アルフレド・タラベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はタラベラ第二姓(母方の)はディアスです。
アルフレド・タラベラ Football pictogram.svg
2017 Confederation Cup - MEXNZL - Alfredo Talavera.jpg
名前
本名 Alfredo Talavera Díaz
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1982-09-18) 1982年9月18日(36歳)
出身地 ハリスコ州ラ・バルカ
身長 188cm
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 デポルティーボ・トルーカFC
ポジション GK
背番号 1
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2009 メキシコの旗 グアダラハラ 21 (0)
2008-2009 メキシコの旗 ティグレス (loan) 2 (0)
2009- メキシコの旗 トルーカ 262 (1)
代表歴2
2011- メキシコの旗 メキシコ 26 (0)
2016 メキシコの旗 メキシコ 五輪 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月10日現在。
2. 2016年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルフレド・タラベラ・ディアス(Alfredo Talavera Díaz、1982年9月18日 - )は、メキシコハリスコ州ラ・バルカ出身のプロサッカー選手メキシコ代表デポルティーボ・トルーカFC所属。ポジションは、ゴールキーパー

経歴[編集]

代表[編集]

2011年1月、ボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合でメキシコ代表初招集。試合には出場しなかった。2011年3月の親善試合・パラグアイ戦で初キャップ。2011 CONCACAFゴールドカップではホセ・デ・ヘスス・コロナギジェルモ・オチョアに次ぐ第3キーパーであったが、コロナが所属クラブでの乱闘参加により、オチョアがドーピング検査でクレンブテロール陽性反応を示しそれぞれ代表から追放されたため、タラベラに出番が回ってきた。最終的に6試合に出場し、同大会制覇に貢献した。

以降の大会では2014 FIFAワールドカップ[1]等に参加したが、オチョアの牙城を崩せずベンチ暮らしが続いた。2015年10月にフアン・カルロス・オソリオが監督に就任してからはレギュラーに抜擢された。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

トルーカ

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]