受信料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

受信料(じゅしんりょう)、放送通信によって情報を受信することの対価として請求され、支払われる料金のことである。一般には、公営・公共放送に対して視聴者・聴取者が支払う料金を指し、支払われた料金は公営・公共放送の財源となる。

各国によって制度は異なり国によってはテレビ受信料(てれびじゅしんりょう、英:television license)またはテレビ税(てれびぜい、英:TV tax)と呼ばれる事もある。

各国の受信料制度[編集]

受信料だけで賄われているものとしては、日本NHKイギリスBBCのほか、デンマークスウェーデンスウェーデン・テレビ、SVT)、ノルウェーフィンランドなど北欧各国の公共放送がある[1]。日本では放送法に基づきテレビ放送の受信者は日本放送協会(NHK)と契約し支払う。イギリスBBCの場合には郵便局で1年間有効の受信許可証を購入する仕組みがとられている[1]

スイスでは公共放送のスイス放送協会の受信料制度があり一般家庭で年間約450スイスフランの負担が必要となる[2]。スイスでは2018年3月4日に受信料制度の是非を問う住民投票が行われ、反対が7割以上となり受信料制度の廃止案は否決された[2]

受信料と広告料で賄われている国としては、韓国韓国放送公社(KBS)、ドイツのドイツ公共放送連盟(ARD)や第2ドイツテレビ(ZDF)、フランスやイタリアの公共放送がある[1]。ドイツZDFの場合には電力会社の検針員が受信料を徴取する仕組みがとられている[1]

受信料制度がない国もある。交付金と広告料で賄われている国としてはスペイン中華民国台湾)、ニュージーランドなどがある[1]。また、広告料や寄付のみで賄われている国家としては、アメリカ合衆国PBSオーストラリアカナダがある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]