サーシャ・クリエスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サーシャ・クリエスタン Football pictogram.svg
Sacha Kljestan'14.JPG
名前
ラテン文字 Sacha Kljestan
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1985-09-09) 1985年9月9日(32歳)
出身地 ハンティントンビーチ
身長 185cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ
ポジション MF
背番号 16
ユース
2003-2005 アメリカ合衆国の旗 シートン・ホール・パイレーツ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 アメリカ合衆国の旗 オレンジカウンティ・ブルースター 2 (1)
2008-2010 アメリカ合衆国の旗 チーヴァスUSA 114 (15)
2010-2015 ベルギーの旗 アンデルレヒト 132 (18)
2015- アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・レッドブルズ 65 (14)
代表歴2
2004-2005  アメリカ合衆国 U-20 16 (1)
2007-2008  アメリカ合衆国 U-23 16 (3)
2007- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 51 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月28日現在。
2. 2016年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サーシャ・クリエスタンSacha Kljestan, 1985年9月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のサッカー選手メジャーリーグサッカーニューヨーク・レッドブルズ所属。アメリカ代表である。ポジションはMF

サッカーゲームFIFA 10北米版のカバーにフランク・ランパードクアウテモク・ブランコと一緒に登場している。

家族[編集]

兄弟のゴードン・クリスタンはかつてレッドブル・ニューヨークのオープンカップに出場した経験があり、現在はUSSFディヴィジョン2FCタンパ・ベイでプレーするサッカー選手である。ボスニアセルビア人の父SlavkoはFKジェリェズニチャル・サラエヴォでプレーしたセミプロのサッカー選手だった。

経歴[編集]

ユース・学生時代[編集]

地域Ⅳのオリンピック・ディベロップメント・プログラム・チームでプレーした。彼はまたシートン・ホール大学のチームで3年間プレーした。2004年には全米大学体育協会(NCAA)のベストイレブンに選ばれ、2005年にはベストイレブンのサードチームに選ばれた。2005年にはビッグ・イースト・カンファレンスのオフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、2004年と2005年にはビッグ・イースト・カンファレンスのベストイレブンに選ばれた。大学時代の2005年に記録したアシスト数15は1シーズンでの過去最高記録であり、3年間の通算アシスト数28は歴代5位の記録である。キャリアを通じて20ゴールを挙げ、3度のNCAAトーナメント出場に貢献した。2006年のMLSスーパードラフトでは全体の5位でオレンジカウンティ・ブルースターに指名された。

プロ入り後[編集]

2006年のMLS最優秀新人選手賞の最終候補にノミネートされ、2007年にはコパ・アメリカ2007に参加した。また、U-23アメリカ代表としてCONCACAFプレオリンピック大会に出場し、3-0で勝利したカナダ戦で得点した。2007年4月21日、レアル・ソルトレイク戦の後半に相手FWアンディ・ウィリアムスに対して悪質なファールをし、イエローカードを受けたが、ウィリアムズは深刻な怪我を負うこととなった。このため、MLSの裁定委員会はプレーを再検討し、目に余る反則であり、レッドカードに値するとの結論を下した。4月25日、イエローカードとの判定が覆り、前述のラフプレーのために2試合の出場停止と1000ドルの罰金処分が下された。

2008年のMLSオールスターゲームでは先発出場する11人に選出されたが、その代わりに北京オリンピックのアメリカ代表メンバーに招集されたため、オールスターには参加しなかった。クラブや代表でのプレーぶりは海外のクラブも目を引くほどで、2009年1月中旬にはアメリカ代表の冬合宿を離れ、スコティッシュ・プレミアリーグセルティックFCのトライアルに参加した。

2010年6月、2009-10シーズンのジュピラーリーグ優勝クラブであるRSCアンデルレヒトと契約した[1]

2015年1月、ニューヨーク・レッドブルズ へ移籍した。

アメリカ代表[編集]

2004年からU-20アメリカ代表に招集されて16試合1得点の成績を残し、2005年にはFIFAワールドユース選手権に出場した。2007年はじめ、アメリカA代表チームのトレーニングキャンプに呼ばれたが、試合に出場することはなかった。6月2日にカリフォルニア州サンノゼで行われた中国戦で初出場し、ベニー・ファイルハーバーの得点をアシストした。2008年にはピーター・ノーワックスが率いるU-23アメリカ代表の一員として北京オリンピックに出場した。出場を決定させたカナダ戦で得点したほか、本大会グループリーグの2-2で引き分けたオランダ戦、1-2で敗れた決勝トーナメントのナイジェリア戦で得点し、計2得点でチームのトップスコアラーになった。

北京オリンピック後はA代表を率いるボブ・ブラッドリー監督に常に招集され、センターハーフのポジションで出場している。2010 FIFAワールドカップ北中米カリブ海予選では2アシストを決め、2009年1月24日のスウェーデン戦ではハットトリックを達成し、3-2で勝利した。それまで無得点だった選手がハットトリックを達成したのは、1934年5月24日に4得点を決めたアルド・ドネリに次いでアメリカ代表史上2人目である。また、アメリカ代表の歴史の中で11度目のハットトリック達成であった。2010年2月24日、エルサルバドル戦の92分に決勝点となるゴールを決め、代表4ゴール目を派手なゴールセレブレーションで祝った。

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ リーグ カップ その他 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オレンジカウンティ・ブルースター 2005 2 1
通算 2 1
チーヴァスUSA 2006 32 0 1 0 2 0 0 0 35 0
2007 25 4 1 0 2 0 0 0 28 4
2008 22 5 1 0 2 1 2 0 27 6
2009 25 5 0 0 2 0 0 0 27 5
2010 10 1 0 0 0 0 0 0 10 1
通算 114 15 3 0 8 1 2 0 127 16
RSCアンデルレヒト 2010-11 25 2 2 0 1 0 6 1 34 3
2011-12 36 4 0 0 0 0 10 1 46 5
2012-13 35 3 4 0 1 0 9 1 49 4
2013-14 23 8 1 0 1 0 5 1 30 9
2014-15 13 1 4 3 0 0 4 0 21 4
通算 132 18 11 3 3 0 34 4 180 25
ニューヨーク・レッドブルズ 2015 33 8 3 1 4 0 0 0 40 9
2016 32 6 2 1 2 0 3 2 39 9
通算 65 14 5 2 6 0 3 2 79 18
通算 313 48 19 5 17 1 39 6 388 60

クラブ[編集]


アメリカ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2007 4 0
2008 8 0
2009 9 3
2010 4 1
2011 9 0
2012 4 0
2013 7 0
2014 1 0
2015 0 0
2016 5 2
通算 51 6

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

  • チーヴァス・USA
MLSベストイレブン 2008
  • RSCアンデルレヒト
ジュピラーリーグ 2011-2012, 2012-2013
ベルギー・スーパーカップ 2010, 2012

脚注[編集]

  1. ^ US international Kljestan transfers to RSCA RSCアンデルレヒト公式サイト