オリベ・ペラルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペラルタ第二姓(母方の)はモロネスです。
オリベ・ペラルタ Football pictogram.svg
Oribe Peralta 2014.jpg
2014年のペラルタ
名前
本名 オリベ・ペラルタ・モロネス
Oribe Peralta Morones
ラテン文字 Oribe PERALTA
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1984-01-12) 1984年1月12日(32歳)
出身地 コアウイラ州の旗 コアウイラ州トレオン
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 クラブ・アメリカ
ポジション FW (CF)
背番号 24
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003 メキシコの旗 モレリア 2 (1)
2003-2004 メキシコの旗 レオン 33 (10)
2004-2006 メキシコの旗 モンテレイ 64 (11)
2005 メキシコの旗 グアダラハラ 0 (0)
2006-2014 メキシコの旗 サントス・ラグナ 225 (85)
2008-2009 メキシコの旗 チアパス (loan) 35 (12)
2014- メキシコの旗 アメリカ 80 (35)
代表歴2
2005- メキシコの旗 メキシコ 53 (24)
2011-2016 メキシコの旗 メキシコ オリンピック 16 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月23日現在。
2. 2016年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オリベ・ペラルタ・モロネスOribe Peralta Morones1984年1月12日 - )は、メキシコトレオン出身のサッカー選手リーガMXクラブ・アメリカ所属。メキシコ代表である。ポジションはフォワード (センターフォワード)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

3部のアラクラネス・デ・ドゥランゴ所属時にCDグアダラハラオスカル・ルジェリ監督やモナルカス・モレリアのスカウトの目に留まり、2ヶ月のテスト期間を経て最終的にルーベン・オマル・ロマノ監督が率いるモレリアに入団した[1]。2003クラウスーラのアメリカ戦の87分にマリオ・ルイスと交代出場しデビューは果たしたが、出場機会に恵まれず2部のクラブ・レオンへ移籍した。ペラルタはここで10得点を挙げ、チームはリーグ戦で優勝。しかし、プレーオフではドラドス・デ・シナロアに敗退した[2]

2004年CFモンテレイへ移籍。加入2試合目となったクルス・アスル戦では70分にアレクサンドロ・フェルナンデスとの交代で出場、80分に決めたヘディングシュートが1部での初得点となった。2005年はCONCACAFチャンピオンズカップコパ・リベルタドーレスといった大陸選手権大会に出場する機会を与えられたが[1]、国内リーグ戦は途中出場することも少なくなかった。先発メンバーに定着したのはサントスに移籍してからのことである。2008年クリスティアン・ベニテスマティアス・ブオソとのレギュラー争いが激しくベンチを温め続けたが、ハグアレスレンタルに出されることで再び出場機会を得た。2011年にライバルのクリスティアン・ベニテスクラブ・アメリカへ移籍。以降はセンターフォワードとして固定起用され、ゴールを量産し続けている。

2014年5月13日クラブ・アメリカへの移籍がクラブの公式ホームページ上で発表された[3]

代表[編集]

2005年3月9日アルゼンチン戦で初出場を果たした。その後もリカルド・ラ・ボルペ監督から招集を受け、2006 FIFAワールドカップの予備登録メンバーに選ばれたが、最終メンバーに残ることは出来なかった[4]2011年8月11日アメリカ戦でアンドレス・グアルダードクロスに合わせて初得点を挙げた[5]。同年のパンアメリカン大会には全試合出場し、コスタリカ戦のハットトリックを含む6得点を挙げ得点王に輝いた。ロンドンオリンピックに出場するU-23メキシコ代表にオーバーエイジ枠として選ばれ、決勝で2得点を挙げるなど活躍。チームの優勝に貢献した。メキシコは2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選で4位となり、ニュージーランドとの大陸間プレーオフに臨んだ。この2試合でペラルタはアウェイでのハットトリックを含む5得点を叩き出し、ブラジル本大会出場の原動力となった。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

メキシコの旗 クラブ・レオン
メキシコの旗 サントス・ラグナ
メキシコの旗 クラブ・アメリカ

代表[編集]

U-23メキシコ代表[編集]

メキシコ代表[編集]

個人[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

[2] [6] [7]

所属クラブ シーズン リーグ カップ1 国際大会2 Total
出場 ゴール 出場 ゴール 出場 ゴール 出場 ゴール
モレリア 2003 2 0 0 0 0 0 2 0
Total 2 0 0 0 0 0 2 0
レオン 2003–04 33 10 0 0 0 0 33 10
Total 33 10 0 0 0 0 33 10
モンテレイ 2004–05 40 9 0 0 3 0 43 9
2005–06 24 2 0 0 0 0 24 2
Total 64 11 0 0 3 0 67 11
グアダラハラ 2005 0 0 0 0 4 0 4 0
Total 0 0 0 0 4 0 4 0
サントス・ラグナ 2006–07 35 4 0 0 0 0 35 4
2007–08 29 4 0 0 0 0 29 4
2008 10 0 0 0 6 2 16 2
Total 74 8 0 0 6 2 80 10
ハグアレス 2009 35 12 0 0 0 0 35 12
Total 35 12 0 0 0 0 35 12
サントス・ラグナ 2010 22 9 1 0 0 0 23 9
2010-11 31 5 0 0 9 3 40 8
2011–12 40 28 0 0 8 7 48 35
2012–13 23 13 0 0 8 0 31 13
2013–14 35 19 2 0 7 3 44 22
Total 151 74 3 0 32 13 186 87

1 コパ・メヒコインテルリーガ

2 CONCACAFチャンピオンズリーグコパ・リベルタドーレス

代表での出場記録[編集]

代表国 出場 得点
 メキシコ 2005 2 0
2011 6 1
2012 6 3
2013 10 11
2014 13 2
2015 10 5
2016 6 2
通算 53 24

代表での得点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Nace un nuevo héroe mexicanot” (スペイン語). sipse.com (2013年11月22日). 2013年11月23日閲覧。
  2. ^ a b Oribe Peralta Morones” (スペイン語). Televisa Deportes. 2013年11月23日閲覧。
  3. ^ #OribeEsÁguila” (スペイン語). Club América (2014年5月13日). 2014年5月20日閲覧。
  4. ^ Reséndiz, Mac (2010年3月26日). “Oribe Peralta sueña con el Mundial” [Oribe Peralta's World Cup dream] (スペイン語). ESPN Deportes. 2013年11月23日閲覧。
  5. ^ U.S. Men's National Team Draws Mexico 1-1 in Jurgen Klinsmann's Debut”. アメリカ合衆国サッカー連盟 (2011年8月10日). 2013年11月23日閲覧。
  6. ^ “Liga Campeones 2010/2011” (スペイン語). 北中米カリブ海サッカー連盟. http://concacaf.globalsportsmedia.com/page.php?sport=soccer&language_id=es&page=tournament&view=player&people_id=15234&season_id=5118 2013年11月24日閲覧。 
  7. ^ “ORIBE PERALTA” (スペイン語). Medio Tiempo. http://www.mediotiempo.com/jugador/oribe-peralta&todos=1 2013年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]