井上勝正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 勝正
井上 勝正の画像
プロフィール
リングネーム 井上 勝正
本名 井上 富文
ニックネーム 若作りリーダー
身長 170cm
体重 80kg
誕生日 (1970-01-07) 1970年1月7日(47歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 大日本プロレス
スポーツ歴 シュートボクシング
パワーリフティング
デビュー 2002年6月30日
テンプレートを表示

井上 勝正(いのうえ かつまさ、1970年1月7日 - )は、日本の元プロレスラー大阪府大阪市出身。血液型B型。身長170cm、体重80kg。現役時代は大日本プロレスに所属。

経歴[編集]

2002年6月30日立川競輪場駐車場大会の対松崎駿馬戦にてデビュー。

1995年、龍生塾に入りシュートボクシングを始める。

その後、龍生塾本部による格闘家集団「REX-JAPAN」の一員として大日本に参戦。

そして2002年6月3日の試合後、プロレスラーになりたいと表明し大日本所属となる。

デスマッチ団体を豪語する同団体の中で、レスリング路線のエースとして君臨。主に第1試合に出場。

EAGLEプロ所属の近藤博之とタッグを結成していたが、互いにプロレスデビューが遅かった事から「チーム若作り」というチーム名となる。「チーム若作り」は、一時期大日本の第1試合に欠かせぬ存在になっていた(タイトル戦も第1試合で組まれた)。

晩年は、ハードコア戦線にも参入している。

その熱血ファイトスタイルは、2007年4月と7月に対戦した、新日本プロレス中西学をも驚かせ、高い評価を得た。

2009年4月より、過去に痛めた両膝の治療のため、欠場していたが、8月2日、自身のブログにて膝の負傷にあわせ、以前より右目視神経を負傷していたことを告白し、会見にてレスラーを廃業することが発表された。[1]「引退」ではなく「廃業」とした理由は、タイトルを1つも獲得していなかった為と説明する。

8月28日後楽園大会、引退セレモニーを行い、正式に引退した。その後はイベントで訪れていた横浜のスーパー銭湯おふろの国に入社し、10月から自身の新ブログを開設、11月3日横浜にぎわい座大会において宣伝をするなど、大日本との関わりを現在も保っている。

人物[編集]

  • 関西系のトークと、熱血漢のキャラクター。
  • 横浜のスーパー銭湯おふろの国や、六角橋商店街などでのイベントに、アブドーラ小林らと参加している。
  • おふろの国でのプロレスイベントでは、おふろマナー覆面紙芝居やオフロキャップ(ロボ)と戦い、子供達からの高い支持を得ている。
  • インターネットラジオオフロナイトニッポンではパーソナリティーを勤めている。

得意技[編集]

  • 若作りバスター
  • タイガースープレックス

入場テーマ曲[編集]

外部リンク[編集]