アンドレス・グアルダード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグアルダード第二姓(母方の)はエルナンデスです。
アンドレス・グアルダード Football pictogram.svg
Zenit-PSV (1).jpg
名前
本名 José Andrés Guardado Hernández
ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス
ラテン文字 Andrés GUARDADO
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-09-28) 1986年9月28日(30歳)
出身地 ハリスコ州の旗ハリスコ州グアダラハラ
身長 169cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 PSVアイントホーフェン
ポジション MF / DF
背番号 18
利き足 左足
ユース
1993-2005 メキシコの旗 アトラス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007 メキシコの旗 アトラス 64 (6)
2007-2012 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 137 (23)
2012-2015 スペインの旗 バレンシア 48 (1)
2014 ドイツの旗 レヴァークーゼン (loan) 4 (0)
2014-2015 オランダの旗 PSV (loan) 28 (1)
2015- オランダの旗 PSV 25 (1)
代表歴2
2005- メキシコの旗 メキシコ 128 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月28日現在。
2. 2016年5月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス(José Andrés Guardado Hernández, 1986年9月28日 - )は、メキシコグアダラハラ出身のサッカー選手PSVアイントホーフェンに所属する。メキシコ代表である。ポジションはミッドフィールダー(左ウイング)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

CFアトラス[編集]

7歳の時にCFアトラスの下部組織に加わり、2005年8月のCFパチューカ戦(3-2)でプリメーラ・ディビシオンデビューした。CFアトラスでは2シーズンプレーし、2006年夏にはスペインのレアル・マドリード[1]やイタリア・セリエAの数クラブからの関心が伝えられた[2]

デポルティーボ・ラ・コルーニャ[編集]

デポルティーボ・ラ・コルーニャでプレーするグアルダード (2008)

2007年7月、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャが移籍金700万ユーロで保有権の75%を獲得するオファーを出し、グアルダードの移籍を素早く取りまとめた。この金額はメキシコ人選手に支払われた移籍金としては史上最高額となった[3]。2007年7月24日、スペインのデポルティーボ・ラ・コルーニャと正式に契約して背番号18を受け取った。8月26日のUDアルメリア戦(0-3)でリーガ・エスパニョーラデビューし[4]、2007-08シーズンは26試合に出場して5得点を挙げた。クラブは9位でシーズンを終え、UEFAインタートトカップ出場権を得た。UEFAインタートトカップ優勝により出場した2008-09シーズンのUEFAカップでは、グループリーグのフェイエノールト戦(3-0)で得点した[5]ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督はグアルダードがデポルティーボの鍵となる選手だと発言し、彼の才能と優れた人間性に敬服した[6]。ロティーナ監督はグアルダードをレギュラーに固定し、数々のアシストやチャンスの創出で期待に応えたが、負傷でチームを離脱することも多かった[7][8][9]。2010-11シーズンはわずか20試合の出場に終わり、クラブは20年ぶりのセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。 降格に伴い移籍かと思われたが残留。2011-12シーズンの昇格に貢献した。

バレンシアCF[編集]

2011-12シーズン終了後、フリーでバレンシアCFに移籍した。契約は4年間。

バイエル・レヴァークーゼン[編集]

2014年1月30日、ドイツのバイエル・レヴァークーゼンにレンタル移籍した。契約には完全移籍のオプションも付いている[10]

PSVアイントホーフェン[編集]

2014年8月26日、PSVアイントホーフェンにレンタル移籍した[11]

2015年3月27日、PSVに完全移籍した[12]

代表[編集]

2005年12月14日、ハンガリー代表との親善試合に途中出場してメキシコ代表デビューした。CFアトラスでデビューを飾ってからわずか4ヶ月後のことだった。CFアトラスでの活躍が絶頂の2006年にはドイツで開催された2006 FIFAワールドカップに出場した。グループリーグでは出場機会がなく、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン代表戦が初出場となったが、負傷して66分にベンチに退き、試合にも1-2で敗れた。契約が満了したリカルド・ラボルペ監督は大会終了後に退任し、ウーゴ・サンチェス監督が就任したが、サンチェス監督も続けてグアルダードを招集した。監督交代後の初出場はアメリカ戦となり、途中出場時はメキシコが優勢だったが、結局0-2で敗れた[13]。2007年2月28日、ベネズエラ戦で代表初得点を挙げた[14]。同年の2007 CONCACAFゴールドカップには代表の主力として臨み、メキシコの全試合に出場した。決勝のアメリカ戦(1-2)では右サイドからのグランダーのパスに反応して先制点を挙げた。この試合の後半には空中のボールを競り合ったジョナサン・スペクターと正面から激突して頭部を負傷した。試合の残り時間もプレーしたが、大陸王者を争うライバルに1-2で再び敗れた[15]。CONCACAFゴールドカップ終了直後には南米王者を決めるコパ・アメリカ2007に参加(メキシコは招待国として出場)し、アメリカ戦での負傷の影響でグループリーグ2試合を欠場したが、第3戦のチリで先発復帰して決勝トーナメント進出に貢献。準々決勝のパラグアイ戦でもドリブル突破でチャンスメイクし、6-0という大勝につなげて準決勝進出を果たした。しかし準決勝のアルゼンチン戦ではドリブル突破がフアン・セバスティアン・ベロンなどに阻まれ、自身の持ち味を出せずに0-3で完敗した。3位決定戦のウルグアイ戦では、途中出場ながらチームの3点目となる豪快なミドルシュートを決め、3位に貢献した[16]

2010 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選では、2008年6月21日に行われた2次予選のベリーズ戦セカンドレグ(7-0)、同年9月6日に行われた3次予選のジャマイカ戦(3-0)、2009年9月5日に行われた最終予選のコスタリカ戦(3-0)で得点している。2010年に南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップ本大会にも出場し、グループリーグ初戦の南アフリカ戦(1-1)では途中出場してラファエル・マルケスの同点ゴールをアシストした[17]。2戦目のフランス戦には出場せず、3戦目のウルグアイ戦では3センターハーフの一角として先発出場したもののハーフタイムにベンチに退いた。決勝トーナメント1回戦のアルゼンチンでは左サイドハーフとして先発出場したが、ミドルシュートや直接フリーキックはいずれも枠外に飛び、チームは1-3で敗れてベスト16に終わった。2011年6月12日、2011 CONCACAFゴールドカップコスタリカ戦で2得点した[18]。決勝のアメリカ戦(4-2)でも得点し、北中米カリブ海王者の称号獲得に貢献した[19][20]

2015 CONCACAFゴールドカップでは準々決勝のコスタリカ戦での延長後半アディショナルタイムの決勝ゴール、準決勝パナマ戦の後半アディショナルタイムの同点ゴール、決勝点やジャマイカとの決勝での先制点など6得点を挙げてメキシコの2大会ぶりの優勝に貢献し、自身も大会MVPに選出された。

所属クラブ[編集]

ドイツの旗 バイエル・レヴァークーゼン 2014 (loan)
オランダの旗 PSVアイントホーフェン 2014-2015 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ
オランダの旗 PSVアイントホーフェン

代表[編集]

  • メキシコ代表
CONCACAFゴールドカップ2011, 2015

個人[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2012年7月12日時点
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 通算
出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト 出場 得点 アシスト
デポルティーボ・ラ・コルーニャ 2011–12 33 11 12 0 0 0 0 0 0 33 11 12
2010–11 20 2 2 0 0 0 0 0 0 20 2 2
2009–10 26 3 5 1 1 0 0 0 0 27 4 5
2008–09 29 2 8 1 0 0 6 1 2 36 3 10
2007–08 26 5 5 1 0 0 0 0 0 27 5 5
通算 134 23 32 3 1 0 6 1 2 143 26 35
CFアトラス 2006–07 38 5 5 0 0 0 0 0 0 38 5 5
2005–06 26 1 2 0 0 0 0 0 0 26 1 2
通算 64 6 7 64 6 7
バイエル・レバークーゼン 2013-14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 0 0 0 0 0 0
通算 198 29 39 3 0 0 6 1 2 207 31 41

代表での年別出場試合数[編集]

2015年11月13日時点
代表 出場 得点
 メキシコ 2005 1 0
2006 7 0
2007 20 3
2008 10 3
2009 9 1
2010 15 1
2011 15 5
2012 10 1
2013 12 0
2014 13 1
2015 12 7
2016 4 2
通算 128 24

代表での得点[編集]

スコアと最終結果はメキシコの得点を左に記載してある

脚注[編集]

  1. ^ Interesa Andrés Guardado al Real Madrid Es Más、2006年8月10日 (スペイン語)
  2. ^ Italia, tras Guardado El Universal、2006年6月29日 (スペイン語)
  3. ^ Andres Guardado al Deportivo La Coruña Futblog.net、2007年7月7日 (スペイン語)
  4. ^ Deportivo La Coruña 0-3 Almeria ESPN Soccernet、2007年8月26日
  5. ^ Mexicans abroad: Guardado on a hot streak Goal.com、2008年12月1日
  6. ^ Guardado a reference player in Deportivo Medio Tiempo、2007年7月24日
  7. ^ Mexicans abroad: Guardado's injured Goal.com、2010年4月19日
  8. ^ Mexicanos por el Mundo: Andrés Guardado sufre de otra lesión Goal.com、2010年11月4日 (スペイン語)
  9. ^ Guardado viaja a México para recuperarse de su lesión |Marca、2010年12月23日 (スペイン語)
  10. ^ レバークーゼンがグアルダードを期限付きで獲得 UEFA.com 2014年1月30日
  11. ^ PSV、メキシコ代表MFグアルダードをレンタル移籍で獲得と発表 サッカーキング 2014年8月27日
  12. ^ PSV、バレンシアからグアルダードの完全移籍で合意 Goal 2015年3月28日
  13. ^ USA vs. Mexico: Last Time Out - Feb. 7, 2007 US Soccer、2007年6月23日
  14. ^ México 3 - Venezuela 1: Vistiendo de blanco, El Tri ganó su primer duelo con Hugo al frente Medio Tiempo、2007年2月28日
  15. ^ U.S. continues dominance vs. Mexico in Gold Cup final USA Today、2007年6月25日
  16. ^ Uruguay 1-3 Mexico: Comeback victory ESPN Soccernet、2007年7月14日
  17. ^ South Africa ties Mexico, 1-1, in opening match of 2010 World Cup NJ.com、2010年6月11日
  18. ^ Goals galore for Mexico, El Salvador FIFA.com、2011年6月12日
  19. ^ Mexico claim Gold Cup glory ESPN Soccernet、2011年6月25日
  20. ^ In an early 2-0 hole, Mexico storms back to win the Gold Cup The New York Times、2011年6月26日

外部リンク[編集]