コンテンツにスキップ

マウリシオ・イスラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マウリシオ・イスラ
マウリシオ・イスラ
名前
本名 マウリシオ・アニバル・イスラ・イスラ
Mauricio Aníbal Isla Isla
愛称 ウアッソ
ラテン文字 Mauricio ISLA
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1988-06-12) 1988年6月12日(36歳)
出身地 ブイン
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
ポジション MF (CH) / DF (SB)
背番号 44
利き足 右足
ユース
1999-2007 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012 イタリアの旗 ウディネーゼ 127 (6)
2012-2016 イタリアの旗 ユヴェントス 30 (0)
2014-2015 イングランドの旗 QPR (loan) 26 (0)
2015-2016 フランスの旗 マルセイユ (loan) 23 (2)
2016-2017 イタリアの旗 カリアリ 34 (1)
2017-2020 トルコの旗 フェネルバフチェ 49 (0)
2020-2022 ブラジルの旗 フラメンゴ 50 (3)
2022- チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ 11 (0)
代表歴2
2008- チリの旗 チリ 136 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年11月4日現在。
2. 2022年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マウリシオ・アニバル・イスラ・イスラMauricio Aníbal Isla Isla, 1988年6月12日 - )は、チリブイン出身のサッカー選手。ポジションはMFDFウニベルシダ・カトリカ所属。サッカーチリ代表。複数のポジションをこなすユーティリティープレーヤーであり、中盤のみならずウイング、サイドバックもこなす。

経歴

[編集]

チリのウニベルシダ・カトリカのユース出身。2007年よりイタリアウディネーゼ・カルチョに所属。ウディネーゼでは2010-11シーズンの4位、2011-12シーズンの3位とCL出場権に入る好成績に貢献した。

2011-12シーズン後、同僚のクワドォー・アサモアとともにユヴェントスFCに移籍決定。しかし、2011-12シーズンに負った負傷の影響から不振で、リーグ戦は11試合の出場に終わった。

2014年8月6日、出場機会を求めてクイーンズ・パーク・レンジャーズFCへレンタル移籍[1]

2015年8月31日、ユヴェントスからパオロ・デ・チェリエと共にオリンピック・マルセイユへ買取オプション付きのレンタル移籍[2]。23試合に出場し2得点を挙げる活躍を見せたが、クラブの財政的な理由により買取オプションは行使されなかった[3]

2016年8月11日、カリアリ・カルチョへ3年契約で完全移籍を果たした[4]。移籍金は400万ユーロ。

2017年7月21日、フェネルバフチェSKへ3年契約で移籍した[5]

2020年8月19日、CRフラメンゴへ2年半契約で移籍した[6]

代表歴

[編集]

2007 FIFA U-20ワールドカップではチリ代表のキャプテンを務め、アレクシス・サンチェスらと共にチームを同大会3位に導いた。2007年9月には新たに監督に就任したマルセロ・ビエルサによりA代表にも招集され、スイスとの親善試合で初出場を果たした。2010 FIFAワールドカップでは右サイドバックのレギュラーとして全4試合に先発出場し、チリのベスト16入りに貢献した。2010年9月7日のウクライナとの親善試合で代表初得点を記録。

タイトル

[編集]

クラブ

[編集]
ユヴェントスFC
CRフラメンゴ

代表

[編集]
チリ代表

脚注・出典

[編集]
  1. ^ QPR、イスラ獲得を正式発表 - Goal.com 2014年8月7日
  2. ^ ユーヴェのイスラとデ・チェリエ、マルセイユへのレンタル移籍決定 - サッカーキング 2015年9月1日
  3. ^ チリ代表DFイスラ、ユーヴェ復帰へ…マルセイユが買取条項行使せず - サッカーキング 2016年3月26日
  4. ^ ユーヴェ、チリ代表イスラがカリアリに完全移籍 - Goal.com 2016年8月11日
  5. ^ MAURICIO ISLA FENERBAHÇE'DE” (トルコ語). Fenerbahce.org (2017年7月21日). 2022年12月15日閲覧。
  6. ^ Flamengo announce Mauricio Isla signing”. onefootball.com Calcio (2020年8月19日). 2022年12月15日閲覧。

外部リンク

[編集]