クラブ・デポルティボ・チーヴァス・USA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チーヴァス・USA
原語表記 Club Deportivo Chivas USA
愛称 Chivas, Goats
クラブカラー 赤・青
創設年 2004年
解散年 2014年
ホームタウン カーソン
ホームスタジアム スタブハブ・センター
収容人数 27,000
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

クラブ・デポルティボ・チーヴァス・USA英語: Club Deportivo Chivas USA)は、アメリカ合衆国の西部、カリフォルニア州ロサンゼルスの郊外、カーソンを本拠地としていたサッカークラブである。

概要[編集]

2004年創設。2005年からメジャーリーグサッカー、ウェスタンカンファレンスに11番目のクラブとして加わったサッカークラブである。

ロサンゼルス・ギャラクシーと同じく、スタブハブ・センターをホームスタジアムとしている。

元々チーヴァス・USAは、メキシコ人の実業家であり、メキシコチーバス・デ・グアダラハラコスタリカデポルティーボ・サプリサのオーナーも務めているホルヘ・ベルガラスペイン語版が保有していたが、2014年2月20日にオーナー権をリーグに返上し、リーグ管轄下で運営されていた[1]

クラブがロサンゼルスに残ることをリーグは発表しており、人気あるロサンゼルスフランチャイズの新オーナーが誰になるか注目が集まっており、クラブ名も変わるものとされている。デビッド・ベッカムもこのフランチャイズに興味を持っていると報道されるものの、リーグは公式にこれを否定した。[2]

2014年6月24日、日本人として初めて加地亮選手の完全移籍が発表された[3]

2014年10月27日MLSがチーヴァス・USAの解散を発表して、2017年からロサンゼルスのエクスパンションクラブが活動することを発表した。解散の理由は同じスタジアムでリーグ強豪クラブである、ロサンゼルス・ギャラクシーと異なり、低迷を続けサポーターの数も年々減少し、経営危機に陥っていたことである。なお、チーヴァス・USAに所属する選手たちは、休止や消滅したチームの選手を他チームに分配するためのドラフト、『アロケーション・ドラフト』にかけられリーグ全体に分配された[4]

過去の成績[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ オープンカップ
2005 西6位 - ベスト16
2006 西3位 ベスト8 ベスト16
2007 西1位 ベスト8 ベスト16
2008 西2位 ベスト8 ベスト16
2009 西4位 ベスト8 ベスト16
2010 西8位 - ベスト4
2011 西8位 - -
2012 西9位 - ベスト4
2013 西9位 - 4回戦

平均観客動員[編集]

レギュラーシーズン プレーオフ
2005 17,080人 -
2006 19,840人 15,110人
2007 14,305人 19,711人
2008 15,114人 19,265人
2009 16,107人 25,218人
2010 14,575人 -
2011 14,830人 -
2012 13,056人 -
2013 8,366人 -

歴代監督[編集]


歴代所属選手[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Major League Soccer purchases Chivas USA
  2. ^ MLS shoots down report linking David Beckham to Chivas USA instead of Miami
  3. ^ 加地 亮選手 MLS・Club Deportivo Chivas USAへ完全移籍のお知らせ
  4. ^ 加地所属のチバスUSAが消滅……会長は「名誉だった」

外部リンク[編集]