FNSソフト工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FNSソフト工場(FNSソフトこうじょう)は、1999年4月よりFNS系列局が制作・放送しているバラエティ番組枠である。

概要[編集]

  • フジテレビ以外の系列局が毎年数作品を制作・放送し、翌年3月に「FNSアワード」大賞・優秀賞を決定する。
  • FNS28局を以下の4ブロックに分け、毎年度各ブロック2作品が放送される。
北海道・東北 - 北海道文化放送岩手めんこいテレビ秋田テレビ仙台放送さくらんぼテレビ福島テレビ
中部 - 新潟総合テレビ長野放送富山テレビ石川テレビ福井テレビテレビ静岡東海テレビ
近畿・中国・四国 - 関西テレビ岡山放送山陰中央テレビテレビ新広島テレビ愛媛高知さんさんテレビ
九州・沖縄 - テレビ西日本サガテレビテレビ長崎テレビ熊本テレビ大分テレビ宮崎鹿児島テレビ沖縄テレビ
  • ただし、2015年現在ではフジテレビ、関西テレビ、東海テレビはFNSアワードに出品していない。

放送[編集]

  • 制作局と該当するブロック局では原則として土曜の昼(制作局はゴールデンタイム<火曜19時枠[1]、金曜19時枠>で放送の場合あり)、フジテレビなどそれ以外のFNS局は平日深夜や土曜午前・日曜午後などのローカルセールス枠に放送される。

放送された作品[編集]

第1回 (1999年度)[編集]

第2回 (2000年度)[編集]

第8回 (2006年度)[編集]

第9回 (2007年度)[編集]

  • 高知さんさんテレビ - 『オマエ達昭和をなめんなヨ!』
  • テレビ長崎 - 『おんなの一生〜愛と望郷のマカオ〜』
  • 岩手めんこいテレビ - 『最古路次〜日本最古の○○』
  • 長野放送 - 『あっち向いてホイロジー〜脳科学が探る勝利の法則〜』(優秀賞受賞
  • 岡山放送 - 『夫婦の相性診断バス発車!ピッたんこ』
  • 鹿児島テレビ - 『なんでだろう?ジャンベだろう!〜音楽と笑いは世界をつなぐ〜』
  • 秋田テレビ - 『夢 3000km+∞ 〜究極の手作りエコカーで豪州縦断〜』
  • テレビ静岡 - 『とびだせ!空想科学』(大賞受賞・後に全国ネットで単発番組化

第10回 (2008年度)[編集]

  • 石川テレビ - 『THE 団塊裁判ショー』(優秀賞受賞
  • 山陰中央テレビ - 『懐かし良品レッドファイル』
  • テレビ長崎 - 『長崎発!東方見聞録〜日本一親切な人を探せ〜』
  • 岩手めんこいテレビ - 『map mystery はい地〜図!』
  • 富山テレビ - 『チャイルドスイッチ〜家族生活交換プログラム〜』(優秀賞受賞
  • 岡山放送 - 『確率ハッピー!』
  • 沖縄テレビ - 『寺子屋ニッポン!じんぶん伝―ジョン万次郎 琉球へ―』
  • 北海道文化放送 - 『タカアンドトシ 博多華丸・大吉 うまいもんデパート』
  • 長野放送 - 『美人で国語算数理科社会』(特別賞受賞

第11回 (2009年度)[編集]

  • 岩手めんこいテレビ - 『ことわざは一見に如かず〜ことわざ実証バラエティー〜』
  • テレビ静岡 - 『わりと近い 未来予想ウォーズ』
  • テレビ新広島 - 『芸能界ガチ調査バトル 検索猿人』
  • テレビ熊本 - 『歴史に学ぶ賢いお金の使いかた〜検証!!日本の歴史How Much〜』
  • 福島テレビ - 『NKKK日本境界確定協会』
  • 東海テレビ - 『いただきます! 芸能人親子が挑むホントの食育!!』(優秀賞受賞
  • 岡山放送 - 『いまばな』
  • テレビ宮崎 - 『うそかまことか研究所』(優秀賞受賞

第12回 (2010年度)[編集]

  • テレビ宮崎 - 『Famidas〜未来家族図鑑〜』
  • 秋田テレビ - 『軽-1グランプリ』
  • 福井テレビ - 『理科系アングルバラエティー 恋するデカルト』(特別賞受賞[2]
  • テレビ新広島 - 『時空新聞社 過去の埋もれている記事を再調査せよ』(大賞受賞[2]
  • サガテレビ - 『スイーツ!南蛮渡来のあま〜いお噺』
  • 仙台放送 - 『行動実験バラエティー オモロ幸福論』
  • テレビ静岡 - 『ベッチュウ工場(株) 匠の技のムダづかい』
  • 山陰中央テレビ - 『ザ・NEOカルチャー』(特別賞受賞[2]

第13回 (2011年度)[編集]

  • テレビ新広島 - 『MAJIDESUKA!? ギャッパー』
  • テレビ西日本 - 『語源ゴー!ゴー!』
  • 北海道文化放送 - 『人生いちばん記念日 神様からの贈り物』
  • 東海テレビ - 『その数字、解放せよ!』(最優秀番組[3]
  • 高知さんさんテレビ - 『がっかりがびっくりに!?どうしてこうなったTV』
  • テレビ熊本 - 『THE応援劇場〜ニッポンの掘り出しモノ〜』
  • さくらんぼテレビ - 『ウルトラヴォイス』
  • テレビ静岡 - 『超一流のオキテ解禁!見分け人』
  • 山陰中央テレビ - 『はじめて代理店〜出発!“あの頃”に出会える心の旅へ〜』

第14回 (2012年度)[編集]

  • テレビ静岡 - 『アイタイラボ』
  • 山陰中央テレビ - 『ご主人、それ間違ってます。〜教えよう。常識の非常識〜』
  • 岩手めんこいテレビ - 『前神未到 かみわ座』
  • テレビ熊本 - 『輝け!日本のムダ大賞』
  • 福井テレビ - 『未来予測テキメンタリー ありそで!なさそな?2050』
  • テレビ新広島 - 『合体劇場』
  • テレビ愛媛 - 『ひらめき体感バラエティ バカもうけ!?の王様』
  • さくらんぼテレビ - 『すこーし面倒くさいニッポンのルール〜この世は暗黙のルールで出来ていた!?〜』
  • 東海テレビ - 『ノゾキミル ココロのホンネ 観察バラエティ』(最優秀番組[4]

第15回 (2013年度)[編集]

  • 北海道文化放送 - 『ボツボツいこか!』
  • 東海テレビ - 『モノローグ』(最優秀番組[5][6]
  • 高知さんさんテレビ - 『あいまいなルールに線引きバラエティ・ドコカライン』
  • テレビ長崎 - 『世界でルノカ!?』
  • 福島テレビ - 『発見!ニッポンの強女』
  • 仙台放送 - 『体験・発見バラエティ 未知とのSO!GOOD!?』
  • テレビ西日本 - 『ハンディギャップ〜この世は金か実力か〜』
  • さくらんぼテレビ - 『〜ニッポンの技術力で救え!?〜悩めるボクだけのヒミツ道具』

第16回 (2014年度)[編集]

  • テレビ長崎 - 『〜赤面ラブソング・バラエティ〜 初恋アジア』
  • 岩手めんこいテレビ - 『世にも奇妙な職業安定所』
  • 長野放送 - 『みんなのコトワザ辞典』
  • テレビ新広島 - 『オトナアソビ』(最優秀番組[7]
  • テレビ静岡 - 『史上最大の禁じ手対決ショー 勝ちたいんや!』
  • 北海道文化放送 - 『徹底リサーチ!ぼくら、カカク捜査隊』
  • 仙台放送 - 『自称の王国』
  • さくらんぼテレビ - 『ストレスFREEツアー〜現代人のイライラを撲滅せよ!〜』

第17回 (2015年度)[編集]

  • 山陰中央テレビ - 『アンサーマン からだを張ってクイズの答えを探し出せ!』
  • サガテレビ - 『化学反応バラエティ コラボックス』
  • 北海道文化放送 - 『運命のボタン』
  • 長野放送 - 『ボクらの歌♪〜社歌でニッポンを元気に〜』
  • 福島テレビ - 『叶えて!魔術先生』(最優秀番組[8]
  • 岩手めんこいテレビ - 『(株)世界価値観光』
  • 沖縄テレビ - 『オッサニア 〜第二の人生体験バラエティ〜』
  • 福井テレビ - 『しあわせ平均てれび ハピレージ』
  • テレビ新広島 - 『世界!といえば研究所』

第18回 (2016年度)[編集]

  • 石川テレビ - 『退化論〜消えゆくモノも良いモノじゃんTV〜』
  • 岡山放送 - 『世界!可笑しなブーム調査団』
  • 新潟総合テレビ - 『君を好きになった理由』
  • テレビ熊本 - 『地球上のおもしろルールから学ぶ 日本一住みたい条例村』
  • 北海道文化放送 - 『発祥体感バラエティ!碑めぐりじゃぱん』
  • 福島テレビ - 『特命!!生みのおや?捜査班』
  • 秋田テレビ - 『人生交換バラエティー「ホセムヒカ!」』(最優秀番組[9]

第19回 (2017年度)[編集]

  • 富山テレビ - 『ダジャレ〜 ヌーボー』
  • 北海道文化放送 - 『なんでもトコトン学園』
  • 岡山放送 - 『アカデミック論文バラエティ アテナの忘れもの』
  • テレビ西日本 - 『模倣は厳禁 マネるなキケン』
  • テレビ熊本 - 『冒険バラエティ あいつの友達、○○だって。〜6人でつながる世界の輪〜』
  • テレビ新広島 - 『千原ジュニアのズバヌけ建もの学』
  • 秋田テレビ - 『親の知らないところで…箱入り娘さんが頑張った!』

脚注[編集]

  1. ^ 2015年3月までは月曜19時枠
  2. ^ a b c 『第12回FNSソフト工場』受賞作品が決定!”. フジテレビ (2011年3月15日). 2012年5月8日閲覧。
  3. ^ 『FNSアワード2012 第13回FNSソフト工場 『その数字、解放せよ!』”. フジテレビ (2012年3月22日). 2012年5月8日閲覧。
  4. ^ 『FNSアワード2013 第14回FNSソフト工場』”. フジテレビ (2013年3月18日). 2013年5月3日閲覧。
  5. ^ FNSアワード2014 第15回FNSソフト工場『モノローグ』”. フジテレビ (2014年3月19日). 2014年3月26日閲覧。
  6. ^ 2017年7月29日に『オトナの土ドラ』枠にて全国ネット化。
  7. ^ 第16回FNSソフト工場の「最優秀番組」はテレビ新広島制作の『オトナアソビ』に決定!FNSアワード2015『第16回FNSソフト工場』”. フジテレビ (2015年3月16日). 2015年4月13日閲覧。
  8. ^ 第17回FNSソフト工場の「最優秀番組」は福島テレビ制作の『叶えて!魔術先生』に決定!”. フジテレビ (2016年3月27日). 2016年3月29日閲覧。
  9. ^ FNSソフト工場 人生交換バラエティー「ホセムヒカ!」”. 秋田テレビ. 2017年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]