アンドレアス・ヒンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレアス・ヒンケル Football pictogram.svg
Hinkel - celtic.jpg
名前
愛称 アンディ
ラテン文字 Andreas Hinkel
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1982-03-26) 1982年3月26日(35歳)
出身地 バックナンク
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF (SB, WB)
利き足 右足
代表歴2
2003-2008 ドイツの旗 ドイツ 21 (0)
2. 2011年5月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレアス・ヒンケルAndreas Hinkel, 1982年3月26日 - )は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州バックナンク出身の元サッカー選手。現サッカー指導者。現役時代のポジションはDFドイツ代表でもあった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

VfBシュトゥットガルトのユースチーム出身。同時期に元ドイツ代表ティモ・ヒルデブラントベラルーシ代表アレクサンドル・フレブらがいる。

その守備能力の高さとスピードを買われ、トップチーム昇格から3年、シュトゥットガルトの右サイドバックの座を掴み取り、ドイツ国内でも屈指のサイドバックに成長する。その安定したプレーからチーム内での信頼度は大きく、2003年バイエルン・ミュンヘンから若きスター候補生・フィリップ・ラームがレンタル加入したときもその座を譲らなかった。(この移籍とポジション争いから、ラームは左サイドバックとしての才能を開花させることになった。)[1]

2006-07シーズンから新天地での飛躍を求めてリーガ・エスパニョーラセビージャFCに移籍したが、ブラジル代表ダニエウ・アウヴェスの壁は厚く、ピッチに立つ機会は限られた。

出場機会を求め、2008年からセルティックに移籍。セルティックでは右サイドバックのレギュラーとして活躍したが、2010-11シーズンは韓国代表車ドゥリの後塵を拝し、ベンチを温める機会が増えた。契約満了に伴い、戦力外通告となり、退団。

2011年10月にSCフライブルクに移籍。5シーズンぶりにブンデスリーガへ復帰した。

2012年のシーズン終了でフライブルクを退団、そのまま現役を引退した[2]

代表[編集]

代表では最大のライバルと目されてきたヘルタ・ベルリンアルネ・フリードリヒの後塵を拝し、ユルゲン・クリンスマン体制以降は長らく招集されていない。[3]

2008年8月には3年ぶりに代表に招集を受けたものの、2009年に入ってからは、アンドレアス・ベックジェローム・ボアテングの台頭で招集されなくなった。

指導者[編集]

2013年よりVfBシュトゥットガルトのユースチームコーチに就任。2016年12月よりVfBシュトゥットガルトⅡの監督に就任した[4]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
セビージャFC
セルティックFC

脚注[編集]

  1. ^ 皮肉にもヒンケルは2006 FIFAワールドカップ代表落ち、ラームは左サイドバックとしてレギュラー出場。
  2. ^ Hinkel macht mit 30 SchlussKicker電子版 2012年9月10日
  3. ^ ただし、MFとしてフリードリヒとともに先発出場したことはある。
  4. ^ Hinkel übernimmt den VfB Stuttgart IIKicker電子版 2016年12月19日

外部リンク[編集]