フレディー・アドゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディー・アドゥー Football pictogram.svg
FreddyAdu 20060614.jpg
名前
本名 Fredua Koranteng Adu
愛称 Freddy
カタカナ フレディー・アドゥー
ラテン文字 Freddy ADU
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ガーナの旗 ガーナ
生年月日 1989年6月2日(24歳)
出身地 ガーナの旗 テマ
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 ECバイーア
ポジション FW / MF
背番号 8
利き足 左足
ユース
2002-2003 アメリカ合衆国の旗 IMGアカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006
2007
2007-2011
2008
2009
2010
2011
2011-2013
2013-
アメリカ合衆国の旗 DCユナイテッド
アメリカ合衆国の旗 R・ソルトレイク
ポルトガルの旗 ベンフィカ
モナコの旗 モナコ (loan)
ポルトガルの旗 ベレネンセス (loan)
ギリシャの旗 アリス (loan)
トルコの旗 チャイクル・リゼスポル (loan)
アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・U
ブラジルの旗 バイーア
87 (12)
11 0(1)
11 0(2)
9 0(0)
3 0(0)
9 0(1)
11 0(4)
35 0(7)
0 0(0)
代表歴2
2002-2033
2003-2009
2008-2012
2006-
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-17
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-20
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-23
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
15 (16)
33 (16)
11 0(5)
17 0(2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年4月3日現在。
2. 2013年4月3日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

フレドゥア・コランテング・"フレディー"・アドゥー(Fredua Koranteng "Freddy" Adu, 1989年6月2日 - )は、アメリカ合衆国サッカー選手。ガーナテマ出身。ECバイーア所属。ポジションは主にフォワード。14歳10か月でプロデビューという、アメリカプロスポーツ史上最年少記録を持つ。アメリカA代表にも名を連ねる。

経歴[編集]

神童と呼ばれた時代[編集]

ガーナの首都アクラ郊外の港町・テマで生まれる。幼児期から大人たちに交じってボールを蹴っていたという。8歳の時、母親のグリーンカード取得を期に、家族でアメリカ・ワシントンD.C.に移り住んだ。

その後メリーランド州の私立校に通いながら、選手育成プログラム (U.S. Olympic Development Program) に参加し、本格的にサッカーを学ぶ。この頃、ある大会に出場したフレディーに目をつけたイタリアインテルから数十万ドルの契約を持ちかけられたが、この時は母親が断っている。

2002年1月、12歳でフロリダ州のIMGサッカーアカデミーに入所。2003年8月に開かれたU-17世界選手権にアメリカ代表として出場し4ゴールを挙げる活躍を見せると、そのわずか3か月後にはワールドユース選手権にも飛び級で出場。当時14歳というそのあまりにも若い新星の登場は、世界中から注目を集めた。

2004年メジャーリーグサッカー (MLS) ドラフト会議を経て、D.C. ユナイテッドとプロ選手契約を交わす。同年4月3日には、MLS2004年シーズン開幕戦となる対サンノゼ・アースクエイクス戦で後半途中から出場しプロデビュー戦を飾った。当時14歳10か月という年齢は、1887年から続くアメリカの全プロスポーツの歴史上で最も若い記録である。また2週間後の4月27日には、対メトロスターズ戦でプロ初ゴールを挙げている。

プロ1年目の2004年シーズンは全30試合に出場し、5得点と3アシストを記録。同年のMLSカップ優勝に貢献した。その後もチームの主力選手として活躍し、"Player of the Week" や "Goal of the Week" 賞に複数回選ばれたほか、過去特別推薦枠でMLSのオールスターチームに選ばれるなど、その実力は10代にしてリーグトップクラスとも評価されている。また2006年シーズンはミッドフィールダーとして起用される機会も増え、守備面での成長も見られるようになった。

海外移籍とスランプ[編集]

2006年1月、ワールドカップドイツ大会を間近に控えたアメリカA代表チームに招集され、同1月22日カナダ代表との親善試合でA代表デビューを果たした。しかし招集はこの時のみで、本大会メンバーからも外れている。U-20W杯カナダ大会地区予選ではU-20アメリカ代表の主将を務めた。

2006年12月、アロケーション(Allocation, 戦力分配)制度に伴う交換トレードレアル・ソルトレイクに移籍した。2007年6月、SLベンフィカへ移籍したが、11試合の出場に終わった。2008-09シーズンはASモナコにレンタル移籍したが、途中出場のみ9試合の出場で、出場時間は計88分にとどまった。2009年8月、CFベレネンセスにレンタル移籍が決定。2010年1月6日、アリス・テッサロニキにレンタル移籍が決定。アリス・テッサロニキでのレンタル終了後、自ら他チームのテストを受けに出かけ、スイスのFCシオンやデンマークのレンジャースFCなどで入団テストを受けたものの不合格となる。2011年2月にトルコ2部のチャイクル・リゼスポルへのレンタル移籍が決定。

所属クラブ[編集]

2008 →モナコの旗 ASモナコレンタル移籍
2009 →ポルトガルの旗 CFベレネンセス (レンタル移籍)
2010 →ギリシャの旗 アリス・テッサロニキ (レンタル移籍)
2011 →トルコの旗 チャイクル・リゼスポル (レンタル移籍)

備考[編集]

  • 2006年オフシーズン、イングランドチェルシーFCが850万ドル(約10億円)という破格の移籍金で獲得交渉中であると報じられた。しかし本人はD.C. ユナイテッドでのプレー続行を希望し、報道を否定した。その後2006年11月にはマンチェスター・ユナイテッドFCの練習に参加し、アレックス・ファーガソン監督がその才能を称賛するコメントを出すなど、欧州の列強クラブから熱視線を送られている。また2007年2月にレアル・マドリード公式サイトに掲載されたインタビュー記事の中では、「いつかレアル・マドリードでプレーするのが夢」と語っている。そして2007年夏の移籍市場で争奪戦を制したのはポルトガルSLベンフィカだった。
  • 2歳下の弟、フロ・アドゥー (Fro Adu, Fredua Akoto Adu) もサッカー選手。ポジションはディフェンダーで、アメリカU-15、U-17代表を経験している。

外部リンク[編集]