人生のパイセンTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おバカな大人マジリスペクト!
人生のパイセンTV
Wangan Studio.jpg
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 萩原啓太
プロデューサー 中嶋優一CP、フジテレビ)
木月洋介
出演者 オードリー若林正恭春日俊彰[1]
ナレーター 立木文彦
堀場亮佑
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
放送開始から2016年3月まで
放送時間 日曜日 23:15 - 23:45(30分)
放送期間 2015年10月18日 - 2016年3月20日
2016年4月から
放送時間 月曜日 0:30 - 1:00(日曜深夜(30分)
放送期間 2016年4月18日 - 2017年3月20日

特記事項:
枠移動後初回は15分遅れで放送(0:45 - 1:15)。
テンプレートを表示

おバカな大人マジリスペクト! 人生のパイセンTV』(おバカなおとなマジリスペクト! じんせいのパイセンティーヴィー)は、フジテレビ系列2015年10月18日から2017年3月20日まで放送されていたバラエティ番組である[注 1]。過去2回特番として放送された。

概要[編集]

自身の生き方を貫いて人生を謳歌している人生のパイセン(先輩)から、人生を楽しむためのコツを学ぶバラエティ番組[2]2015年1月5日3月28日の単発放送を経て、同年10月18日よりレギュラー放送が開始[3]

2014年10月19日に放送開始した前番組の『ヨルタモリ』が1年間の契約であったため、2015年9月20日の番組終了後、『ウタフクヤマ』の単発放送を挟んで開始された[4]

台本がなくカンペもあまり出ないため若林は「自由に話せる」と発言している[2]

2016年1月31日放送回をもってベッキーが休養のため、欠席。翌週の2月7日放送回から春日がベッキーの代役として出演。これにより2月放送回から、コンビで番組を進行。

2016年4月3日より、日曜23:15 - 翌0:30に『スポーツLIFE HERO'S』を放送するため、当番組は同月18日未明(17日深夜)放送時間を75分繰り下げ、月曜0:30 - 1:00(日曜深夜)での放送となり、ローカルセールス枠に降格となる[5]

なお、同年4月20日(水曜日)22:00 - 23:24に、全国放送及びゴールデンタイムプライムタイムで本番組のスペシャル(レギュラー化後は初)が放送された(テレビ宮崎および枠移動によるローカルセールス枠に転換に伴って同時ネットから外れた局でも、ゴールデンタイム・プライムタイムでの放送のため、臨時に同時ネット)。

2017年3月20日に終了した。後番組は金曜深夜に放送されていた『Love music』が当枠へ移動。

本番組終了後、司会の若林は2017年4月より火曜20時台の『潜在能力テスト』の司会を担当している。

出演[編集]

MC
  • 若林正恭オードリー
  • ベッキー - 2016年1月31日放送回をもって休業のため欠席。2017年3月13日の放送から復帰[6]
代理MC
  • 春日俊彰(オードリー) - 2016年2月7日の放送から、ベッキーの代理として出演。
    • 番組内クレジットは「春日きんにくん」。特番時代、2015年12月6日にもパイセンリポーターとして出演。


パイセンナビゲーター
  • mirei - 2016年8月22日より出演
スタジオゲスト

休養に入ったベッキーに代わり春日が出演しているが、加えてもう一名女性タレントが2016年2月21日放送分より出演している。

過去の出演者
  • 夢眠ねむでんぱ組.inc):特番時代にナビゲーターとして出演。
  • すざおたかひろ - 特番時代にチャラすぎる市議会議員(当時)パイセンとして出演し話題となった。レギュラー放送第1回目に特番放送後の密着VTRが放送され、市議会議員を辞職して当番組きっかけでタレントへ転身したことを発表、番組終盤でナビゲーター就任を発表した。その後2016年8月15日放送分まで出演

放送リスト[編集]

特番時代
レギュラー版

ネット局と放送時間[編集]

特番[編集]

第1回
第2回

レギュラー版2016年3月まで[編集]

『人生のパイセンTV』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 ネット
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 日曜日 23:15 - 23:45 同時ネット
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(SAGA TV)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
土曜日 1:27 - 1:57
金曜日深夜)
遅れネット
山口県 テレビ山口(TYS) TBS系列 火曜日 0:53 - 1:23
月曜日深夜)

レギュラー版2016年4月から[編集]

『人生のパイセンTV』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 ネット
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 月曜日 0:30 - 1:00
(日曜日深夜)
制作局
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 同時ネット
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)[注 2]
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)[注 3]
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
中京広域圏 東海テレビ(THK) 月曜日 0:40 - 1:10
日曜日深夜)
10分遅れ
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 金曜日 1:25 - 1:55
木曜日深夜)
遅れネット
北海道 北海道文化放送(uhb) 木曜日 0:55 - 1:25[注 4]
水曜日深夜)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 日曜日 1:20 - 1:50
土曜日深夜)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月曜日 0:55 - 1:25
日曜日深夜)
山口県 テレビ山口(TYS) TBS系列 火曜日 0:58 - 1:28
月曜日深夜)

通常時の同時ネット局であっても、あくまで全編ローカルセールス枠のため、局の編成の都合により、(主に同時ネット局の放送地域内で府道県知事選や府道県議会議員選挙が行われ、それの開票特別番組が編成される時など)時に非ネット(つまりその週の分の放送を返上)もしくは遅れネットとすることがある。

主なスタッフ[編集]

特番[編集]

レギュラー[編集]

  • ナレーション:立木文彦、堀場亮佑
  • ブレーン:酒井健作、興津豪乃(興津→途中から)、かわのけいすけ、大井達朗、向山佳綱
  • TP:児玉洋
  • SW:岩田一己
  • CAM:伊郷憲二
  • VE:山下悠介
  • MIX:小清水健治
  • LD:八木原伸治
  • 美術プロデューサー:豊田亮介
  • 美術進行:椛田学
  • デザイン:安部彩
  • 大道具:大川原祐也
  • 大道具操作:宮路博貴
  • アクリル装飾:谷口航平
  • 装飾:百瀬貴弥
  • 電飾:後藤佑介、熊田裕衣子
  • メイク:大友麻衣子
  • CG:木本禎子、平山智則
  • 音響効果:斉藤信之
  • 編集:山家良平、佐藤瞳、藤本麻衣子、深澤義輝
  • MA:山岸慎一郎、小林由愛子
  • 技術協力:ニユーテレス、fmt、IMAGICA、東京オフラインセンター
  • 美術協力:フジアール
  • リサーチ:リベラス、フォーミュレーション
  • TK:海老澤廉子
  • デスク:吉岡沙織、関彩夏
  • 広報:高橋慶哉
  • Web制作:星野佑美、中山直人
  • 制作協力:BEE BRAIN
  • 制作進行:笹崎明奈
  • AP:河合ちはる
  • 制作プロデューサー:上妻奈央
  • ディレクター:飛田竜平、中嶋亮介、加藤昌之、松尾亮勲、新井孝輔、内田光、塩澤駿介(塩澤→以前はFD)、大野和幸
  • 演出:萩原啓太
  • プロデューサー:木月洋介、神崎素子(神崎→途中から)
  • チーフプロデューサー:中嶋優一
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • TD:高瀬義美
  • 美術プロデューサー:平岡慶大
  • ディレクター:飯田美沙紀

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 副題としてタイトルの前に「おバカな大人マジリスペクト!」がつく。特番時代は前後に波ダッシュがついていた。
  2. ^ 2016年8月29日放送分は本社移転作業に伴う放送終了時刻繰り上げのため臨時非ネット。
  3. ^ 2016年4月から9月は土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜)に遅れネットしていたが、10月から再び同時ネット。
  4. ^ 2016年9月までは木曜日 0:25 - 0:55(水曜日深夜)

出典[編集]

  1. ^ ベッキーのピンチヒッター。
  2. ^ a b オードリー若林、ベッキーと組む「人生のパイセンTV」は自由に話せて贅沢”. お笑いナタリー (2015年10月15日). 2015年10月16日閲覧。
  3. ^ 「ヨルタモリ」後番組は若林&ベッキー「人生のパイセンTV」”. スポニチ (2015年9月3日). 2015年10月14日閲覧。
  4. ^ 「ヨルタモリ」9月いっぱいで終了 契約1年…惜しまれつつ”. スポニチ (2015年8月22日). 2015年10月14日閲覧。
  5. ^ フジ19時台3曜日に新バラエティを投入! くりぃむ・おぎやはぎ・ナンチャン”. スマイナビニュース (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  6. ^ ベッキー、パイセンTVに復活!若林チクリ「やっぱスターですな」”. スポーツ報知 (2017年3月13日). 2017年3月20日閲覧。
  7. ^ ~おバカな大人マジリスペクト!~人生のパイセンTV(フジテレビ)2015年3月28日放送分の公式サイト
  8. ^ 朝日新聞・西部本社(2015年2月8日朝刊テレビ欄)朝日新聞デジタル
  9. ^ 朝日新聞・大阪本社(2015年3月18日朝刊テレビ欄)朝日新聞デジタル

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 日曜23:15 - 23:45枠
前番組 番組名 次番組
人生のパイセンTV
スポーツLIFE HERO'S
※23:15 - 翌0:30
フジテレビ 月曜0:30 - 1:00(日曜深夜)枠
すぽると!
※前日23:55 - 0:45
いまオシ!
※0:45 - 0:50
魁!音楽の時間
※0:50 - 1:20
人生のパイセンTV
Love music
※0:30 - 1:25
金曜日23:30 - 23:58から移動・拡大】