赤丸!スクープ甲子園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤丸!スクープ甲子園
ジャンル バラエティ番組
演出 高橋陽介
田中経一(総合演出)
出演者 田村淳ロンドンブーツ1号2号
ベッキー
上重聡(日本テレビアナウンサー) ほか
エンディング FUNKY MONKEY BABYSありがとう
製作
プロデューサー 寺内壯、秋山健一郎
鈴江秀樹(CP)
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2013年4月15日 - 2013年8月5日
放送時間月曜日19:00 - 19:56
放送枠1900 (日本テレビ)
放送分56分
回数12
公式サイト
テンプレートを表示

赤丸!スクープ甲子園』(あかまる!スクープこうしえん)は、2013年4月15日から2013年8月5日まで日本テレビ系列月曜日19:00 - 19:56(『1900』月曜枠)に放送されたバラエティ番組[1]

レギュラー化前の2012年3月24日と2012年10月27日には『サタデーバリューフィーバー』でパイロット版が放送された[2]

概要[編集]

日本全国の面白い学校を「スクール新聞部」の記者たちがスッパ抜く。

毎回1番良かったスクープを「今日のトップ記事」として発表する。

2013年4月からゴールデンタイムでレギュラー放送されていたが、裏番組の『NHKニュース7』(NHK総合)や『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日)や『ネプリーグ』(フジテレビ)に視聴率で苦戦し[3]、同年8月5日(全12回)で打ち切り終了した[4]

出演者[編集]

スクール新聞部 部長
スクール新聞部 顧問
スクール新聞部 副顧問
  • 上重聡(日本テレビアナウンサー)
スクープ記者

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
制作局
日本テレビ系列 月曜日 19:00 - 19:56
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[5] 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
  • テレビ宮崎(UMK)は月曜20時台が日本テレビ系列のネットセールス枠のため、20:54までの拡大スペシャルに限り、同時ネットで放送した。

テーマ曲[編集]

BGM[編集]

よく使用されるBGM[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーション:太田真一郎徳島えりか(日本テレビアナウンサー)
  • 構成:谷田彰吾、鮫肌文殊福原フトシ、坂田康子、小椋有紀子
  • TM:江村多加司
  • SW:荻野高康
  • カメラ:今別府元気
  • 音声:池田正義
  • VE:八木一夫
  • 照明:下平好実、千葉雄
  • 美術プロデューサー:佐藤千穂
  • 美術デザイナー:熊崎真知子
  • CG:堀江隆臣
  • ビジュアルクリエイター:薗部健
  • ロゴデザイン:岸和弘
  • 音響効果:大久保吉久
  • 編集:鈴木健介
  • MA:櫻井伸二
  • TK:塚越倫子
  • 技術協力:NiTRO、Rec、3×7、PD東京、グレートインターナショナル、東京オフラインセンター
  • 美術協力:日テレアート
  • 編成:小林将高
  • 広報:戸田聖一郎
  • デスク:宮沢薫
  • リサーチ:佐藤直也、湯原圭介、平澤美紀
  • 制作進行:勝田邦裕
  • フロアディレクター:堀脇慎志郎 / 西村章吾
  • AD:増井政憲、森友豊、入江将也、杉浦夏樹、井上穂菜美、坂口真希、大友彩奈、後藤ひとみ
  • AP:水落美咲、依岡由里子
  • ディレクター:小田切大輔、陣川友裕、橋詰圭太、鈴間広枝、柳瀬由紀子、中村賢治、大西耕太、武石一也、永松近也、増田雄太、鈴木潤一郎、廣田健介、貞松秀樹、福岡隆幸
  • 演出:高橋陽介、亀田剛 、小林英丘、福島伸次郎
  • 総合演出:田中経一
  • プロデューサー:寺内壯、秋山健一郎 / 小泉哲朗、筒井梨絵
  • 制作協力:トップシーンAX-ON
  • チーフプロデューサー:鈴江秀樹
  • 製作著作:日本テレビ

パイロット版[編集]

レギュラー化前の2012年3月24日と2012年10月27日に『サタデーバリューフィーバー』枠で放送

  • 構成:すずきB、谷田彰吾
  • CG:堀江隆臣
  • ビジュアルクリエイター:薗部健
  • ロゴデザイン:岸和弘
  • 音響効果:大久保吉久
  • フロアディレクター:堀脇慎志郎
  • ディレクター:陣川友裕、橋詰圭太、冨樫泰章、安納隆仁、照井有
  • 演出:高橋陽介
  • 総合演出:田中経一
  • プロデューサー:寺内壯、小泉哲朗、黒沼正弘

過去のスタッフ[編集]

  • 編成:穂積武信
  • プロデューサー:永井英樹

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロンブー淳&ベッキー、4月からG枠でタッグ
  2. ^ 第1弾は『スクールスクープ甲子園』として放送され、小林星蘭がMCを務めた。第2弾は『熱血!スクールスクープ』として放送され、今田耕司がMCを務めた。
  3. ^ レギュラー番組が打ち切り続き! ロンブー・田村淳のテレビから凋落ぶりサイゾーウーマン芸能|2013年9月9日
  4. ^ 日本テレビ 週間番組表内 2013年8月5日19:00 - 19:56 番組紹介ページ] 2013年8月1日閲覧。急遽打ち切りのため、系列局の週間番組表では最終回マークの表示がなされていないものがある。
  5. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い[1]

外部リンク[編集]

日本テレビ 1900・月曜枠
前番組 番組名 次番組
赤丸!スクープ甲子園