FIFAコンフェデレーションズカップ2017

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FIFAコンフェデレーションズカップ2017
大会概要
開催国 ロシアの旗 ロシア
日程 2017年6月17日 - 7月2日
チーム数 (6連盟)
開催地数 (4都市)
 < 20132021

FIFAコンフェデレーションズカップ2017: FIFA Confederations Cup 2017)は、2017年6月17日から7月2日まで、FIFAワールドカップ・ロシア大会のプレ大会としてロシアで行われる第10回目のFIFAコンフェデレーションズカップである[1]

出場国[編集]

出場国 大陸連盟 参加資格 出場決定日 出場回数
ロシアの旗 ロシア UEFA 2018 FIFAワールドカップ 開催国 2010年12月2日 初出場
 ドイツ UEFA 2014 FIFAワールドカップ優勝 2014年7月13日 3大会ぶり3度目
 オーストラリア AFC AFCアジアカップ2015優勝 2015年1月31日 3大会ぶり4度目
 チリ CONMEBOL コパ・アメリカ2015優勝 2015年7月4日 初出場
TBD CONCACAF  アメリカ合衆国 メキシコとのプレーオフ勝者1 2015年10月9日 TBD
TBD UEFA UEFA EURO 2016優勝2 2016年7月10日 TBD
TBD OFC OFCネイションズカップ2016優勝 2016年6月12日 TBD
TBD CAF アフリカネイションズカップ2017優勝 2017年1月 TBD
CONCACAF代表プレーオフ1

2015年10月9日[2]
TBD
アメリカ合衆国  v  メキシコ ローズボウル[2], パサデナ

Note:
^1アメリカは2013年大会優勝であり、アメリカが2015年大会も優勝した場合はプレーオフは行われない。
^2ロシアもしくはドイツがUEFA EURO 2016で優勝した場合、同大会の準優勝チーム、もしくは総合3位のチームが出場する。

競技会場[編集]

FIFAとロシアワールドカップ組織委員会により、以下の4都市で開催が提案された[3] 。その後、2012年12月14日のFIFA理事会でサンクトペテルブルク・ソチ・カザン・モスクワ(スパルタク・スタジアム)のすべて新築の4会場で開催することを決定した[4]

サンクトペテルブルク モスクワ カザン ソチ
ゼニト・アリーナ スパルタク・スタジアム カザン・アリーナ オリンピックスタジアム
収容客数: 66,881人
(新設)
収容客数: 44,829人
(新設)
収容客数: 45,015人
(新設)
収容客数: 47,659人
(新設)
Zenit stadium (December 2014).jpg Spartak stadium (Otkrytiye Arena), 23 August 2014.JPG RubinKazanNewStadium.png Стадион Фишт.JPG

出典[編集]

  1. ^ Blatter makes Russia visit”. 国際サッカー連盟 (2011年1月23日). 2011年8月1日閲覧。 “During an official ceremony on Sunday 23 January in St. Petersburg which was attended by many media representatives, Blatter, together with Vitaly Mutko, (中略) formally confirming the status of Russia as the hosts of the 2018 FIFA World Cup™ and the 2017 FIFA Confederations Cup.”
  2. ^ a b Playoff match for the FIFA Confederations Cup 2017 to be played between USA and Mexico on Oct. 9 at the Rose Bowl”. CONCACAF.com (2015年7月26日). 2015年7月29日閲覧。
  3. ^ Mutko to chair 2018 World Cup organising committee”. football.uk.reuters.com (2011年4月27日). 2011年7月21日閲覧。
  4. ^ 18年W杯 開幕戦と決勝はルジニキ-日刊スポーツ2012年12月15日

外部リンク[編集]