イェンス・ノヴォトニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イェンス・ノヴォトニー Football pictogram.svg
Dorint Charity Sports Night 2018-1676-crop.jpg
名前
愛称 イェンネ
ラテン文字 Jens NOWOTNY
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1974-01-11) 1974年1月11日(45歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツマルシュ
身長 184cm
体重 87kg
選手情報
ポジション CB
利き足
代表歴
1997-2007 ドイツの旗 ドイツ 48 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イェンス・ノヴォトニーJens Nowotny, 1974年1月11日 - )は西ドイツ出身の元ドイツ代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

16歳でカールスルーエSCへ入団、ここで実力を認められると1992年にプロ契約を交わした。すると1992-1993シーズンよりブンデスリーガ最年少リベロとしてレギュラーに定着した。1996年バイエル・レバークーゼンへと移籍すると当時のクリストフ・ダウム監督によってキャプテン就任を言い渡される。この時彼はまだ22歳であった。

しかし、1994 FIFAワールドカップ直前に負傷、長期離脱を余儀なくされ出場は叶わなかった。結局代表デビューは1997年ウクライナ戦にて代表デビューを果たすも、ローター・マテウスがいたため1998 FIFAワールドカップメンバーからも漏れた。ユーロ 2000でようやく主力として認められるもチームは低迷した。2002 FIFAワールドカップ予選にて10試合に出場したが、本大会を前にした2002年4月、CL準決勝第2戦マンチェスター・ユナイテッド戦にてヒザの靭帯を負傷。本大会出場を辞退した。また、この怪我によりリーグ戦終盤を離脱。これが影響し、レバークーゼンはリーグ戦、国内カップ戦、CLのすべてにおいて準優勝の成績を収めた。翌シーズン1月に復帰を果たすも、再び同じ箇所を負傷。シーズンのほとんどをリハビリに費やした。やがて復帰を果たすも2004-2005シーズン2月にまたも大怪我により長期のリハビリを余儀なくされている。

2006 FIFAワールドカップ直前の代表メンバー体力テストでの結果が評価されメンバーに選出。わずか1試合の出場ではあったが出場機会を得た。

2006-2007シーズン、クロアチアリーグのディナモ・ザグレブへ3年契約で移籍した。

2007年1月22日、慢性的なひざの故障のため、現役引退を表明した[1]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年1月22日). “負傷続きのノボトニーが引退”. 2009年7月11日閲覧。

この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。