オリバー・ノイビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリバー・ノイビル Football pictogram.svg
Genève Indoors 2014 - 20140114 - Oliver Neuville 3.jpg
名前
愛称 オリー
ラテン文字 Oliver NEUVILLE
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1973年5月1日(42歳)
出身地 スイスの旗 ロカルノ
身長 171cm
体重 64kg
選手情報
ポジション FW
利き足
代表歴
1998-2008 ドイツの旗 ドイツ 69 (10)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オリバー・ノイビルOliver Neuville, 1973年5月1日 - )は、スイス出身・ドイツ国籍の元サッカー選手。ポジションはフォワードドイツサッカー番組などでは、「ヌヴィル」と発音されている。

経歴[編集]

フランスベルギー人の父と、イタリア人の母を持ち、スイスで生まれ育ったドイツ人FWとして知られる。スイスのロカルノで育ったため母語はイタリア語で、ドイツ語はドイツのクラブチームに移籍してから習得したという変わった経歴の持ち主。他にフランス語も習得している。

1992年に生まれ育ったスイスのセルヴェットFCへ加入、1993-94シーズンにはリーグ優勝を経験する。1996年にスペインのCDテネリフェへと移籍。1年間経験を積んだ後、1997年にドイツのハンザ・ロストックへ移籍。バイヤー・レバークーゼン戦でブンデスリーガデビューを果たした。

1999年には移籍金450万ユーロでレバークーゼンへ移籍。2000-01シーズン、2001-02シーズンと連続で2桁得点を記録し、ドイツ中にその名を知らしめる。2004年からはボルシアMGでプレー、名門ながらも低迷の日々を送るチームで活躍を見せている。

ドイツ代表には1998年マルタ戦でデビュー。確実に実績を積み上げるもEURO2000のメンバーには残れず、落胆の日々を送る。その後は代表常連となり、2002年日韓W杯予選で得点を記録する。本大会では大きな活躍はできなかったものの、パラグアイ戦では後半終了間際に決勝点を挙げた。2006年ドイツW杯でも、0-0で終了かと思われたポーランド戦の後半ロスタイムに、クロスボールに身を投げ出しゴールへ押し込むという奇跡の得点を挙げ、再び活躍の姿を見せた。代表では60試合以上出場し、ゴール数は10。FWとしてゴール数は多くないが、W杯における値千金の得点が目立つことから、記録より記憶に残る選手と言える。

2010年5月11日に一度は現役引退し、ボルシアMGのフロント入りを表明したものの、ボルシアMGやドイツ代表で共にプレーしたクリスティアン・ツィーゲに誘われ、ツィーゲが新監督に就任したアルミニア・ビーレフェルトへ移籍した。しかし2010年12月に「同クラブを退団し、新しいクラブも探さない」と表明し、事実上の引退宣言を行った。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

外部リンク[編集]