カルロス・サルセド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサルセド第二姓(母方の)はエルナンデスです。
カルロス・サルセド Football pictogram.svg
Ger-Mex (7).jpg
名前
本名 カルロス・ホエル・サルセド・エルナンデス
Carlos Joel Salcedo Hernández
愛称 エル・ティターン(El Titán[1])
ラテン文字 Carlos Salcedo
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1993-09-29) 1993年9月29日(24歳)
出身地 グアダラハラ
身長 188cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 アイントラハト・フランクフルト
ポジション DF (CB, RSB)
背番号 13
利き足 右足
ユース
2007-2008 メキシコの旗 グアダラハラ
2008-2012 メキシコの旗 ティグレス
2012 アメリカ合衆国の旗 ソルトレイク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2014 アメリカ合衆国の旗 ソルトレイク 25 (1)
2015-2018 メキシコの旗 グアダラハラ 54 (1)
2016-2017 イタリアの旗 フィオレンティーナ(loan) 18 (0)
2017-2018 ドイツの旗 フランクフルト(loan) 20 (0)
2018- ドイツの旗 フランクフルト
代表歴2
2011 メキシコの旗 メキシコ U-21 5 (1)
2013-2014 メキシコの旗 メキシコ U-23 4 (0)
2014- メキシコの旗 メキシコ 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年5月12日現在。
2. 2016年8月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・ホエル・サルセド・エルナンデススペイン語: Carlos Joel Salcedo Hernández, 1993年9月29日 - )は、メキシコグアダラハラ出身、同国代表サッカー選手アイントラハト・フランクフルト所属。ポジションはディフェンダー。強靭な体躯とアグレッシヴなプレースタイルから、スペイン語でギリシャ神話の巨神を意味する「エル・ティターン (El Titán)」と呼ばれる。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

出身地の強豪クラブであるCDグアダラハラのユース部門から2008年にはUANLティグレスのユースに籍を移し、長らくディグレスの育成部門でサッカーを学んだ。2012年にアメリカメジャーリーグサッカーの新興クラブであるレアル・ソルトレイクのスカウトに目をつけられ、18歳で国外リーグに挑戦することになった。

レアル・ソルトレイク[編集]

2012年1月にレアル・ソルトレイクのユースアカデミー部門に参加すると、半年後の8月にはファーストチームの練習に参加するようになった[2]。2013年1月には自クラブ育成枠の資格を得たとして1年のプロ契約を結んだ。2013年5月4日にはリーグ戦の対バンクーバー・ホワイトキャップス戦においてファーストチーム及びプロデビューを果たした。2013-2014シーズンの後半はシーズン終了まで12試合にスタメン出場しレギュラーとして活躍した。

CDグアダラハラ[編集]

2015年1月6日に、ユース時代に所属していたCDグアダラハラが公式にサルセドと契約したことを発表した[3]。2週間後の同年1月18日にはホームで行われた対ウニベルシダ・ナシオナル戦(2-1で勝利)においてグアダラハラにおいてデビューを果たす[4]。2015年3月1日には対CFモンテレイ戦において初得点を記録した。

フィオレンティーナ[編集]

2016年8月21日に、イタリアセリエA所属のACFフィオレンティーナが買取オプション付きのローン移籍にてサルセドを獲得したことを、同クラブ公式サイトにより発表した[5]。同年9月16日に行われた対ACミラン戦にてセリエAにデビューした。

アイントラハト・フランクフルト[編集]

2018年5月14日、1年間の期限付きで加入していたアイントラハト・フランクフルトに完全移籍することが発表された[6]

代表[編集]

アンダー世代[編集]

U21、U23とリオデジャネイロオリンピックのメキシコ代表に招集されている。同大会の本戦では3試合全てに出場したがチームはグループリーグで敗退した。

フル代表[編集]

2015年4月15日に行われた国際親善試合の対アメリカ代表戦においてフル代表にデビューした。チリで開催されたコパ・アメリカ2015のメキシコ代表に選出されたが、チームはグループリーグで敗退した。続く2016年に行われた特別大会であるコパ・アメリカ・センテナリオのメキシコ代表には選出されなかった。

人物[編集]

強靭なフィジカルを持ったセンターバックであり、若くしてメキシコのフル代表に選出されている。ロングフィードやパスが得意であり、フィジカルを活かしたスライディングタックルにも秀でている。身長の高さのわりには空中戦の競り合いが弱点とされ、しばしばアグレッシヴなプレースタイルからカードコレクターの一面があるとも指摘されている[7]フィオレンティーナ移籍のさいに、イタリアメディアからはジョルジョ・キエッリーニに例えられて紹介された[8]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

CDグアダラハラ
アイントラハト・フランクフルト

個人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ Ecco chi è Carlos Salcedo, detto El Titanfiorentina.it(2016-8-21)(イタリア語),2016-8-28閲覧
  2. ^ Carlos Salcedomlssoccer.com (英語),2016-8-28閲覧
  3. ^ Comunicado de Prensa (Carlos Salcedo)chivasdecorazon.com(2015-1-6)(スペイン語),2016-8-28閲覧
  4. ^ Vibrante primer triunfo de Chivas en el Clausura 2015chivasdecorazon.com(2015-1-18)(スペイン語),2016-8-28閲覧
  5. ^ SALCEDO È UN GIOCATORE DELLA FIORENTINAviolachannel.tv(2016-8-21)(イタリア語),2016-8-28閲覧
  6. ^ 長谷部と鎌田のフランクフルト、サルセドを完全移籍で獲得bundesliga.com/jp (ドイツ語),2018-5-24閲覧
  7. ^ Carlos Salcedo's Profilewhoscored.com (英語),2016-8-28閲覧
  8. ^ De acuerdo a medios en Italia, el mexicano tiene características del elemento de la Juventus.goal.com(2016-8-22)(スペイン語),2016-8-28閲覧

外部リンク[編集]

  • [1](transfermarktによるデータ)