ヨルク・ハインリヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨルク・ハインリヒ Football pictogram.svg
090815 J.Heinrich Harzmann164.jpg
2009年のハインリヒ
名前
ラテン文字 Jörg Heinrich
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1969-12-06) 1969年12月6日(47歳)
出身地 ラーテノー英語版
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF / DF
ユース
1977-1982 東ドイツの旗 モートル・ラーテノー英語版
1982-1984 東ドイツの旗 フォルヴェルツ・フランクフルト英語版
1984-1988 東ドイツの旗 モートル・ラーテノー英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-1989 東ドイツの旗 モートル・ラーテノー英語版 11 (1)
1989-1990 東ドイツの旗 ヒェミー・フェルテン英語版 34 (5)
1990-1994 ドイツの旗 キッカーズ・エムデン 80 (7)
1994-1996 ドイツの旗 SCフライブルク 41 (7)
1996-1998 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 81 (11)
1998-2000 イタリアの旗 フィオレンティーナ 57 (5)
2000-2003 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 63 (7)
2003-2004 ドイツの旗 1.FCケルン 20 (0)
2004-2005 ドイツの旗 ルートヴィッヒスフェルダー英語版 25 (7)
2005-2006 ドイツの旗 ウニオン・ベルリン 15 (3)
2006-2007 ドイツの旗 ヒェミー・プレムニッツドイツ語版 12 (7)
代表歴
1995-2002 ドイツの旗 ドイツ 37 (2)
監督歴
2013-2015 ドイツの旗 BSCラーテノー1994
2015-2016 ドイツの旗 FSV 63ルッケンヴァルデドイツ語版
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヨルク・ハインリヒ(Jörg Heinrich, 1969年12月6日 - )は、ドイツ (旧東ドイツ) 出身の元同国代表の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィルダー(左右ウイングバック、ボランチ)またはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ハインリヒは地元のBSGモートル・ラーテノー英語版でサッカーを始めた[1]1989年東欧革命が勃発すると1990年に西側のキッカーズ・エムデンへ移籍したが、エムデンは地域リーグ所属のクラブに過ぎず、ハインリヒは24歳になるまでトップレベルでプレーする機会がなかった[2]

1994年夏にブンデスリーガ1部SCフライブルクに移籍[1]。当時の監督フォルカー・フィンケに評価され選手として成長を遂げると[2]1996年1月にボルシア・ドルトムントへ移籍[1]。ドルトムントでは主に左ウイングバックを務め[3]、1995-96シーズンのブンデスリーガ優勝、1996-97シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝、1997年のインターコンチネンタルカップ優勝に貢献した[4]

1998年夏、イタリアセリエAフィオレンティーナへ移籍[5]。250万マルク(約20億円)の移籍金はブンデスリーガ所属選手としては過去最高の記録となった[5]

フィオレンティーナで2シーズンを過ごした後、2000年にドルトムントへ復帰[1]。2000-01シーズンのブンデスリーガ優勝とUEFAカップ準優勝に貢献したが[4]、2002-03シーズンに入ると膝の靭帯を痛めるなど怪我が重なり、2003年3月にクラブ側から契約満了に伴い契約を更新しないことが発表された[6]

同年6月、1.FCケルンへ移籍したが2003-04シーズンにケルンがリーグ最下位となりブンデスリーガ2部に降格すると退団[7]。2004年9月、オーバーリーガ(4部リーグ相当)所属のルートヴィッヒスフェルダーFC英語版へ移籍[7]。実質的にプロ選手としてのキャリアを終えると[4]、その後は下部リーグのクラブを渡り歩いた[1]

代表[編集]

ドイツ代表としては1995年6月21日に行われたイタリア代表との国際親善試合でデビュー[8]1998年フランスで開催された1998 FIFAワールドカップでは代表メンバー入りを果たすと全5試合に出場し主に右ウイングバックを務め、準々決勝のクロアチア代表戦では退場処分となったクリスティアン・ヴェアンスに代わってセンターバックを務めたが[9]、大会を通じて良質なパフォーマンスを発揮することは出来ずに終わった[5]1999年メキシコで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ1999の代表メンバーに選ばれ3試合に出場[8]

2002年日本韓国で共同開催された2002 FIFAワールドカップでは膝の十字靭帯を断裂し戦列を離れたイェンス・ノヴォトニーに代わって暫定的に代表入りを果たした[10]。同年5月14日に行われたウェールズ代表戦と5月18日に行われたオーストリア代表戦に出場したが[8]、最終メンバーの発表直前に代表を辞退し、代わりにヨルク・ベーメ英語版が招集された[11]。ドイツ代表としての通算成績は国際Aマッチ37試合出場2得点[8]

引退後[編集]

引退後はアマチュアレベルのクラブでプレーを続けるかたわら、2005年12月から2007年2月にかけて1.FCウニオン・ベルリンのスポーツディレクターを務めた[4]

2012年4月、サッカー指導者としての講習を修了すると[4]2013年7月1日にBSCラーテノー1994の監督に就任[4]2015年7月、レギオナルリーガ・ノルト所属のFSV 63ルッケンヴァルデドイツ語版の監督に就任したが[4]、成績不振の状態が続き2016年3月に監督を解任された[12]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[8]


ドイツ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 2 0
1996 0 0
1997 9 1
1998 11 1
1999 7 0
2000 3 0
2001 1 0
2002 3 0
通算 37 2

代表での得点[編集]

出典[8]
# 開催日 開催地 対戦国 結果 大会
1 1997年11月15日 ドイツデュッセルドルフ 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 3-0 親善試合
2 1998年2月18日 オマーンマスカット オマーンの旗 オマーン 2-0 親善試合

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Jörg Heinrich”. kicker.de. 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ a b Jörg Heinrich im Legenden-Interview "Habe den Bayern zweimal abgesagt"”. spox.com (2012年9月6日). 2016年10月22日閲覧。
  3. ^ 「トヨタカッププレビュ・プレビュー PART2 新しいゲルマンの覇者 欧州一から世界一へ」『週刊サッカーマガジン』1997年12月3日号、ベースボール・マガジン社、104-106頁。
  4. ^ a b c d e f g Jörg Heinrich ab 01.07.2015 neuer Trainer der ersten Männermannschaft des FSV 63 Ingo Nachtigall ab 01.10.2015 Sportdirektor des FSV 63”. FSV 63 Luckenwalde e.V. (2016年5月26日). 2016年10月22日閲覧。
  5. ^ a b c 「WORLDWIDE INFORMATION ドイツ」『週刊サッカーマガジン』1998年8月12日号、ベースボール・マガジン社、88頁。
  6. ^ Jörg Heinrich verlässt Dortmund zum zweiten Mal”. Frankfurter Allgemeine Zeitung (2003年3月31日). 2016年10月22日閲覧。
  7. ^ a b Vom Millionär zum Schuhputzer”. WELT.de (2004年9月2日). 2016年10月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Jörg Heinrich - International Appearances”. rsssf.com. 2016年10月22日閲覧。
  9. ^ 「フランス98大国の誤算 (2) ドイツ 「伝説」の終わり・「冬」の始まり」『週刊サッカーマガジン』1998年7月29日号、ベースボール・マガジン社、73頁。
  10. ^ WM-Kader: Völler lässt Torschützenkönig Max zu Hause”. spiegel.de (2002年5月6日). 2016年10月22日閲覧。
  11. ^ Novum beim DFB: Heinrich verzichtet auf WM”. handelsblatt.com (2002年5月21日). 2016年10月22日閲覧。
  12. ^ Ex-Nationalspieler Jörg Heinrich beurlaubt”. B.Z. Berlin (2016年3月2日). 2016年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]