マルコ・ファビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はファビアン第二姓(母方の)はデ・ラ・モラです。
マルコ・ファビアン Football pictogram.svg
Marco Fabian Selección Mexicana.jpg
名前
本名 マルコ・ジョンファイ・ファビアン・デ・ラ・モラ
Marco Jhonfai Fabian de la Mora
ラテン文字 Marco FABIAN
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1989-07-21) 1989年7月21日(30歳)
出身地 グアダラハラ
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・ユニオン
ポジション MF(OMF)
背番号 10
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2016 メキシコの旗 グアダラハラ 153 (48)
2014 メキシコの旗 クルス・アスル (loan) 31 (8)
2016-2019 ドイツの旗 フランクフルト 43 (8)
2019- アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・ユニオン
代表歴2
2009 メキシコの旗 メキシコ U-20 3 (0)
2011-2012 メキシコの旗 メキシコ U-23 20 (15)
2012- メキシコの旗 メキシコ 36 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月8日現在。
2. 2018年3月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・ファビアン(Marco Fabian, 1989年7月21日 - )は、メキシコハリスコ州グアダラハラ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーメジャーリーグサッカーフィラデルフィア・ユニオン所属。

経歴[編集]

メキシコのCDグアダラハラでプロキャリアをスタートさせ、2007年11月10日、ハグアレス・デ・チアパス戦でデビューを果たした。モナルカス・モレリア戦でプロ初ゴールを記録した。

2016年1月にアイントラハト・フランクフルトに移籍。ニコ・コヴァチ監督の元で出場機会を得ていたが、コヴァチが2017-18シーズンに退任し、後任にアドルフ・ヒュッターが就くと、彼の信頼を得ることはできなかった。

2018年8月には鎌田大地らと共に戦力外通告を受け[1]、本人もフェネルバフチェSKからのオファーを承諾したものの、移籍には至らず残留することとなった[2]

結果、公式戦では2試合しか出場できず、2019年2月8日に、メジャーリーグサッカー(MLS)のフィラデルフィア・ユニオンへと移籍した。なお、移籍金は明かされていない[3]

代表歴[編集]

メキシコ代表として2011年6月12日、親善試合のベネズエラ代表戦でデビューした。6月25日、親善試合のエクアドル代表戦で初ゴールを記録した。2011 CONCACAFゴールドカップに出場した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

CDグアダラハラ
クルス・アスル
アイントラハト・フランクフルト

代表[編集]

メキシコ代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]