アントニオ・ナエルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はナエルソン第二姓(父方の)はマティアスです。
アントニオ・ナエルソン Football pictogram.svg
Antônio Naelson.jpg
名前
本名 アントニオ・ナエルソン・マティアス
Antônio Naelson Matias
愛称 Zinha, Sinha
ラテン文字 Antônio Matias
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1976-05-23) 1976年5月23日(42歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル イタージャ
身長 170cm
選手情報
在籍チーム 引退
ポジション MF
代表歴
2004- メキシコの旗 メキシコ 49 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・ナエルソン・マティアスAntônio Naelson Matias, 1976年5月23日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・ノルテ州出身の元メキシコ代表サッカー選手。現役時代のポジションはMF。愛称はジーニャ、またはシーニャ

経歴[編集]

リオグランデ・ド・ノルテ州ナタールを本拠地とするクラブ、アメリカFCでキャリアをスタートさせた。メキシコのクラブ、CFモンテレイで1年過ごした後、1999年にデポルティーボ・トルーカFCに加入。

メキシコ帰化し、メキシコ代表としてアテネオリンピックにも出場したが、グループリーグでマリ代表韓国代表に次ぐ3位となり敗退した。2005年のコンフェデレーションズカップでも、日本代表を相手にゴールを奪うなどメキシコの4位に貢献。また、同年に行われたCONCACAFゴールドカップにも招集された。ドイツW杯にも出場し、2006年6月11日のイラン代表戦で79分に得点を決め、メキシコ国外で生まれた代表選手として初めてワールドカップで得点を挙げた選手となった。

2010年5月23日、彼の誕生日に5度目のメキシコリーグ優勝を決めた。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]