンジャーズ・アカデミー英語版』誌では第21号(2012年1月)から最終第39号(2013年1月)まで助役として登場し、また『シークレットアベンジャーズ』誌では第22号(2012年2月)最終第37号まで(2013年2月)までチームリーダーとして登場した。ホークアイは2013年に始まったニック・スペンサー英語版ルーク・ロス英語版による『シークレットアベンジャーズ』第2期にもレギュラー登場した[3]

ホークアイはクロスオーバーイベント『ハウス・オブ・M』(2005年)で特集された。彼はその後、『ニューアベンジャーズ』第26-64号(2007年 - 2010年)、アニュアル第2号(2008年)とアニュアル第3号(2010年)ではローニンとして登場した。クロスオーバーイベント「ダーク・レイン」の際には『New Avengers: The Reunion』第1-4号(2009年)と『Dark Reign: The List - New Avengers』第1号(2009年)でホークアイの姿が見られた。さらにその後の『Siege』第1-4号(2010年)にも登場した。

さらにホークアイの単独での冒険も描かれている。『ホークアイ』第1期第1-4号(1983年)はグルーン・ウォルド英語版モッキンバード英語版とヴィランのクロスファイア英語版との初対面が描いた)が執筆した。続いて『ホークアイ』第2期第1-4号(1994号)、『Hawkeye: Earth's Mightiest Marksman』第1号(1998年)が出版された。2003年にはオンゴーイングシリーズ『ホークアイ』第3期1-8号が刊行されたが、これもすぐに打ち切りとなった。2010年にジム・マッキャン英語版脚本、デヴィッド・ロペス英語版作画のオンゴーイングシリーズ『ホークアイ&モッキンバード英語版』が創刊されたが6号で終了した。しかしながら同シリーズのストーリーの続きはリミテッドシリーズ『ウィドウメーカー英語版』全4号(2010年 - 2011年)と『ホークアイ: ブラインドスポット英語版』全4号(2011年)に引き継がれた。2012年8月からはマット・フランクション英語版脚本、デヴィッド・アジャ英語版作画による4期目のオンゴーイングシリーズが開始された。このシリーズでのホークアイは弟子のケイト・ビショップ英語版をパートナーとして活動している[4]

この他にもホークアイは『デアデビル』第1期第99号(1973年)、『インクレディブル・ハルク』第1期第166号(1973年)、『マーベル・チームアップ』第22号(1974年)、『ゴーストライダー』第27号(1977年)、『マーベル・チームアップ』第92号(1980年)、『Marvel Fanfare』第3号(1982年)、『キャプテン・アメリカ』第317号(1986年)、『Contest of Champions II』第3-5号(1999年)、『Fallen Son: The Death of Captain America』第3号(2008年)、『ウォーマシン』第2期第8-10号(2009年)、『Young Avengers Presents』第6号(2008年)、『キャプテン・アメリカ: リボーン英語版』第3-6号(2009年 - 2010年)など多数のタイトルにゲスト登場している。

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

クリント・バートンClint Barton)はアイオワ州ウェーバリーで生まれる。幼少の頃に自動車事故で両親を亡くし孤児院へ入所。6年後、クリントとその兄のバーニー英語版は孤児院から逃げ出し、カーソン・カーニバルというサーカス団[5]に入団する。クリントはそこですぐにソーズマン英語版の目にとまり、アシスタントとなった。ソーズマンはトリックショット英語版と共にクリントを弓術の達人にするために鍛え上げた[6]。後にクリントはソーズマンがカーニバルから金を横領しているのを発見する。クリントに通報される前にソーズマンは彼を殴り、街から逃亡した[7]。また弟バーニーやトリックショットとクリントの関係も悪化した[8]

クリントは弓術の腕を磨き続けてカーニバルのスターとなり、「ホークアイ」と呼ばれ、「世界で最高の射手」として知られるようになった。彼はコニーアイランドのサーカスに入る前はティボルド英語版のサーカスのメンバーであった[9]。彼はアイアンマンの活動を目撃したことにより衣裳を着たヒーローを志した。しかしながら彼は最初の活動の際に誤解を受けて泥棒だと思われてしまった。逃走の際にホークアイはソ連のスパイのブラック・ウィドウと出会って恋に落ちた。盲目的なホークアイはトニー・スタークのテクノロジーを盗もうとするブラック・ウィドウに協力した。アイアンマンとの戦いの際にブラック・ウィドウは重傷を負い、ホークアイは彼女を連れて逃亡するが、病院に届く前に彼女は行方不明となった。ホークアイはその後、「ストレート・シューター」となることを決意した[10]

アベンジャーズ[編集]

その後ホークアイはエドウィン・ジャービス英語版とその母親を強盗から救出する。ジャービスは感謝の気持ちからホークアイをアベンジャーズ・マンション英語版に招待し、アベンジャーズへの信頼を得られるように努めた[11]。その後ホークアイは旧敵のアイアンマンにより真剣にヒーローになりたがっていることを認められ、キャプテン・アメリカクイックシルバースカーレット・ウィッチと共にアベンジャーズ入りを表明した[12]。チーム加入直後からホークアイは他のアベンジャーズと対立していた。彼はスカーレット・ウィッチに恋愛感情を抱き、その弟であるクイックシルバーからは敵意を持たれていた。キャプテン・アメリカに対してはそのリーダーシップに反抗していたが、時間が経つにつれて彼を師として尊敬し、友人となった[13]ソーズマン英語版がアベンジャーズに参加しようとした際、ホークアイは彼のヴィラン時代のことをメンバーに警告した[14]

ホークアイはアベンジャーズと共に数々の冒険を繰り広げ、自身がヒーローであることを証明した。彼は戦いの最中に故障すると、ヘンリー・ピムから新しいゴライアス英語版の衣裳とアイデンティティを受け継いだ[15]。ホークアイ(ゴライアス)のもとに犯罪組織の幹部となった弟のバーニーが現れた。バーニーはレーザー兵器を作ってアメリカから金を脅し取るというエッグヘッド英語版の計画を知り、アベンジャーズに助けを求めたのであった。アベンジャーズはエッグヘッドとその仲間のマッド・ティンカーとパペット・マスターと対決した。バーニーはその後の戦闘で死亡した[16](後にバーニーは実はFBIのおとり捜査官であったことが発覚する[17])。この直後、エッグヘッドはゴライアスを捕らえるためにソーズマンを雇った。クリントはこれを破って逮捕した。クリー・スクラル・ウォー英語版の後、クリントは新しい衣裳を身につけてホークアイのアイデンティティに復帰した。いくつかの冒険の後、ホークアイはビジョン英語版スカーレット・ウィッチとの関係からアベンジャーズを脱退した。ホークアイは再びオリジナルの衣裳を身につけ、個人での活動を開始した[18]

ホークアイはブラック・ウィドウと寄りを戻そうと考え、当時彼女の恋人であったデアデビルと一時対決した[19]。その後は怪物ザザックス英語版と戦うハルクを助けた[20]。彼はドクター・ストレンジマンション英語版に戻るハルクに付いて行き、一時的にディフェンダーズ英語版に参加する[21]。またビジョンとスカーレット・ウィッチの結婚式に参加するために一時的にアベンジャーズに復帰した[22]。またホークアイはトゥ・ガン・キッド英語版ゴーストライダーと共に怪物マンティコアを倒した[23]

ホークアイはアベンジャーズのメンバーが謎の失踪を遂げるとチームに復帰した[24]。残されていたアベンジャーズは事件がエルダーズ・オブ・ジ・ユニバース英語版コレクター英語版の仕業であることを突き止める。チームメイトが敗北した後、ホークアイは単独でコレクターを破り[25]コルバック英語版との最終決戦のためにチームに合流した[26]。その後ホークアイはアベンジャーズと政府の新たなヘンリー・ピーター・ガイリック英語版の政治的戦略のためにチームを抜け、代わりにファルコンが招かれた。民間の仕事を探すホークアイはクロス・テクノロジカル・エンタープライズ英語版に警備長として雇われた。彼は会社と敵対するシャイア英語版のヴィランのデスバード英語版[27]ミスター・フィアー英語版[28]を倒し、従業員のアンブローズ・コナーズの陰謀を妨害した[29]。ホークアイはその後ムーンドラゴン英語版の「誘導」によりアベンジャーズ・マンションに戻り[30]、短期間だけ再加入した[31]。さらにホークアイはタスクマスター英語版を倒そうとするマルセラ・カーソンを助けるためにカーソン・カーニバルに戻った。彼はアントマンの協力により敵を倒した[32]。その後ホークアイはヘンリー・ピムを救出しようとした際にエッグヘッド英語版を誤って殺害した[33]

モッキンバードとの結婚[編集]

クロス・テクノロジカル・エンタープライズの警備長の仕事に復帰したホークアイは元S.H.I.E.L.D.エージェントでモッキンバード英語版の名でも知られるバーバラ・"ボビィ"・モースと出会った。2人は企業の元所有者のいとこであるクロスファイア英語版が攻撃性を誘発する音響兵器を使ってスーパーヒーローコミュニティを破壊する陰謀を企てていることを突き止める。ホークアイはクロスファイアとの戦いの際に彼の武器に対処するためにソニックアローを使ったことで難聴者となってしまうが、モッキンバードと協力して倒し、その直後に2人は結婚した[34]。当時アベンジャーズに席を置いていたビジョンの方針により、ホークアイ(補聴器を使用)とモッキンバードはロサンゼルスへ移り、アベンジャーズの西海岸支部であるウエスト・コースト・アベンジャーズ英語版を設立した[35]。ホークアイとモッキンバードは作戦基地を探している間に刑務所から脱獄したクロスファイアと戦う。彼らは元女優のモイラ・ブランドン英語版の助けにより彼を倒し、彼女の大邸宅は新しいアベンジャーズ・コンパウンドとなった[36]。ウェストコースト・アベンジャーズが過去へ冒険した際、モッキンバードはオールドウエストン・ヒーローのリンカーン・スレイドことファントムライダー英語版に捕らわれる。ファントムライダーはモッキンバードを洗脳し、性的関係を強要する。モッキンバードは洗脳から回復し、戦いの最中に崖から落ちるファントムライダーを見殺しにしてしまう[37]。後にこの事実を知ったホークアイは驚愕する。モッキンバードはウエストコースト・アベンジャーズを去り、ホークアイとの関係は希薄なものとなってしまう[38]

ホークアイは前師トリックショット英語版から生死をかけた決闘を申し込まれる。ホークアイはしぶしぶながら挑戦を受けて勝利する。トリックショットは癌で死にかけており、決闘による名誉の死を望んでいることを明かす。ホークアイはその望みを叶える代わりに病気の治療費を提供することを約束する[39]。その後クロスファイアがホークアイの右腕に懸賞金を賭けると、ガンが沈静化したトリックショットは元弟子を助けるために現れた。2人の弓術者はモッキンバードと協力し、懸賞金目当てに現れたスーパーヴィランの軍団を倒した[40]。クロスファイアとの戦いの後、ホークアイはファントムライダーとの一件の際に非難したことは誤りであったことをモッキンバードに話し、2人は和解する[41]。ホークアイは犯罪者と戦って撃たれた後に装甲版のコスチュームを身につけ、ロサンゼルスのギャングと戦った[42]

その後ウエストコースト・アベンジャーズは悪魔メフィスト英語版サタニッシュ英語版の間で起こった超常的戦いの最中に捕らえられる。チームは2体の悪魔を倒し、元の世界に送り返そうとした。しかしながらメフィストはブラストで報復攻撃を行い、モッキンバードはホークアイを守るために犠牲となり、彼の腕の中で死亡する[43]。モッキンバードの死を悲しんだホークアイはウエストコースト・アベンジャーズを去り、その直後にチームは解散した[44]。ホークアイは世界から自分自身を隔離するためにカナディアン・ロッキーに独り赴いた。そこで彼はすぐにシークレット・エンパイア英語版と戦いを余儀なくされる。彼はシークレット・エンパイアのリーダーのバイパー英語版と彼女に雇われたスーパーヴィランのジャベリン英語版と彼の旧師であるトリックショットを倒した[45]

ホークアイはアベンジャーズに復帰し[46]、その直後に彼を含むアベンジャーズはオンスロート英語版との戦いで命を落とした[47]。しかしながらフランクリン・リチャーズ英語版により彼ら全員はポケット・ユニバース英語版に転送され、それぞれ元とは違う人生を送っていた[48]。ヒーローたちは真実を知ると元の世界へと帰還した。フランクリンは新しい世界でヒーローたちを再創造する際に彼の記憶をベースにしたため、ホークアイの聴力は元通りに回復していた[49]

サンダーボルツ[編集]

ホークアイはアベンジャーズへの所属を続け、タスクマスター英語版アルビノ英語版を倒そうとするアベンジャーズ研修生のジャスティス英語版ファイアスター英語版を助けた[50]。その後ホークアイはバロン・ヘルムート・ジーモ英語版が追放された後のサンダーボルツ英語版の第一世代の指揮を執るためにアベンジャーズを辞めた[51]。ホークアイは元チームメイトのキャプテン・アメリカの方法論でチームを訓練した。サンダーボルツはマスターズ・オブ・イビル英語版[52]グラビトン英語版[53]スカージ・オブ・ザ・アンダーワールド英語版[54]等と戦った。またホークアイはメンバーのムーンストーン英語版と恋愛関係となった[55]。その後ホークアイとサンダーボルツはモッキンバードの魂を救うために地獄へと旅立つ。彼らは悪魔メフィスト英語版を倒すが、モッキンバードを見つけることはできなかった[56]。ホークアイはサンダーボルツに完全な恩赦が与えられるようにするため自ら逮捕される。サンダーボルツの過去の犯罪歴は衣裳を着てヒーロー活動することを辞めるという条件で抹消されることとなるとチームは渋々ながら同意した[57]。その後ホークアイが釈放された時、チームはグラビトンを倒すために戻ってくる。彼らがヒーロー活動をする準備が出来ていると確信したホークアイはシチズンV英語版(実はバロン・ヘルムート・ジーモにコントロールされていた)に指揮権を託してチームを去った[58]

死亡とハウス・オブ・M[編集]

ホークアイは再度アベンジャーズに入り、メンバーのワスプと短期間だけ恋愛関係にあった[59]。また彼はラオスの古代のアーティファクトを強奪する陰謀を発見したり[60]、旧ソ連大佐の殺害事件を調査するなどの単独活動を行った[61]。発狂したスカーレット・ウィッチが能力を暴走させ、ニューヨーク上空にクリー英語版の軍艦隊が出現するとホークアイはチームメイトを守るために軍艦のエンジンに飛び込んで命を落とした[62]

スカーレット・ウィッチが世界を改変すると、ホークアイは以前の記憶をなくして復活する[63]レイラ・ミラー英語版という若いミュータントの能力によってホークアイを含むヒーローたちの記憶が蘇ると、彼はスカーレット・ウィッチの行動を恐れた。ホークアイはワンダを背後から射つが、彼女が再創造した子供の1人によって再度殺される。最終的にスカーレット・ウィッチが世界を元に戻すと、ホークアイは死亡したままであると思われていたが、結成したばかりのニューアベンジャーズが旧アベンジャーズ・マンションでホークアイの死亡記事とコスチュームが彼の弓矢で射抜かれているのを見つける[64]

復活とニューアベンジャーズ[編集]

ニューアベンジャーズに知られないままホークアイは現実世界に復活を果たしていた。彼はドクター・ストレンジを探し、そして彼は新しい生活の折り合いを付けるまで避難所を提供した。ドクター・ストレンジの助言に従い、ホークアイはワンダゴア山英語版を訪れると記憶とミュータント能力を失って普通の生活を送っていたワンダと再会した。2人は親密な関係となり、その後ホークアイは普通に暮らすワンダを残してワンダゴア山を去った[65]。アメリカに帰国した彼はキャプテン・アメリカ暗殺事件を知る。ホークアイがトニー・スタークに詰め寄ると彼はキャプテン・アメリカの盾と衣裳を与え、その跡を継ぐように言う。ホークアイはその後、自分の名を継いでいたケイト・ビショップ英語版の言葉に触発され、スタークの申し出を拒否した[66]

ホークアイはドクター・ストレンジのもとへ戻り、ニューアベンジャーズと会う。チームがホークアイを誘うと彼はこれを受け、彼らはエコー英語版を救出するため日本へと発つ。この際にバートンはホークアイのアイデンティティを使わず、ローニン英語版の衣裳を着た[67]。初代ローニンであったエコーは自身のアイデンティティを受け継いだバートンを祝福した[68]。その後クリントはケイト・ビショップと再会し、ニューアベンジャーズの隠れ家へと招く。ケイトの弓術能力を確認し、アベンジャーズの精神が受け継がれてることに感銘を受けたクリントはホークアイのコードネームを使い続ける彼女を祝福した[69]

クリント(ローニン)はニューアベンジャーズと共にスクラルの宇宙船が墜落したサベッジランド英語版へと出発した。墜落した船の中から誘拐されたと主張するヒーローたちが現れ、その中にはモッキンバードも含まれた。クリントは彼女が本物であると思い込んだが、ミスター・ファンタスティックの発明品によって船から出てきたヒーローたちは全員スクラルであることが判明した。後に地球がスクラルとの戦争に勝利した後、クリントは長年スクラルに誘拐されていた本物のモッキンバードと再会した[70]

ダークレインとシージ[編集]

クリントは地球に戻ってから生活に適応しようとするモッキンバードを助けた。彼は彼女と共に邪悪な科学者によって作られた「汚い爆弾」を無効化するためにモニカ・ラパチーニ英語版A.I.M.英語版の軍団と戦うためにスペインのザラゴザへ赴いた。クリントとモッキンバードは長年離れていたにもかかわらず的確な連携で戦い、A.I.M.を倒して陰謀を砕いた[71]

スクラル戦争の終結後、S.H.I.E.L.D.は崩壊し、ノーマン・オズボーンが国家安全保障の権力を握った[72]。オズボーンは以前のチームと同じ衣裳を着たヴィランたちのアベンジャーズを結成し、ブルズアイ英語版がホークアイの役を担った[73]。他のニューアベンジャーズと共にテレビでオズボーンのアベンジャーズのニュースを見たクリントは唖然とした[74]。クリントは仮面を脱いでテレビに出演し、公でノーマン・オズボーンとその体制を非難した[75]。彼はその後ニューアベンジャーズの新しいリーダーに選出され、オズボーンとフッドを権力の座から引き下ろすことを最優先事項に掲げる[76]。クリントはオズボーンに勝つ唯一の方法は彼を殺害することであると主張するが、他のメンバーの賛同は得られなかった。彼は単身でアベンジャーズ・タワーに乗り込むがオズボーン殺害に失敗し、背後からアレス英語版の攻撃を受けて逮捕される[77]。クリントは投獄され、メンタロ英語版によって拷問を受ける。彼は後にチームメイトによって助けられ、以前の行動について謝罪した[78]

クリントはシャロン・カーターと違う時間にいたスティーヴ・ロジャースを救出するためにレッドスカルと戦うキャプテン・アメリカファルコンブラック・ウィドウを支援した[79]。キャプテン・アメリカはクリントを含むニューアベンジャーズを率いてノーマン・オズボーン軍によるアスガルド侵攻を阻止した[80]

ヒロイック・エイジ[編集]

「シージ」のイベントの後、スティーヴ・ロジャースは新しいアベンジャーズチームを立ち上げた。クリントもこのチームに参加し、再びホークアイのアイデンティティを使った[81]ケイト・ビショップ英語版も引き続いてホークアイを名乗っている[82])。彼とモッキンバードはニューアベンジャーズのメンバーも兼任したが[83]、後にホークアイはアベンジャーズからの緊急コールが入った際、妻と過ごす時間が欲しくて来ていたのだと述べてニューアベンジャーズを離れた[84]

ホークアイはモッキンバードと彼女の対テロ組織のワールド・カウンターテロリズム・エージェンシー英語版(W.C.A.)を支援した。彼らはクロスファイア英語版による違法活動を操作し、またリンカーン・スレイドの子孫で後に新たなファントムライダー英語版となるジェイミー・スレイドと遭遇した[85]。クロスファイアと新ファントムライダーはヒーローと戦うために手を組んだ。彼らとの戦いの結果、クロスファイアによってモッキンバードの母親は重傷を負い[86]、ハミルトン・スレイドは死亡した[87]。ホークアイはモッキンバードとの関係が拗れるとW.C.A.を抜けるが、スティーヴ・ロジャースから国際スパイの抹殺リストにモッキンバードの名前が含まれていることを知らされるとすぐに再合流した[88]

ホークアイとモッキンバードはブラック・ウィドウと組み、正体不明の新しいローニン英語版とダーク・オーシャン・ソサエティと戦った[89]。後に新しいローニンの正体は元レッドガーディアン英語版でブラック・ウィドウの元夫のアレクセイ・ショスタコヴァであることが判明する[90]。新ローニンとの最後の戦いの際にホークアイは頭部に強い打撃を受ける[91]。ホークアイの頭部へのダメージは当初の想定よりも深刻であり、アベンジャーズがリーサル・リージョン英語版と戦っている間に射撃の命中精度が低下していることが判る。戦いの後、トニー・スタークドナルド・ブレイクスティーヴ・ロジャースは何がそれを引き起こしているかを判明させるためにホークアイを検査する。診断の結果、ホークアイの視力は着実に低下しており、失明に至ることが判る。スタークは失明を遅らせるテクノロジーを提供する。その後瀕死状態のトリックショットがアベンジャーズ・タワー英語版に現れ、ホークアイの前で死亡する[8]。彼を追い詰めた犯人を探すホークアイは新たにトリックショットを名乗る弟のバーニーによって攻撃を受ける[92]。バーニーはなんとかホークアイを倒し、バロン・ジーモのもとへ連行した[93]。ジーモは兄弟を死ぬまで戦わせようとした。ホークアイは失明寸前になりながらもトリックショットを圧倒し、ジーモは逃走した。その後捕らえられたトリックショットはホークアイの視力を回復させるために骨髄移植することに同意した[94]

シャッタード・ヒーローズ[編集]

フェアー・イットセルフ英語版」の後、かつてウエスト・コースト・アベンジャーズの本拠地があったパロスベルデス英語版に設置されたアベンジャーズ・アカデミー英語版よりオファーを受けたバートンはそこで教官となった[95]。ホークアイはまた新しいコスチュームを身に纏った[96]。2012年よりホークアイはシークレットアベンジャーズのリーダーとなった[97]

パワーと能力[編集]

ピム粒子を使ってゴライアスになっていた期間以外のホークアイは超人的な能力は持っていないが、少年時代のサーカス団での経験やトリックショットとソーズマンからの訓練により人間の限界レベルの剣術、弓術、アクロバティックさを身につけている。使用する弓の弦を引くには250 重量ポンド (1,100 N)以上の力を必要とする[98]

またキャプテン・アメリカにより戦術、格闘技、白兵戦の訓練を受けている。射撃武器のうち特に弓矢を好んで使う彼は改造した「トリックアロー」を愛用している。ローニンとしての活動の際は日本刀やその他の近接武器を使っている。

ホークアイは移動手段として「スカイサイクル」を使用することで知られている。スカイサイクルは商用のスノーモービルにならって作られており、反重力技術の他に、音声運転とオートパイロット機能を備えている。最初のスカイサイクルはホークアイがクロス・テクノロジカル・エンタープライズに雇われていた際にジョージ・レイサムによって作られた[5]。レイサムは後にウエストコースト・アベンジャーズに雇われてスカイサイクルを量産した[99]

他のバージョン[編集]

ハウス・オブ・M[編集]

スカーレット・ウィッチが創造した「ハウス・オブ・M」の世界でのホークアイはルーク・ケイジが率いるチームの一員であった。

マーベルゾンビーズ[編集]

『マーベルゾンビーズ』の世界でのホークアイはセントリー英語版によって感染させられてゾンビ化した最初のスーパーヒーローのうちの1人であった[100]。他のゾンビと共にマグニートーを襲っている際にホークアイはキャプテン・アメリカの盾によって首を切断されるが生存し、その後40年にわたってそのまま放置されていた。その結果彼は食欲から解放され、普通の人間に発見されて食人したいかを尋ねられた際には「違う、ただ話し相手が欲しい」と答えた。彼はワスプが使っているものと同じロボットの体を提供されてゾンビ軍と戦うが、ハルクによって殺される[101]

MC2[編集]

MC2のリミテッドシリーズ『American Dream』では盲人となったクリント・バートンは引退し、ヒーローたちを訓練している[102]

オールドマン・ローガン[編集]

オールドマン・ローガン英語版』では高齢となった盲人のホークアイが登場する[103]。この世界のホークアイはピーター・パーカーのアフリカ系アメリカ人の娘と結婚した後に離婚する。彼らの娘のアシュリーは新しいスパイダーガールとなった後に新しいキングピン英語版となる[104]

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメット・マーベルのホークアイは『アルティメッツ英語版』で初登場した。このホークアイはオリンピック出場経験のあるアーチャーであり、ニック・フューリーに雇われてブラック・ウィドウと共にS.H.I.E.L.D.秘密工作部のリーダーを務め、アルティメッツのメンバーとなった。また恋人のローラとのあいだに3人の子供をもうけていたが[105]、『アルティメッツ2』でブラック・ウィドウが裏切ると殺害されてしまう[106]。リベレイターズの戦いが終了するとホークアイは負傷したブラック・ウィドウが居る病院を突き止め、頭を射抜いた[107]

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

舞台[編集]

  • ステージショー『Marvel Universe: LIVE!』ではアベンジャーズのメンバーとしてホークアイが登場する[126]

評価[編集]

ホークアイは『ウィザード英語版』誌による歴代最高のコミックキャラクターでは45位となった[127]。またIGNの同趣旨のランキングでは44位となった[128]

2012年より刊行が始まった第4期となる『ホークアイ』のオンゴーイングシリーズではアベンジャーズの「普通の人」であるホークアイがチームに参加していない時の動向に焦点が当てられ、好評を得た。『The A.V. Club英語版』は「How did Hawkeye become Marvel’s best comic?」という題の記事で「長年スパイダーマンはマーベルのスーパーヒーローの普通の人と考えられていたが、このシリーズによってホークアイはその座を奪った」と評した[129]。2013年に『ホークアイ』誌はアイズナー賞で5部門にノミネートされ[130]、カバーアーティスト賞とペンシラーインカー賞を獲得した[131]。またハーベイ賞では7部門にノミネートされて1部門で受賞を果たした[132]。翌2014年に『ホークアイ』はアイズナー賞で5部門にノミネート[133]て2部門で受賞を果たし[134]、またハーベイ賞では5部門にノミネートされて1部門で受賞を果たした[135][136]

コレクテッドエディション[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
Hawkeye Hawkeye Vol.1 #1–4 1988年6月 978-0871353641
Avengers: Hawkeye Hawkeye Vol.1 #1–4, Tales of Suspense #57, Marvel Super Action #1, Avengers #189, Marvel Team-Up #95 2010年3月 978-0785137238
New Avengers: The Reunion New Avengers: The Reunion #1–4, Dark Reign: New Nation #1 2010年3月 978-0785138556
Hawkeye & Mockingbird: Ghosts Hawkeye & Mockingbird #1–6, Enter the Heroic Age #1 2011年11月 978-0785144182
Widowmaker Widowmaker #1–4 2011年4月 978-0785152057
Hawkeye: Blindspot Hawkeye: Blindspot #1–4 2011年7月 978-0785156000
Avengers: Hawkeye: Earth's Mightiest Marksman Hawkeye Vol. 2 #1-4, Hawkeye: Earth's Mightest Markestman #1; Material from Marvel Comics Presents #159-161 2012年2月 978-0785159391
Avengers: Hawkeye Solo Avengers Solo #1-5 2012年4月 978-0785160717
Hawkeye, Vol. 1: My Life as a Weapon Hawkeye Vol. 4 #1-5, Young Avengers Presents #6 2013年3月 978-0785165620
Hawkeye, Vol. 2: Little Hits Hawkeye Vol. 4 #6-11 2013年6月 978-0785165637
Hawkeye, Vol. 3: L.A. Woman Hawkeye Vol. 4 #14, 16, 18, 20, Annual #1 2014年10月21日[137] 978-0785183907
Hawkeye, Vol. 1 Hardcover Hawkeye Vol. 4 #1-11, Young Avengers Presents #6 2013年11月 978-0785184874

日本語版[編集]

タイトル 収録内容 出版日 ISBN
ホークアイ: マイ・ライフ・アズ・ア・ウェポン Hawkeye Vol. 4 #1-5, Young Avengers Presents #6 2014年8月 978-4796875233

参考文献[編集]

  1. ^ Secret Avengers #21.1
  2. ^ Top 100 Comic Book Heroes - IGN”. 2012年9月27日閲覧。
  3. ^ Richards, Dave (2012年10月14日). “NYCC: Spencer's "Secret Avengers" are the Newest Agents of S.H.I.E.L.D.”. Comic Book Resources. 2012年10月15日閲覧。
  4. ^ Stevens, Tim (2012年4月13日). “C2E2 2012: Hawkeye”. Marvel.com. 2013年1月30日閲覧。
  5. ^ a b Hawkeye Vol.1 #1
  6. ^ Solo Avengers #2
  7. ^ Avengers Vol. 1 #19
  8. ^ a b Hawkeye: Blindspot #1
  9. ^ Hawkeye Vol.3 #7-8
  10. ^ Tales of Suspense #57 (1964), #60 + 64 (Dec. 1964 and Apr. 1965)
  11. ^ Hawkeye: Blindspot #2 (2011)
  12. ^ Avengers #16 (May 1965)
  13. ^ Avengers #55
  14. ^ Avengers Vol. 1 #19 (Aug. 1965)
  15. ^ Avengers #63 (Apr. 1969)
  16. ^ Avengers #64–65 (May–April 1969)
  17. ^ Hawkeye Vol.3 #6
  18. ^ Avengers #109 (Mar. 1973)
  19. ^ Daredevil #99 (May 1973)
  20. ^ Hulk #166 (Aug. 1973)
  21. ^ Steve Englehart英語版 (w), Sal Buscema英語版 (p), Defenders #7–10 (Aug.–Nov. 1973), New York, NY: Marvel Comics
  22. ^ Giant-Size Avengers #4 (Jun. 1975)
  23. ^ Jim Shooter英語版 (w), Don Perlin英語版 (p), Ghost Rider #27 (December 10, 1977), New York, NY: Marvel Comics
  24. ^ Avengers #172 (Jun. 1978)
  25. ^ Avengers #174 (Aug. 1978)
  26. ^ Avengers #175–177 (Sept.–Nov. 1978)
  27. ^ Avengers #189 (Nov. 1979)
  28. ^ Marvel Team-Up #92
  29. ^ Marvel Fanfare #3
  30. ^ Avengers #211 (Sep. 1981)
  31. ^ Avengers #222 (Jul. 1982)
  32. ^ Avengers Vol.1 #223
  33. ^ Avengers #229 (Mar. 1983)
  34. ^ Hawkeye Vol.1 #1–4
  35. ^ West Coast Avengers Vol. 1 #1–4
  36. ^ Avengers West Coast Vol.2 #100
  37. ^ West Coast Avengers Vol.2 #17-23
  38. ^ West Coast Avengers Vol.2 #37
  39. ^ Solo Avengers #3-5
  40. ^ Avengers Spotlight #22-25
  41. ^ Avengers Spotlight #25
  42. ^ Avengers Spotlight #30-35 (May–Oct. 1990)
  43. ^ Avengers West Coast Vol.2 #100 (1993)
  44. ^ Avengers West Coast #102 (Jan. 1994)
  45. ^ Hawkeye #1–4 (Jan.–Apr. 1994)
  46. ^ Avengers #397 (Apr. 1996)
  47. ^ Avengers #402 (Sep. 1996)
  48. ^ Heroes Reborn: Avengers #1 (Nov. 1996)
  49. ^ Heroes Reborn: The Return # 1–4 (Nov. 1997–Feb. 1998)
  50. ^ Hawkeye: Earth’s Mightiest Archer #1
  51. ^ Avengers #12 (vol. 3, Jan. 1999)
  52. ^ Thunderbolts Vol.1 #24
  53. ^ Thunderbolts Vol.1 #27-30
  54. ^ Thunderbolts Vol.1 #49
  55. ^ Thunderbolts #30 (Sep. 1997)
  56. ^ Thunderbolts Annual 2000
  57. ^ Thunderbolts Vol. 1 #50
  58. ^ Thunderbolts #51–75
  59. ^ Avengers #489–503 vol. 3, (Oct. 2003–Nov. 2004)
  60. ^ Hawkeye Vol.3 #1–6
  61. ^ Hawkeye Vol.3 #7-8
  62. ^ Avengers Vol.3 #502
  63. ^ Christos Gage英語版 (w), Mike Perkins英語版 (p), House of M: Avengers #2–5 (Nov. 2007–Feb. 2008), New York, NY: Marvel Comics
  64. ^ Brian Michael Bendis英語版 (w), Oliver Coipel英語版 (p), House of M #1–8 (Jun. 2005–Jan. 2006), New York, NY: Marvel Comics
  65. ^ New Avengers #26 (Jan. 2007)
  66. ^ Fallen Son: The Death of Captain America #3 (July 2007)
  67. ^ New Avengers #26-30 (2007)
  68. ^ New Avengers #33 (Aug. 2007)
  69. ^ Young Avengers Presents #6
  70. ^ Brian Bendis英語版 (w), Leinil Francis Yu英語版 (p), Mark Morales (i), Secret Invasion #1–8 (June–Jan. 2008), New York, NY: Marvel Comics
  71. ^ Jim McCann英語版 (w), Jo Chen (p), David Lopez英語版 (p), New Avengers: The Reunion #1–4 (March–June 2009), New York, NY: Marvel Comics
  72. ^ Secret Invasion #8
  73. ^ Dark Avengers #1
  74. ^ New Avengers Vol.1 #50
  75. ^ New Avengers #50 (Apr. 2009)
  76. ^ New Avengers #51 (May 2009)
  77. ^ Dark Reign: The List - Avengers (Nov. 2009)
  78. ^ New Avengers Annual #3 (2010)
  79. ^ Captain America: Reborn #3-6
  80. ^ New Avengers vol. 1 #62-64 (Apr.-Jun. 2010)
  81. ^ Avengers vol. 4 #1 (2010)
  82. ^ I Am an Avenger # 1
  83. ^ New Avengers vol. 2 #1
  84. ^ New Avengers vol. 2 #5
  85. ^ Hawkeye & Mockingbird #1
  86. ^ Hawkeye & Mockingbird #2
  87. ^ Hawkeye & Mockingbird #5
  88. ^ Hawkeye & Mockingbird #6
  89. ^ Widowmaker #1
  90. ^ Widowmaker #3
  91. ^ Widowmaker #4
  92. ^ Hawkeye: Blindspot #2
  93. ^ Hawkeye: Blindspot #3
  94. ^ Hawkeye: Blindspot #4
  95. ^ Avengers Academy #21 (November 2011)
  96. ^ Wilding, Josh (2011年8月15日). “Post "Fear Itself" Avengers Line-Up Revlealed; Hawkeye Gets A New Movie Inspired Costume!”. ComicBookMovie.com. 2012年1月17日閲覧。
  97. ^ Secret Avengers #22 (February 2012)
  98. ^ Gruenwald, Mark; Layton, Bob (1983). Till Death Do Us Part. Hawkeye. 1. 
  99. ^ Official Handbook of the Marvel Universe Deluxe Edition #1
  100. ^ Robert Kirkman (w), Sean Phillips英語版 (p), Marvel Zombies #1 - 5 (Dec. 2005 - April 2006), New York, NY: Marvel Comics
  101. ^ Robert Kirkman (w), Sean Phillips英語版 (p), Marvel Zombies 2 #1 - 5 (Oct. 2007 - Feb. 2008), New York, NY: Marvel Comics
  102. ^ Tom DeFalco英語版 (w), Ronald Frenz英語版 (p), Todd Nauck英語版 (p), American Dream #1 - 5 (May - July 2008), New York, NY: Marvel Comics
  103. ^ Mark Millar (w), Steve McNiven英語版 (p), Old Man Logan #1 - 8 (June 2008 - Sept. 2009), New York, NY: Marvel Comics
  104. ^ Wolverine (vol. 3) #68-69
  105. ^ Mark Millar (w), Brian Hitch英語版 (p), "Ultimates 2" #8 (November 2005)
  106. ^ Ultimates 2 #7
  107. ^ Ultimates 2 #6
  108. ^ Bush, Jenna (2010年2月8日). “AVENGERS Animated Assembling w/ Phil Lamarr”. Newsarama. http://www.newsarama.com/tv/Lamarr-Avengers-Animated-100208.html 2010年9月7日閲覧。 
  109. ^ http://www.tvguide.com/News/Disney-XDs-Ultimate-Spider-Man-1058098.aspx
  110. ^ http://www.superherohype.com/news/articles/173171-nycc-marvel-to-premiere-avengers-assemble-a-agents-of-smash-next-summer
  111. ^ “Cinema Con: We've Seen Hawkeye In Thor And It's More Than A Walk On”. CinemaBlend. (2011年3月28日). http://www.cinemablend.com/new/Cinema-Con-We-ve-Seen-Hawkeye-In-Thor-And-It-s-More-Than-A-Walk-On-23922.html 2011年3月28日閲覧。 
  112. ^ Lussier, Germain (2010年7月24日). “SDCC 2010: Marvel Studios Officially Announces Mark Ruffalo and Jeremy Renner for THE AVENGERS; Surprises With Full Cast at Comic-Con!”. Collider. http://www.collider.com/2010/07/24/comic-con-the-avengers-panel-mark-ruffalo-jeremy-renner-robert-downey-jr-chris-hemsworth-chris-evans/ 2010年8月6日閲覧。 
  113. ^ Mark "RorMachine" Cassidy - 9/15/2010 (2010年9月15日). “Hawkeye Will Not Have His Purple Costume From The Comics In The Avengers”. Comicbookmovie.com. 2012年8月13日閲覧。
  114. ^ http://www.newsarama.com/tv/iron-man-rise-of-technovore-anime.html
  115. ^ Busis, Hillary (2014年1月21日). “'Marvel's Avengers Confidential: Black Widow & Punisher': See the trailer here! EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. 2014年1月21日閲覧。
  116. ^ “Interview: Anthony and Joe Russo on The Winter Soldier, Captain America 3 and Agent Carter”. Superhero Hype. (2014年9月1日). http://www.superherohype.com/features/313631-interview-anthony-and-joe-russo-on-the-winter-soldier-captain-america-3-and-agent-carter 2014年9月1日閲覧。 
  117. ^ “Hawkeye’s Cut Sequence in ‘Captain America 2′ Revealed”. Screen Rant. (2014年9月1日). http://screenrant.com/hawkeye-captain-america-2-role-explained/ 2014年9月1日閲覧。 
  118. ^ Tom Hiddleston Cheers On James Spader In The Avengers: Age Of Ultron
  119. ^ http://screenrant.com/jeremy-renner-marvel-contract-hawkeye/?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=b7ayIa&utm_medium=trueAnthem&utm_source=facebook#!b7ayIa
  120. ^ Goldstein, Hillary (2009年11月11日). “Marvel: Ultimate Alliance Review (PSP)”. IGN. 2010年9月7日閲覧。
  121. ^ GameSpot - Ultimate Marvel vs. Capcom 3 roster leaked
  122. ^ Marvel Costume Kit 6”. Sony. 2013年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月10日閲覧。
  123. ^ Hawkeye joins Marvel Heroes”. Marvel Heroes (2012年5月31日). 2012年7月19日閲覧。
  124. ^ http://www.youtube.com/watch?v=YbxvvsuuTuk
  125. ^ LEGO Marvel Super Heroes On the Way”. Marvel.com (2013年1月8日). 2013年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月8日閲覧。
  126. ^ http://marvel.com/news/story/21561/character_reveals_for_marvel_universe_live
  127. ^ Wizard's top 200 characters. External link consists of a forum site summing up the top 200 characters of Wizard Magazine since the real site that contains the list is broken.”. ウィザード英語版. 2011年5月19日閲覧。
  128. ^ Hawkeye is number 44”. IGN. 2011年5月19日閲覧。
  129. ^ Sava, Oliver (2012年12月7日). “How did Hawkeye become Marvel’s best comic?”. The A.V. Club. 2014年6月3日閲覧。
  130. ^ Hughes, Joseph (2013年4月16日). “Eisner Awards 2013: ‘Building Stories’ & ‘Fatale’ Sweep Nominations, ComicsAlliance Gets A Nod”. Comics Alliance. 2014年6月3日閲覧。
  131. ^ 2013 EISNER Awards Winners (Full List)”. Newsarama (2013年7月20日). 2014年6月3日閲覧。
  132. ^ Your 2013 Harvey Awards Winners”. Comics Reporter (2013年9月8日). 2014年6月3日閲覧。
  133. ^ Eisner Awards: ‘Hawkeye,’ ‘The Wake,’ ‘Saga’ lead nominations field”. LA Times (2014年4月15日). 2014年6月3日閲覧。
  134. ^ 2014 Eisner Awards: Full List Of Winners And Nominees”. Comics Alliance (2014年7月26日). 2014年7月28日閲覧。
  135. ^ Sims, Chris (2014年7月16日). “Harvey Awards Announces 2014 Nominees, Congratulations In Advance To ‘Hawkeye’ #11”. Comics Alliance. 2014年7月18日閲覧。
  136. ^ 2014 Harvey Award Winners Announced”. Previews World. 2014年9月22日閲覧。
  137. ^ Current Amazon release date”. 2014年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]