ラファエル・マルケス (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・マルケス Football pictogram.svg
RafaelMarquezAlvarez.jpg
名前
本名 ラファエル・マルケス・アルバレス
愛称 カイザー、アステカの皇帝、ラファ
ラテン文字 Rafael MARQUEZ
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
スペインの旗 スペイン
生年月日 1979年2月13日(36歳)
出身地 サモラ
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 エラス・ヴェローナFC
ポジション DF / MF
背番号 4
利き足 右足
ユース
メキシコの旗 アトラス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1999 メキシコの旗 アトラス 77 (6)
1999-2003 モナコの旗 モナコ 87 (5)
2003-2010 スペインの旗 バルセロナ 163 (9)
2010-2012 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ 44 (1)
2013-2014 メキシコの旗 クラブ・レオン 40 (0)
2014- イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 51 (1)
代表歴2
1999 メキシコの旗 メキシコ U-20 4 (2)
1997- メキシコの旗 メキシコ 124 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年8月5日現在。
2. 2014年8月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラファエル・マルケス・アルバレススペイン語: Rafael Márquez Álvarez, 1979年2月13日 - )は、メキシコ・サモラ出身のサッカー選手メキシコ代表である。ポジションはDF(センターバック)、MF(センターハーフ)。

2001年12月にメキシコの女優と結婚し、2人の子どもをもうけたが、2007年初頭に離婚している[1]

クラブ経歴[編集]

CFアトラス[編集]

1996年、17歳の時にCFアトラスでキャリアをスタートさせ、CFアトラスでは77試合に出場した。

ASモナコ[編集]

1999年、移籍金600万ユーロでリーグ・アンASモナコに移籍した。ASモナコのスカウトはチリ代表パブロ・コントレラスの視察にコパ・アメリカに行ったが、その試合でマルケスが印象的な活躍をしたため、2人のディフェンダーのどちらとも契約したのだった。マルケスはすぐに成功を収め、クラブをリーグ制覇に導いた。

FCバルセロナ[編集]

2003年、リーガ・エスパニョーラFCバルセロナに移籍金500万ユーロで移籍した。FCバルセロナではかつてFWオラシオ・カサリン(es:Horacio Casarín)がプレーしており、クラブ史上2人目のメキシコ人選手となった。2003-04シーズンはリーグ戦21試合に出場し、リーグ戦は2位で終えた。2004-05シーズン途中にはティアゴ・モッタエジミウソンジェラール・ロペスなど中盤の底を務めていた選手が相次いで離脱したため、本来のポジションであるセンターバックではなく守備的ミッドフィールダーとして起用された。このシーズンは素晴らしいシーズンとなり、17度目のリーグタイトルを獲得した。レバンテUD戦ではリーグ優勝を決めるサミュエル・エトオの得点をアシストしている。2005-06シーズン終盤には左膝を負傷して1ヶ月の間チームを離脱したが、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝ACミラン戦ファーストレグで復帰した。2006年5月17日に行われたアーセナルFCとの決勝にも出場して2-1で勝利し、メキシコ人として初めて同大会優勝を果たした[2]

2006 FIFAワールドカップ後、マルケスは2010年6月までの延長契約にサインした。2006-07シーズンに負傷したにも関わらず2007年夏には他クラブへの移籍が噂され、クラブでの未来は漠然としたものであった。コパ・アメリカ2007でトップフォームを取り戻し、大会有数のディフェンダーとして3位というまずまずの結果を得た。2007-08シーズンは素晴らしいスタートを切り、キャプテンのカルレス・プジョルの負傷離脱中は新加入のガブリエル・ミリートと強固な信頼関係を築いた。しかし、度重なる怪我によりフォームを崩た後半戦はほとんどチームに貢献できず、チームもビジャレアルCFに追い抜かれてリーグ戦3位に終わった。2008年夏にはアメリカのヒューストンで開催された「フリーキックマスターズ2008」という大会に出場し、ロナウジーニョリオネル・メッシロマーリオら多くの名フリーキッカーを抑えて優勝し、優勝トロフィーと共に賞金100万ドル(約1億円)を獲得した。

2008年夏にロナウジーニョACミランに移籍したことで、フランク・ライカールト前監督が就任時に獲得した選手の最後の生き残りとなったが、ジョゼップ・グアルディオラ新監督はマルケスへの信頼を示した。2008-09シーズンはプジョルとともにセンターバックのファーストチョイスであり、2008年12月13日のレアル・マドリード戦ではFCバルセロナでの公式戦通算200試合出場を達成した。2009年4月28日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝・チェルシーFC戦で左膝を負傷し、チームメイトより一足早くシーズンを終えた[3]。 2008-09シーズンはリーグ、コパ・デル・レイ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成する歴史的なシーズンであったが、マルケスはピッチの外から優勝を喜んだ。2009年夏にはセリエAフィオレンティーナからオファーを受け取ったが[4]、FCバルセロナで選手生活を終えたいと主張して残留した[5]。2009年11月にはクラブとの契約を2012年まで延長した[6]。2010年2月20日、ラシン・サンタンデール戦で復帰後初得点を決めた。7月31日、クラブとの契約を解除してフリーの身になった。FCバルセロナで最も成功を収めた外国人選手のひとりであり、7シーズンの在籍期間中に12個のトロフィーを獲得している。242試合に出場して14得点したが、この試合数は外国人選手としてはクラブ史上8位、非欧州国籍選手としてはクラブ史上最多の記録だった[7]

ニューヨーク・レッドブルズ[編集]

2010年8月2日MLSニューヨーク・レッドブルズと3年契約を結んだ[8]。マルケスはクラブにとって3人目の特別指定選手(Designated Player)であり、8月3日にティエリ・アンリとともにレッドブル・アリーナでお披露目が行われた。8月8日のシカゴ・ファイアー戦でMLSデビューを飾り、8月21日のトロントFC戦で初得点を決めた。10月21日にニューイングランド・レボリューションに勝利してイースタン・カンファレンス優勝を決めた[9]

代表経歴[編集]

1999年にはナイジェリアで行われたFIFAワールドユース選手権に出場し、グループリーグのU-20オーストラリア戦とU-20アイルランド戦で得点を挙げた。決勝トーナメントではルシアーノ・ガジェッティらを擁するU-20アルゼンチン代表に勝利したが、累積警告のために準々決勝のU-20日本代表戦には出場できず、チームも敗れた。

1997年2月5日エクアドル戦でメキシコA代表デビューした。1998年の1998 FIFAワールドカップには招集されなかったが、同年のCONCACAFゴールドカップと1999年のFIFAコンフェデレーションズカップ1999では優勝を勝ち取った。

日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップでは23歳だったにもかかわらずハビエル・アギーレ監督からキャプテンを任され、メキシコ代表の4試合すべてに先発出場した。グループリーグでは力強いプレーを見せたが、アメリカとの決勝トーナメント1回戦ではレッドカードを受けて退場し、0-2で敗れてベスト16に終わった。

2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選では必要不可欠な選手であり、リカルド・ラボルペ(en:Ricardo La Volpe)監督に選出されて本大会にも出場した。グループリーグ3試合すべてに出場し、決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦では1-2で敗れたもののメキシコ唯一の得点を決めた。

2010 FIFAワールドカップでもキャプテンを務め、開催国の南アフリカ戦では79分に得点を決め、2-1で勝利したフランス戦ではハビエル・エルナンデスの先制点をアシストした。

2014 FIFAワールドカップのメンバーにも選出され、キャプテンとして4度目のワールドカップ出場を果たした。グループリーグ第3戦のクロアチア戦では自身3大会連続ゴールとなる先制点を挙げ、さらにエルナンデスのゴールをアシスト。大会選定のマンオブザマッチに選定される活躍で、メキシコの6大会連続の16強入りに貢献した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

モナコの旗 ASモナコ
スペインの旗 FCバルセロナ
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ
  • MLSイースタン・カンファレンス:1回 (2010)

代表[編集]

メキシコの旗 メキシコ代表

個人[編集]

  • リーグ・アン最優秀DF賞:1回 (2000)
  • 北米最優秀選手:1回 (2005)
  • IFFHS 世界で最も人気のある選手:第3位 (2006)
  • フリーキックマスターズ:1回 (2008)

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2010年4月25日時点[10]
クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
メキシコ リーグ カップ 北中米カリブ海 通算
1996-97 CFアトラス プリメーラ 24 2 24 2
1997-98 20 1 20 1
1998-99 33 3 33 3
MON リーグ カップ 国際大会 通算
1999-00 ASモナコ リーグ・アン 23 3 2 0 6 0 31 3
2000-01 15 1 0 0 4 0 19 1
2001-02 19 0 3 0 22 0
2002-03 30 1 0 0 30 1
スペイン リーグ 国王杯 ヨーロッパ 通算
2003-04 FCバルセロナ ラ・リーガ 22 1 6 0 3 0 31 1
2004-05 34 3 1 0 6 0 41 3
2005-06 25 0 4 1 8 0 37 1
2006-07 21 1 7 0 7 0 35 1
2007-08 23 2 5 0 8 0 36 2
2008-09 23 1 4 1 10 1 37 3
2009-10 15 1 3 0 5 0 23 1
アメリカ リーグ USオープン杯 北中米カリブ海 通算
2010 ニューヨーク・レッドブルズ MLS 10 1 0 0 0 0 10 1
2011
2012
通算 メキシコ 77 6 77 6
フランス 87 5 5 0 10 0 102 5
スペイン 163 9 30 2 47 1 240 12
アメリカ 10 1 0 0 0 0 10 1
総通算 337 21 35 2 57 1 429 24

代表での出場記録[編集]

2008年2月8日時点[11]
代表での年別出場試合数
チーム 試合 時間 得点 警告 退場
メキシコの旗 メキシコ代表 1997 1 29
1999 13 1177 1 2
2000 10 902 2 1
2001 12 1020 5 1
2002 7 557 1 1
2003 7 299 1 1
2004 8 676 1 3
2005 11 710 1 3 1
2006 6 554 1 2
2007 10 810 1 2
2008 6 540 1 2
2009 2 155 2 1
2010 6 496 1
通算 93 7925 11 23 4

代表での得点[編集]

 #  日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1. 1999年2月5日 香港の旗 湾仔  エジプト 1 – 0 3 – 0 カールスバーグ・カップ
2. 2000年2月13日 アメリカ合衆国の旗 サン・ディエゴ  トリニダード・トバゴ 1 – 0 4 – 0 2000 CONCACAFゴールドカップ
3. 2000年9月3日 メキシコの旗 メキシコシティ  パナマ 5 – 1 7 – 1 2002 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選
4. 2002年5月12日  コロンビア 2 – 1 2 – 1 親善試合
5. 2003年7月24日  コスタリカ 1 – 0 2 – 0 2003 CONCACAFゴールドカップ
6. 2004年6月19日 アメリカ合衆国の旗 サン・アントニオ  ドミニカ国 0 – 3 0 – 10 2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選
7. 2005年9月7日 メキシコの旗 メキシコシティ  パナマ 2 – 0 5 – 0 2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選
8. 2006年6月24日 ドイツの旗 ライプツィヒ  アルゼンチン 0 – 1 2 – 1 (延長) 2006 FIFAワールドカップ
9. 2007年3月28日 アメリカ合衆国の旗 オークランド  エクアドル 2 – 2 4 – 2 親善試合
10. 2008年8月10日 メキシコの旗 トゥストラ・グティエレス  カナダ 2 – 0 2 – 1 2010 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選
11. 2010年6月11日 南アフリカ共和国の旗 ヨハネスブルク  南アフリカ共和国 1 – 1 1 – 1 2010 FIFAワールドカップ
12. 2011年6月12日 アメリカ合衆国の旗 シカゴ  コスタリカ 1 – 0 4 – 1 2011 CONCACAFゴールドカップ
* 2013年10月30日 アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ  フィンランド 1 – 0 4 – 2 非公式試合
13. 2013年11月13日 メキシコの旗 メキシコシティ  ニュージーランド 5 – 0 5 – 1 2014 FIFAワールドカップ・大陸間プレーオフ
14. 2014年4月2日 アメリカ合衆国の旗 グレンデール  アメリカ合衆国 2 – 1 2 – 2 親善試合
15. 2014年6月23日 ブラジルの旗 レシフェ  クロアチア 0 – 1 1 – 3 2014 FIFAワールドカップ

脚注[編集]

  1. ^ Adriana Lavat y Rafa Márquez firman divorcio por separado/
  2. ^ ウーゴ・サンチェスはレアル・マドリード時代に優勝を果たせなかった。
  3. ^ Crawford, Stephen (2009年4月28日). “Barcelona Defender Rafael Marquez Out For The Season”. Goal.com. 2009年7月27日閲覧。 “Barcelona centre-back Rafael Marquez has been ruled out for the rest of the season after suffering a knee injury in Tuesday night's Champions League clash with Chelsea.”
  4. ^ Bueno, bonito y barato ” (Spanish ). Fox Sports en Español  (2009年6月14日). 2009年7月27日閲覧。 “Florentina ha mostrado su interés formal en el mexicano Rafael Márquez..." ["Florentina have formally demonstrated their interest in the Mexican Rafael Márquez...]”
  5. ^ Marquez nears Barça return”. FIFA.com (2009年7月26日). 2009年7月27日閲覧。 “It would be my wish to retire at Barca. I'm very calm with regards the contract renewal. I know that we will arrive at an agreement, so it's only a question of time.”
  6. ^ Marquez signs new Barca deal”. Ontheminute.com (2009年12月1日). 2009年12月1日閲覧。
  7. ^ Adeu al viute estranger amb mes partits”. FCバルセロナ公式サイト (2010年8月1日). 2010年10月11日閲覧。
  8. ^ New York Red Bulls Sign Rafael MarquezWorld Soccer Reader.com、2010年8月2日
  9. ^ Red Bulls beat Revs, clinch Eastern ConferenceMLS Soccer.com、2010年10月21日
  10. ^ Soccernet player statistics
  11. ^ FMF player statistics

外部リンク[編集]