ヒューストン・ダイナモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒューストン・ダイナモ
原語表記 Houston Dynamo
愛称 Dynamo
クラブカラー
創設年 2005年
所属リーグ メジャーリーグサッカー
所属ディビジョン ウェスタン・カンファレンス
ホームタウン ヒューストン
ホームスタジアム BBVAコンパス・スタジアム
収容人数 22,000
監督 アメリカ合衆国の旗 ウェイド・バレット
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ヒューストン・ダイナモ英語: Houston Dynamo)は、アメリカ合衆国の南部、テキサス州の都市ヒューストンにホームを置くサッカークラブである。メジャーリーグサッカー所属。

概要[編集]

ヒューストン・ダイナモは2006年シーズンからメジャーリーグサッカーに登場する、新クラブである。

2011年シーズンまではヒューストン大学キャンパス内にあるロバートソン・スタジアムをホームスタジアムとしていたが、2012年にサッカー専用スタジアムのBBVAコンパス・スタジアムが新設され、同シーズンより本拠地として使用している。

サンノゼからヒューストンに移転した理由の一つとして、サンノゼでは手に入らなかったサッカー専用スタジアムが、ヒューストンでは手に入ると言う思惑があったためでもある。

名称[編集]

Dynamoという名称が決定されるまでは、かなりの紆余曲折があった。

クラブは当初、名称の決定に当たって、オンラインでの公募を行った。この時に候補となった名称は、Apollos(アポロス)、 Bulls(ブルス)、 Eagles(イーグルス)、 Gatos(ガトス)、 Lonestars、Stallions、Toros(トロス)、 Americans(アメリカンズ)、Buffalos(バファロース)、Generals(ジェネラルス)、Houston 1836(ヒューストン1836)、Mustangs(ムスタングス)、Star(スター)等があった。ApollosやEaglesはアポロ計画にちなんだものである。(ヒューストンにはアメリカ航空宇宙局の有人宇宙船の管理センタージョンソン宇宙センターがある。イーグルはアポロ11号の月着陸船)

2006年1月には、上記候補の中から、テキサス独立戦争の英雄、サム・ヒューストンの名前から「ヒューストン」と言う市名が与えられた1836年にちなむ「ヒューストン1836」(Houston 1836)と言う名称が決定した。

ところが、この名称は、ヒューストンのメキシコ系移民のコミュニティから猛反発を受ける事になった。テキサスは元々メキシコ領であったが、1830年代になってテキサスに移住したアメリカ系移民が、メキシコからの分離、将来的なアメリカ合衆国への編入をめざして独立戦争を引き起こした。このテキサスの独立戦争は合衆国政府の本格的な介入を引き起こし米墨戦争の発端となった。この戦争の結果メキシコはテキサスだけでなくカリフォルニアも喪失する事になった。当にメキシコにとっては負の遺産になるわけであるが、メキシコ系移民のコミュニティはこうした歴史的経緯から「ヒューストン1836」と言う名称に対して猛反発を起こしたのである。

ここで注意すべき点は2つある。まず一つは、メキシコ系移民がテキサスにおいて政治的な発言力を強めている事。もう一つはクラブ・デポルティボ・チーヴァス・USAのように、アメリカではサッカーのマーケットが従来の文化からは、まだまだ注目され得る存在に成れていないのに対して、ヒスパニック系はアメリカ合衆国のサッカーにとって重要なマーケットになっている事である。

これらの経緯から「ヒューストン1836」と言うクラブ名は断念され、代わって「ヒューストン・ダイナモ」と言う名称が決定された。Dynamoという名称は旧社会主義国の元秘密警察系サッカークラブと捉えられるが、テキサスにおけるエネルギー産業にちなんだ名称であり、1984年のUnited Soccer League (USL)、そして1987年から1991年までLone Star Soccer Alliance (LSSA)に所属していたプロ・クラブヒューストン・ダイナモス (Houston Dynamos)にも由来する。

歴史[編集]

ヒューストン・ダイナモは2005年シーズンまで同じメジャーリーグサッカーに参加していたサンノゼ・アースクエイクスに代わって、ホームをサンノゼからヒューストンに移して発足したクラブである。スタッフ、選手はサンノゼ・アースクエイクスから引き継いでいるが、名称、ロゴ、歴史、サンノゼ時代の経歴は継承しておらず、全く新しいクラブとして扱われている。

2006年シーズンはヒューストン・ダイナモにとって最初のシーズンであったが、ウェスタンカンファレンス2位でプレーオフに進出し、MLSカップでシーズン優勝を飾った。

2007年シーズンも、ヒューストン・ダイナモはMLSカップを制し、MLS史上2チーム目となる連覇を達成した。

2014年より女子チームであるヒューストン・ダッシュ英語版を結成。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

過去の成績[編集]

レギュラー 全体 プレーオフ オープンカップ
2006 32 11 8 13 44 40 46 西2位 5位 優勝 準決勝敗退
2007 30 15 8 7 43 23 52 西2位 3位 優勝 ベスト16
2008 30 13 5 12 45 32 51 西1位 2位 C-準決勝敗退 ベスト16
2009 30 13 8 9 39 29 48 西2位 3位 C-準優勝 準決勝敗退
2010 30 9 15 6 40 49 33 西7位 12位 準々決勝敗退
2011 34 12 9 13 45 41 49 東2位 6位 準優勝
2012 34 14 9 11 48 41 53 東5位 9位 準優勝 ベスト32
2013 34 14 11 9 41 41 51 東4位 9位 C-準優勝 4回戦敗退
2014 34 11 17 6 39 58 39 東8位 14位 5回戦敗退
2015 34 11 14 9 42 49 42 西8位 15位 準々決勝敗退
2016 34 7 14 13 39 45 34 西10位 19位 準々決勝敗退
2017 34 13 10 11 57 45 50 西4位 10位 C-準優勝 5回戦敗退
2018 34 10 16 8 58 58 38 西9位 18位 優勝
2019 34 12 18 4 45 57 40 西10位 19位 ベスト16
2020 西位

平均観客動員[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ
2006 18,935 20,274
2007 15,883 30,530
2008 16,939 30,053
2009 17,047 27,465
2010 17,310
2011 17,694 24,749
2012 20,985 21,395
2013 19,923 21,395
2014 20,117
2015 20,618
2016 19,597
2017 17,500
2018 16,906
2019 15,674
2020

現所属メンバー[編集]

2019年3月14日現在
No. Pos. 選手名
1 アメリカ合衆国の旗 GK タイラー・デリック
2 ベネズエラの旗 DF アレハンドロ・フエンマヨール
3 スウェーデンの旗 DF アダム・ランドクヴィスト
5 コロンビアの旗 MF フアン・ダビド・カベザス
6 スロベニアの旗 DF アリャジュ・ストゥルナ
7 アメリカ合衆国の旗 DF ダマルカス・ビーズリー
8 アメリカ合衆国の旗 MF メモ・ロドリゲス
9 コロンビアの旗 FW マウロ・マノタス
10 アルゼンチンの旗 MF トマス・マルティネス
11 アメリカ合衆国の旗 MF トミー・マクナマラ
12 アメリカ合衆国の旗 DF クリス・ドゥバル
14 アメリカ合衆国の旗 MF マーロン・ハイルストン
15 ホンジュラスの旗 DF マイノル・フィゲロア
No. Pos. 選手名
16 アメリカ合衆国の旗 DF ケビン・ガーシア
17 ホンジュラスの旗 FW アルベルト・エリス
18 チリの旗 DF ホセ・ビサマ
20 グアムの旗 DF アドルフ・デラガルサ
21 ベネズエラの旗 FW ロナルド・ペーニャ
22 アルゼンチンの旗 MF マティアス・ヴェラ
23 アメリカ合衆国の旗 GK ジョー・ウィリス
24 エルサルバドルの旗 MF ダーウィン・セレン
25 アメリカ合衆国の旗 MF エリック・バード
26 アメリカ合衆国の旗 GK マイケル・ネルソン
27 ホンジュラスの旗 MF オスカル・ボニエク・ガルシア
28 スウェーデンの旗 DF エリック・マッキュー
29 アメリカ合衆国の旗 DF サム・ジュンカ
31 ホンジュラスの旗 MF ロメル・キオト
監督


ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
5 コロンビアの旗 MF フアン・ダビド・カベザス (デポルティーボ・カリ)
17 ホンジュラスの旗 FW アルベルト・エリス (CFモンテレイ)
No. Pos. 選手名
23 ホンジュラスの旗 MF ホセ・エスカランテ (CDオリンピア)
out
No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

歴代選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]