ジャーメイン・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャーメイン・ジョーンズ Football pictogram.svg
Austria vs. USA 2013-11-19 (111).jpg
アメリカ代表でのジョーンズ (2013年)
名前
本名 Jermaine Junior Jones
ラテン文字 Jermaine Jones
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1981-11-03) 1981年11月3日(35歳)
出身地 フランクフルト・アム・マイン
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ギャラクシー
ポジション MF
背番号 13
利き足 右足
ユース
1988-1994 ドイツの旗 ボナメス
1994-1995 ドイツの旗 バート・フィルベル
1995-1999 ドイツの旗 フランクフルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2004 ドイツの旗 フランクフルトII 31 (9)
1999-2004 ドイツの旗 フランクフルト 46 (7)
2004-2005 ドイツの旗 レヴァークーゼンII 15 (5)
2004-2005 ドイツの旗 レヴァークーゼン 5 (0)
2005 ドイツの旗 フランクフルト 14 (3)
2005-2007 ドイツの旗 フランクフルト 24 (2)
2007-2014 ドイツの旗 シャルケ 129 (7)
2011 イングランドの旗 ブラックバーン (loan) 15 (0)
2014 トルコの旗 ベシクタシュ 10 (0)
2014-2015 アメリカ合衆国の旗 ニューイングランド・R 28 (2)
2016 アメリカ合衆国の旗 コロラド・ラピッズ 9 (3)
2017- アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ギャラクシー 0 (0)
代表歴2
2001-2003 ドイツの旗 ドイツ U-21 8 (3)
2004 ドイツの旗 ドイツ B 1 (0)
2008 ドイツの旗 ドイツ 3 (0)
2010- アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 68 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月28日現在。
2. 2017年1月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャーメイン・ジョーンズ(Jermaine Junior Jones、1981年11月3日 - )は、ドイツ出身のアメリカ合衆国代表サッカー選手。ポジションはMFメジャーリーグサッカーロサンゼルス・ギャラクシー所属。父はアフリカ系アメリカ人の元アメリカ軍人、母はドイツ人のハーフ。

2008年からドイツ代表に選出され、2010年からはアメリカ代表でプレーしている。

経歴[編集]

デビュー当初はフォワードとしてプレーしていた。2004年には強豪バイエル・レバークーゼンへ移籍するも、挫折を味わい、わずか1年でレバークーゼンを後にする。フランクフルト復帰後にフォワードからボランチへとコンバートしたことが転機となり、ドイツ代表にも選出された。

2007-08シーズンからはシャルケ04に移籍。2010-11シーズンは出場機会に恵まれず、2010年11月にはシャルケの監督フェリックス・マガトを批判したことからチームからも隔離された。結局、2011年1月18日に、ブラックバーン・ローヴァーズFCへシーズン終了までの期間で期限付き移籍した。

2014年1月30日、トルコ・スュペル・リグベシクタシュJKに完全移籍[1]

2014年8月24日、ニューイングランド・レボリューションに加入した[2]

2016年3月4日、コロラド・ラピッズに移籍した。

2016年12月13日ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍した。

代表[編集]

2008年2月6日、オーストリア代表戦の82分にトーマス・ヒッツルスペルガーとの交代でピッチに立ち、ドイツ代表デビューを果たした。なおこの試合で、同じシャルケ所属のハイコ・ヴェスターマンも代表デビューしている。同年5月16日、UEFA EURO 2008の代表候補26名に選ばれた (本大会メンバーからは落選)[3]

UEFA EURO 2008以降ドイツ代表での出場機会が失われたことから、改正されたFIFAの新たな規則を利用。ジョーンズは父親がアメリカ人であり、またA代表での出場経験があるものの全て親善試合であり、FIFA、UEFA主催の試合に出場した経験がなかったため、アメリカ代表でのプレーも可能であった。2009年6月にアメリカ代表への「移籍」を希望し、ドイツサッカー連盟に受け入れられた。同年10月にFIFAにも正式に受け入れられたが、負傷により招集は見送られ、2010 FIFAワールドカップに出場することもできなかった。

ワールドカップ後の2010年8月4日にブラジルとの親善試合に向け初招集を受けるも、またも負傷し出場を逃す。2010年10月9日のポーランド戦でようやくアメリカ代表デビューを果たすと、ジョジー・アルティドールの先制点をアシストした。2011 CONCACAFゴールドカップのメンバーにも選出された。

2011年6月19日のCONCACAFゴールドカップジャマイカ戦で代表初得点を記録。

2014年6月22日の2014 FIFAワールドカップポルトガル戦では同点ゴールとなるミドルシュートを決めた。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ブラックバーン・ローヴァーズFC 2011 (loan)

脚注[編集]

  1. ^ Goal (2014年1月31日). “シャルケ、ジョーンズのトルコ移籍が正式決定”. 2014年1月31日閲覧。
  2. ^ Goal (2014年8月25日). “アメリカ代表ジョーンズがMLSへ”. 2014年8月25日閲覧。
  3. ^ euro2008.uefa.com (2008年5月16日). “ドイツがEURO代表候補発表”. 2009年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]