ダビド・オドンコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダビド・オドンコール Football pictogram.svg
David Odonkor.JPG
名前
ラテン文字 David ODONKOR
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
 ガーナ
生年月日 (1984-02-21) 1984年2月21日(35歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツビュンデ
身長 174cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF / FW
利き足 右足
代表歴2
2006-2008 ドイツの旗 ドイツ 16 (1)
2. 2012年11月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダビド・オドンコールDavid Odonkor, 1984年2月21日 - )は、西ドイツ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダーフォワード。ガーナ人の父とドイツ人の母の間に生まれた。

経歴[編集]

ボルシア・ドルトムントの下部組織出身である。2002年3月3日、FCザンクトパウリ戦でデビューした。2006年、スペインのレアル・ベティスに移籍金650万ユーロで移籍した。スペイン代表ホアキン・サンチェスブラジル代表リカルド・オリヴェイラの移籍金収入約60億円を充てたとされる。2008-09シーズン、長期離脱の際にベティスとの契約をいったん解除していた。その後はアレマニア・アーヘンウクライナのクラブでプレーしていたが、本来の実力を発揮できないシーズンが続いた。

2013年9月19日、現役引退を表明した。

代表歴[編集]

2006年ドイツW杯ドイツ代表メンバー発表で一番の驚きを誘った選手である。2006年5月30日の日本戦でデビューした。

U-21代表では13試合に出場したが、A代表にはそれまで招集がなかった。しかし、2005-06シーズンのブンデス・リーガヤン・コラーが負傷離脱した穴をしっかりと埋め、監督の評価を得た。招集を決めたユルゲン・クリンスマン監督は「オドンコールの招集は前々から決めていたが、プレッシャーになるといけないのでここまで呼ばなかった」と話した。

ワールドカップ本選では、右サイドの切り札として4試合に出場した。グループリーグ第2戦のポーランド戦では、0-0で迎えた後半ロスタイムに、オリバー・ノイビルの劇的な決勝ゴールをアシストした。

ベティスでは本来の実力を発揮できないシーズンが続いたが、UEFA EURO 2008のドイツ代表に選ばれ、グループリーグ1試合に出場した。

所属クラブ[編集]

外部リンク[編集]