カルロス・ボカネグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルロス・ボカネグラ Football pictogram.svg
Carlos-Bocanegra.jpg
名前
本名 Carlos Manuel Bocanegra
カタカナ カルロス・マヌエル・ボカネグラ
ラテン文字 Carlos Bocanegra
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1979年5月25日(37歳)
出身地 カリフォルニア州の旗カリフォルニア州アルタローマ
身長 186cm
体重 84kg
選手情報
ポジション CB, 左SB
利き足 左足
ユース
1997-1999 アメリカ合衆国の旗 UCLAブルーインズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー 87 (5)
2000 アメリカ合衆国の旗 MLSプロ40 (loan) 2 (0)
2004-2008 イングランドの旗 フラム 116 (8)
2008-2010 フランスの旗 レンヌ 64 (2)
2010-2011 フランスの旗 サンテティエンヌ 35 (2)
2011-2013 スコットランドの旗 レンジャーズ 32 (2)
2012-2013 スペインの旗 ラシン・サンタンデール (loan) 23 (0)
2013-2014 アメリカ合衆国の旗 チーヴァスUSA 12 (0)
代表歴2
1999 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-20 4 (0)
1999-2000 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-23 7 (1)
2001-2012 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 110 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年10月27日現在。
2. 2013年2月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・マヌエル・ボカネグラCarlos Manuel Bocanegra, 1979年5月25日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アルタローマ出身の元サッカー選手、元アメリカ代表。ポジションはセンターバック及び左サイドバック

経歴[ソースを編集]

クラブ[ソースを編集]

シカゴ・ファイアー[ソースを編集]

UCLAでの大学サッカーを経たのち、メジャーリーグサッカーとアメリカの若手選手の育成を目的としたプロジェクト40 (en) に参加するとともに、2000年のスーパードラフトシカゴ・ファイアーから全体の4番目の指名を受け入団する。リーグ戦では、プロ1年目ながらセンターバックとして定位置を確保し、USオープンカップの優勝に貢献。その活躍から新人賞英語版を受賞した[1]。また、プロジェクト40の方でも2試合に出場している[2]

シカゴ・ファイアーを退団するまでの間に、2002年[3]、2003年の最優秀DF賞英語版を受賞し、同賞を2年連続で受賞する初めての選手となるなど[4]、リーグ屈指のディフェンダーとして活躍。また、通算5得点8アシストを記録している[5]

フラムでのボカネグラ

フラム[ソースを編集]

2003年12月末で契約満了となり自由契約選手となった[5]のち、2004年1月8日に一旦は拒否された労働許可証が交付され、イングランド1部フラムFCへの移籍が決定[6]。1月13日には、フラムの公式サイト上で3年契約を締結したことが発表された[7]。その後、左サイドバックで初出場した1月19日のニューカッスル・ユナイテッドFC (1-3) 戦では、11月にシーズンを終えるMLSでのゲーム以来、試合感覚を失っていたこともあり躊躇したプレーを見せ[8]、また、2月11日のアストン・ヴィラFC戦 (1-2) ではマーク・ディレイニーに対するタックルで1発退場となる[9]など、加入当初は適応に苦戦していた。しかし、最終的には左サイドバックの定位置を確保して、チームは9位でシーズンを終え、また、翌シーズンには8月30日のポーツマスFC戦(3-4)で移籍後初得点を挙げた[10]

2006-07シーズンは、同胞のブライアン・マクブライドに次いでチーム2位となる5得点を記録[11]。2007年9月1日のトッテナム・ホットスパーFC戦(3-3)で初めて主将を務め[12][13]、9月15日のウィガン・アスレティックFC戦でリーグ通算100試合を達成する[14]など、2007-08シーズンはチームに不可欠な選手となった。ところが、同シーズン終了後の2008年5月25日に放出が発表され[15]、主力として26試合に出場していた選手の放出はサポーターの間に少なからぬ驚きを与えた[16]

レンヌ[ソースを編集]

その後、2008年6月にフランス1部スタッド・レンヌFCと3年契約を締結した[17]加入1季目にはリーグ戦全38試合に出場するなど新天地でも好調をキープし、2009年3月8日のAJオセール戦 (2-0) で初得点を挙げた[18]。また、UEFAカップ 2008-09でも得点し、クープ・ドゥ・フランスでは、決勝のEAギャンガン戦を含めて全試合に先発、同試合では69分に先制点を記録している[19]

サンテティエンヌ[ソースを編集]

2010年7月16日には、移籍金50万ユーロで同じフランス1部のASサンテティエンヌと契約[20]し、パリ・サンジェルマンFCとの2010-11シーズン開幕戦 (1-3) で初出場を飾った[21]。その後、10月17日のOGCニース戦でのむち打ち症により3週間の欠場[22]となったが、復帰後は中心選手としてプレーし、12月5日のFCジロンダン・ボルドー戦 (2-2) で初得点を挙げた。また、2011年2月12日のオリンピック・リヨンとのデュルビ・デュ・ローヌ (1-4) では、重要な1戦で通算2得点目を挙げるも、4失点を喫し、チームを勝利に導くことは出来なかった。

2011-12シーズンには、ボルドーとの開幕戦で不在のロイク・ペランにかわり一時的に主将を任される[23]など、すでにチームの重要な選手となっていた。そのため、レンジャーズFCへの移籍の取り沙汰された際にも放出はないとされていたものの[24]、結局はこの試合がサンテティエンヌでの最後の試合となった。

レンジャーズ[ソースを編集]

2011年8月17日に移籍金40万ポンドスコットランド1部レンジャーズFCと3年契約を締結[25]し、翌18日のUEFAヨーロッパリーグNKマリボル戦で初出場を飾った。その数日後、マリボル側は、ボカネグラが同大会に出場するための必要な手続きと書類の提出がなされていなかったとしてUEFAに提訴したが、UEFAは、マリボルが試合後の24時間以内に提訴していなかったことを理由に抗議を退ける決定を下した[26]。この件について、レンジャーズのチーフはマリボル側を「哀れな中傷者」と呼んで批判した[27]。なお、ボカネグラは25日のマリボルとの第2戦で移籍後初得点を挙げており、この得点によってチームは2試合合計3-2で次のラウンドへ進んだ[28]

レンジャーズでは、ドリン・ゴイアンとのコンビで印象的かつ安定したパフォーマンスを披露し、9月24日のダンファームリン・アスレティックFC戦 (4-0) でリーグ初得点、それから3ヶ月後の12月17日のインヴァネス・カレドニアン・シッスルFC戦 (2-1) でリーグ2得点目を記録。2012年1月8日のスコティッシュカップアーブロースFC英語版戦 (4-0) では初めて主将を務める[29]など、充実したシーズンを過ごしていた。しかし、クラブは深刻な財政危機に瀕しており、同シーズン中に勝ち点10減点のペナルティーを受けることとなる。こうしたチームの状況について、ボカネグラは「恐ろしい経験」と不安を吐露[30]しつつも、落胆するファンの士気を高める手助けをしたいと語り[31]、また、ここでの生活に満足しているため、チームに残留したいと主張していた[32]。2012年3月25日のセルティックFCとのオールドファーム (3-2) では、ゲオルギオス・サマラスへのファールによりレッドカードを提示され、ペナルティーキックを献上してしまった[33]

その後、破産したクラブは2012年6月に清算に入り、選手の契約を含めたクラブ資産はチャールズ・グリーン率いるコンソーシアムによって買収された。そのため、多くの選手はクラブを去ったが、ボカネグラもより高いレベルでのプレーを望んでいたため[34]4部での新シーズン開幕が目前に迫った時点でも、その将来は不確実なままだった[35]。しかし、7月29日のブレンチ・シティFC英語版とのスコティッシュチャレンジカップ英語版1回戦 (2-1) でアリー・マッコイスト (en) 監督から主将に任命されたことで、チームへの残留が決定[36]。試合後、ボカネグラはチームを離れるつもりはないと述べ[37]、その後の6試合に先発出場した。ところが、代表招集によりチームを離脱[38]した後、代表で生き残るためにレンジャーズを去る意思を固めた[39]

ラシン・サンタンデール[ソースを編集]

2012年8月31日に期限付き移籍でスペイン2部ラシン・サンタンデールと契約。ただし、契約満了の後にはレンジャーズへ戻る意思も表明していた[40]。9月22日のCDミランデス戦で初出場を飾って[41]以降、ラシン・サンタンデールでは出場した23試合全てに先発し奮闘するも、シーズン終了後、チームは3部へと降格した。

その後、2013年4月9日に自身の公式Twitterで2013-14シーズンは規定通りにレンジャーズでプレーするだろうと発信し[42]、レンジャーズ復帰に向けて揺るがぬ意思を示していた。しかし、代表を指揮するユルゲン・クリンスマン監督から、復帰すれば3部でプレーすることになると警告され[43]、最終的には双方合意のうえ6月29日に契約を解除し、自由契約選手となった[44]

2010年、アメリカ代表でのボカネグラ

チーヴァスUSA[ソースを編集]

レンジャーズを退団後に母国への復帰を熱望[45]し、2013年7月1日にチーヴァスUSAと契約した。チーヴァス側はトロントFC2015年度のスーパードラフトの1巡目での指名権(インターナショナル・スロット)を与えるのと引き換えに交渉を成立させた[46]

代表[ソースを編集]

年代別代表として1999 FIFAワールドユース選手権に出場後、2001年12月9日の韓国戦でA代表初出場を飾り[47]2003 CONCACAFゴールドカップ中に地位を確立して同年の代表戦で13試合に出場する。2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選では2005年頃からセンターバックを務めつつ、左サイドバックとしても起用されて予選突破に貢献。2006年5月2日に本大会の一員に選出され[48]、左サイドバックとして3試合中2試合に先発出場をした。

同大会終了後に就任したボブ・ブラッドリー監督の下では、2007年6月2日の中国との親善試合 (4-1) で初めて主将を務める[49]と、2009年6月4日に行われた FIFAコンフェデレーションズカップ2009スペインとの試合でも主将を務め、当時のヨーロッパ王者相手に勝利する快挙に貢献した[50]。その後、2010 FIFAワールドカップでも主将の座を守り、イングランドスロベニア戦で左サイドバック、アルジェリアガーナ戦では左センターバックとしてプレーしてチームを支えた。

2011年11月15日のスロベニア戦 (3-2) でアメリカ代表史上12人目にしてディフェンダーとして4人目となる通算出場記録100試合目を達成[51]。2013年3月には2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選の最終予選に向けた候補に選出されたものの、所属クラブの状況を懸念され、最終メンバーから落選した。また、主将もクリント・デンプシーへ移行し、2013 CONCACAFゴールドカップにも選出されなかった。以後、ユルゲン・クリンスマン監督は若手のマット・ベスラー (en) とオマール・ゴンザレス (en) に出場機会を与えており、2012年を最後に代表から遠ざかった。

私生活[ソースを編集]

メキシコ系アメリカ人の父の下[52]カリフォルニア州アップランドに生まれ、アルタローマで育つ。また、兄もグランドキャニオン大学UCLAでサッカーをしていた。もっとも、ボカネグラ自身は幼少期からサッカーのみならず野球アメリカンフットボールといった他競技にも親しんでおり、アルタローマ高校在学中にはワイドレシーバーディフェンシブバックを務めてタイトル獲得に貢献した[53]。そのため、サッカーとアメリカンフットボールの2競技で奨学金を提供されたが、最終的にサッカーを選択して兄と同じくUCLAへ進学[54]。在学中には歴史と地理を専攻していた。

2012年にESPN・ザ・マガジンが発行するThe Body Issueでヌードポーズをとった。

所属クラブ[ソースを編集]

タイトル[ソースを編集]

代表
クラブ

アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー

個人

脚注[ソースを編集]

  1. ^ "2000 Year in Review: Carlos Bocanegra & Nick Garcia"
  2. ^ "A-LEAGUE SOCCER U.S. PRO 40 TEAM STATS THROUGH GAMES OF 09/05/2000"
  3. ^ "Ruiz, Twellman named to MLS Best XI"
  4. ^ "Chicago Fire 2003" mlssoccer.com
  5. ^ a b "Fire Waives Futagaki and Spiteri; Bocanegra Set to Join Fulham"
  6. ^ "Bocanegra joins Fulham after winning work permit appeal"
  7. ^ "Bocanegra Joins Fulham"
  8. ^ "McBride spurns Rovers, joins Bocanegra at Fulham"
  9. ^ "Fulham 1-2 Aston Villa" BBCスポーツ
  10. ^ "Portsmouth 4-3 Fulham" BBCスポーツ
  11. ^ "Bocanegra talks Fulham, Gold Cup, and more"
  12. ^ "Boca's Pride"
  13. ^ "Bocanegra proud to lead"
  14. ^ "Americans in England: Deuce on the Loose"
  15. ^ "Bocanegra heads Fulham clear-out"
  16. ^ "Fulham release eight"
  17. ^ "Bocanegra happy with Rennes move"
  18. ^ "Ligue 1: Rennes beat Auxerre, La Havre win"
  19. ^ "Guingamp rit, Rennes pleure"
  20. ^ "OFFICIAL: USA Defender Carlos Bocanegra Joins Saint-Etienne"
  21. ^ "Bocanegra makes debut for Saint-Etienne"
  22. ^ "Bocanegra out trois semaines"
  23. ^ "American Exports: Altidore strikes in AZ debut"
  24. ^ "St Etienne warn Gers off Carlos"
  25. ^ "Rangers ace Dorin Goian: I'm not worried about being partnered by new boy Carlos Bocanegra in Maribor"
  26. ^ "Maribor's Carlos Bocanegra protest thrown out by Uefa"
  27. ^ "Rangers brand complaint over Carlos Bocanegra 'pathetic mischief making'"
  28. ^ "Rangers 1 - 1 NK Maribor (agg 2 - 3)" BBCスポーツ
  29. ^ "Special Memories" rangers.co.uk
  30. ^ "Rangers stopper Carlos Bocanegra: I don't regret move to Glasgow even though administration has been horrible experience"
  31. ^ "Ranger star Carlos Bocanegra: Players want to help raise spirits of our fans during difficult time"
  32. ^ "Carlos Bocanegra: I want to stay at Rangers because I'm happy here"
  33. ^ "Rangers 3 - 2 Celtic" BBCスポーツ
  34. ^ "US stars set to depart lowly Rangers"
  35. ^ "Rangers: Players attend Murray Park for fitness tests"
  36. ^ "Ramsdens Cup: Brechin City 1-2 Rangers"
  37. ^ "Carlos: I may not walk away from Rangers"
  38. ^ "Rangers duo dumped by their national sides"
  39. ^ "Rangers: Carlos Bocanegra joins Racing Santander on loan"
  40. ^ "Carlos Bocanegra's Spanish move on brink of falling through"
  41. ^ "El Racing suma en Anduva su tercer triunfo consecutivo (0-1)"
  42. ^ "Carlos Bocanegra Official Twitter account" Twitter
  43. ^ "Klinsmann advises Carlos Bocanegra against Rangers return"
  44. ^ "Rangers: Dorin Goian & Carlos Bocanegra become free agents"
  45. ^ "Rangers in crisis: Ibrox star Carlos Bocanegra admits he's keen for a return to MLS"
  46. ^ "Ex-USMNT captain Carlos Bocanegra joins Chivas USA, returns to MLS after near decade in Europe"
  47. ^ "Captain Carlos: Bocanegra Reflects on his Captaincy, Memorable Moments and What it All Means to Him"
  48. ^ "2006 U.S. World Cup roster" usatoday.com
  49. ^ "Carlos Bocanegra" BBC
  50. ^ "U.S. National Team Upsets Top-Ranked Spain, 2-0"
  51. ^ "Carlos Bocanegra makes 100th U.S. appearance"
  52. ^ "Carlos Bocanegra: Happy Cinco De Mayo, Gringos!"
  53. ^ "Bocanegra points Chicago in right direction"
  54. ^ "Exclusive interview: Carlos Bocanegra, Rangers' well-travelled defender, on Rabbie Burns, positivity and and how football wasn't his first choice"

外部リンク[ソースを編集]