サッカーニュージーランド代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーニュージーランド代表
国または地域 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
協会 ニュージーランドフットボール
愛称 All Whites
監督 イングランドの旗 アンソニー・ハドソン
最多出場選手 イヴァン・ヴィセリッチ(88試合)
最多得点選手 ヴォーン・コヴェニー(28得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1922年6月17日 オーストラリア
3-1
最大差勝利試合 1981年8月16日 フィジー
13-0
最大差敗戦試合 1936年7月11日 オーストラリア
0-10
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は1982
最高成績 グループリーグ敗退 (2010)
OFCネイションズカップ
出場回数 10回
最高成績 優勝 (1973, 1998, 2002, 2008)

サッカーニュージーランド代表(New Zealand national soccer team)は、ニュージーランドフットボールによって編成されるサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都ウェリントンにあるウェストパック・スタジアム

概要[編集]

上下白のユニフォームのカラーからオールホワイツAll Whites)というニックネームで知られている。これは1982 FIFAワールドカップに出場した際に公募で付けられたもので、「オールホワイツ」という名はラグビーニュージーランド代表の愛称・オールブラックスに因んだものである。なお、大会ではスコットランドソビエト連邦ブラジルに3連敗を喫しグループ最下位で敗退している。

ニュージーランドではラグビークリケットの人気が圧倒的に高く、優秀な人材も殆どそちらへ流れるためサッカーはさほど盛んではない。代表メンバーも大半がアマチュアもしくはセミプロである。それでも長年に亘り大きな壁だったオーストラリアOFCを脱退した今、オセアニア地区では強豪国としての地位にある。

2010 FIFAワールドカップ予選の大陸間プレーオフにおいてバーレーンに勝利し、28年ぶりの本大会出場を決めた。本大会ではグループリーグ3位で決勝トーナメント進出はならなかったものの、スロバキアイタリアパラグアイ相手に3引き分けで出場32ヶ国中唯一の無敗と前評判を大きく上回る結果を残した[1]

2014 FIFAワールドカップ・大陸間プレーオフメキシコに敗れ、2大会連続の本大会出場はならなかった。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

  • 1930 - 不参加
  • 1934 - 不参加
  • 1938 - 不参加
  • 1950 - 不参加
  • 1954 - 不参加
  • 1958 - 不参加
  • 1962 - 不参加
  • 1966 - 不参加
  • 1970 - 予選敗退
  • 1974 - 予選敗退
  • 1978 - 予選敗退
  • 1982 - グループリーグ敗退(4位)
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 予選敗退
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - グループリーグ敗退(3位)
  • 2014 - 予選敗退

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

(出場した大会のみ表記)

  • 1999 - グループリーグ敗退
  • 2003 - グループリーグ敗退
  • 2009 - グループリーグ敗退

OFCネイションズカップ[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK
DF
MF
FW

脚注[編集]

  1. ^ 同大会で優勝したスペインはグループリーグ初戦でスイスに敗れている。

外部リンク[編集]