トロントFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トロントFC
原語表記 Toronto FC
愛称 TFC, The Reds
クラブカラー     赤(レッド)
創設年 2006年
所属リーグ メジャーリーグサッカー
所属ディビジョン イースタン・カンファレンス
ホームタウン トロント
ホームスタジアム Bmo Field 2016 East Stand.jpgBMOフィールド
収容人数 30,991[1][2]
代表者 アメリカ合衆国の旗 Tim Bezbatchenko
監督 アメリカ合衆国の旗 グレッグ・ヴァニー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

トロント・フットボール・クラブ英語: Toronto Football Club)は、カナダトロントをホームタウンとする、アメリカ合衆国およびカナダのプロサッカーリーグ(メジャーリーグサッカー)に加盟するプロサッカークラブ。2006年に発足。2007年よりメジャーリーグサッカーに新規参入。アメリカ国外のチームとして初めての参入となった。

チーム最初の公式戦は、2007年4月7日にロサンゼルスホーム・デポ・センターで開催されたクラブ・デポルティボ・チーヴァス・USA戦であり、結果は0-2で負けている。BMOフィールドでの初のホームゲームは、2007年4月28日に行われたカンザスシティ・ウィザーズ戦で、試合は0-1で敗北した。

歴史[編集]

2006年5月11日、オーナーであるメープルリーフ・スポーツ&エンタテーメント社(MLSE)によってクラブ名が公式に発表された。トロントFCの「FC」は「Football Club」を意味する[3]

2016年 -初のMLSカップ進出-[編集]

2016年は東カンファレンスを3位で終え、2年連続のプレーオフ進出を決めた。プレーオフ初戦でフィラデルフィアを3-1でくだし、プレーオフ初勝利をあげると、準決勝と決勝でニューヨークシティとモントリオールを7-0, 7-5 (2試合の合計点) で破り初めてのMLSカップファイナル進出を決めた。ファイナルではホームでシアトルと対戦し、0-0(PK5-4) で敗れ、初優勝を逃した。

2017年 -歴代記録更新、そして初優勝-[編集]

2017年は、6連勝と11試合無敗などで、シーズン途中でカンファレンス首位になった。第32節のニューヨークレッドブル戦で4-2で勝利し、シーズン最多勝ち点が確定、サポーターズシールドを獲得した。次節のモントリオール戦で1-0で勝利し、歴代最多勝ち点の68に並んだ。最終節のアトランタユナイテッドFC戦で2-2で引き分け、勝ち点1を獲得した。これによって、メジャーリーグサッカー史上最多勝ち点となる69となった。 3年連続となったプレーオフでは、カンファレンス準決勝からの試合となった。ニューヨークレッドブル戦では第一戦は2-1で勝利したが、第2戦は0-1で敗れた。二戦合計で2-2となりアウェーゴールで決勝進出を決めた。決勝ではコロンバスクルーを1勝1分けの1-0で破り2年連続のMLSカップ進出を決めた。相手は2年連続のシアトルソンダーズとなったが、2-0で勝ち、初優勝を決めた。

ホームスタジアム[編集]

トロントFCの公式戦を祝うファン

トロントFCがホームスタジアムとするBMOフィールドトロントエキシビション・プレイス内にあり、この新スタジアムは2007年、シーズン公式戦が始まる前に完成した。スタジアムはトロント市が所有、MLSEが運営している。2007年に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップの公式スタジアムとしても建設され、メイン会場として使われた。スタジアムの収容人数は2万500人でカナダ国内のサッカー専用スタジアムでは最大規模。

2006年9月20日、MLSのWebサイトにて、BMOフィナンシャル・グループ(モントリオール銀行)がスタジアムの命名権を買い取ったことが公式に発表された。

獲得タイトル[編集]

  • MLS:1回
    • 2017

過去の成績[編集]

ディビジョン ポジション プレーオフ カナディアン
チャンピオンシップ
レギュラー 全体
2007 30 6 17 7 25 49 25 東7位 13位 -
2008 30 9 13 8 34 43 35 東7位 12位 - 準優勝
2009 30 10 11 9 37 46 39 東5位 12位 - 優勝
2010 30 9 13 8 33 41 35 東5位 11位 - 優勝
2011 34 6 13 15 36 59 33 東8位 16位 - 優勝
2012 34 5 21 8 36 62 23 東10位 19位 - 優勝
2013 34 6 17 11 30 47 29 東9位 17位 - 準決勝敗退
2014 34 11 15 8 44 54 41 東7位 13位 - 準優勝
2015 34 15 15 4 58 58 49 東6位 12位 ノックアウトラウンド 準決勝敗退
2016 34 14 9 11 51 39 53 東3位 5位 準優勝 優勝
2017 34 20 5 9 74 37 69 東1位 1位 優勝 優勝
2018 34 10 18 6 59 64 36 東9位 19位 - 優勝
2019 東位

平均観客動員[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ
2007 20,134人 -
2008 20,108人 -
2009 20,344人 -
2010 20,453人 -
2011 20,267人 -
2012 18,681人 -
2013 18,131人 -
2014 22,086人 -
2015 23,451人
2016 26,583人
2017 27,647人
2018 26,628人 -
2019

現所属メンバー[編集]

2019年3月24日現在
No. Pos. 選手名
2 アメリカ合衆国の旗 DF ジャスティン・モロー
3 アメリカ合衆国の旗 DF ドリュー・ムーア
4 アメリカ合衆国の旗 MF マイケル・ブラッドリー
5 カナダの旗 DF アシュトン・モーガン
7 カナダの旗 FW ジョーダン・ハミルトン
8 アメリカ合衆国の旗 MF マーキー・デルガド
10 スペインの旗 MF アレハンドロ・ポスエロ
11 スペインの旗 FW ホン・バケーロ
14 カナダの旗 MF ジェイ・チャップマン
15 アメリカ合衆国の旗 DF エリック・サバレタ
16 アメリカ合衆国の旗 GK クエンティン・ウェストバーグ
17 アメリカ合衆国の旗 FW ジョジー・アルティドール
18 アメリカ合衆国の旗 MF ニック・デリオン
20 アメリカ合衆国の旗 FW エイオ・アキノラ
No. Pos. 選手名
21 カナダの旗 MF ジョナサン・オソリオ
23 コンゴ民主共和国の旗 DF クリス・マヴィンガ
25 アメリカ合衆国の旗 GK アレックス・ボノ
26 ベルギーの旗 DF ローラン・シマン
27 カナダの旗 MF リアム・フレイザー
28 アメリカ合衆国の旗 GK カレブ・パターソン・シューウェル
31 日本の旗 MF 遠藤翼
52 カナダの旗 DF ジュリアン・ダン
54 カナダの旗 FW ライアン・テルファー
55 カナダの旗 MF エイダン・ダニエルス
59 カナダの旗 MF ノーブル・オケロ
91 アメリカ合衆国の旗 FW テレンス・ボイド
96 ブラジルの旗 DF アウロ
-- ベネズエラの旗 MF エリクソン・ガジャルド
監督

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BMO Field - The Stadium Guide”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ “Argonauts sold to Larry Tanenbaum and Bell”. Toronto Sun. http://www.torontosun.com/2015/05/19/toronto-argonauts-sold-to-larry-tanenbaum-and-bell-will-play-at-bmo-field-in-2016 
  3. ^ Toronto FC: Your questions answered”. toronto.fc.mlsnet.com (2006年11月3日). 2006年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]