京都府立体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都府立体育館
(島津アリーナ京都)
Kyoto Prefectural Gymnasium
(Shimadzu Arena KYOTO)
Kyoto Prefectural Gymnasium 2013-08B.JPG
施設情報
用途 屋内スポーツ
建築主 京都府
事業主体 京都府
構造形式 鉄骨・鉄筋コンクリート造
竣工 1971年10月10日
所在地 603-8334
京都市北区大将軍鷹司町
位置 北緯35度1分22.325秒
東経135度43分42.946秒

京都府立体育館(きょうとふりつ たいいくかん)は、京都府京都市北区にある体育館である。2013年11月より同市に本社を置く精密機器メーカーの島津製作所命名権を取得し、「島津アリーナ京都」の呼称を用いている(詳細は後述)。

施設概要[編集]

アリーナ部

1971年10月10日体育の日)に開館。第1競技場は座席数は最大8,635人。

バレーボールバスケットボールの公式戦などが開催されている。また、プロボクシング世界タイトルマッチやプロレスリングの興行も行われたこともある。

コンサートとしては、1982年3月に、ザ・タイガースの地元凱旋公演が開催された。翌年2月28日には、ジャーニーのワールド・ツアーも行われた。

2009-10シーズンより、バスケ・京都ハンナリーズの準ホームアリーナとしても使用されている。

2012年10月から改修工事を行い、2013年6月1日に完了。これにより国際試合の開催にも対応できるようになり、同年11月にはバレーボールの国際大会であるワールドグランドチャンピオンズカップの男子の試合が開催される。

命名権[編集]

2013年8月12日より9月5日まで当体育館の施設命名権(ネーミングライツ)の募集が行われ[1]、募集の結果島津製作所が優先交渉権者となった[2]。2013年11月1日から2017年3月31日までの3年5ヵ月、年間1750万円で命名権を取得することで京都府と合意した。これにより「島津アリーナ京都」の呼称を使用している[3]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]