ハビエル・オロスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオロスコ第二姓(母方の)はペニュエラスです。(Template:スペイン語圏の姓名
ハビエル・オロスコ Football pictogram.svg
名前
本名 ハビエル・アントニオ・オロスコ・ペニュエラス
愛称 チュレティータ
ラテン文字 Javier Antonio Orozco Peñuelas
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1987-11-16) 1987年11月16日(33歳)
出身地 シナロア州ロス・モチス
身長 174cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 タンピコ・マデロFC
ポジション FW(CF)
背番号 27
利き足 右足
ユース
2002-2005 メキシコの旗 クルス・アスル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2013 メキシコの旗 クルス・アスル 165 (22)
2005-2010 メキシコの旗 クルス・アスル・イダルゴ 165 (62)
2013-2017 メキシコの旗 サントス・ラグナ 96 (29)
2016 メキシコの旗 チアパス(loan) 13 (1)
2017 メキシコの旗 ベラクルス(loan) 6 (0)
2017- メキシコの旗 タンピコ・マデロ 67 (26)
代表歴2
2010-2015  メキシコ 14 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年3月2日現在。
2. 2020年3月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハビエル・アントニオ・オロスコ・ペニュエラススペイン語: Javier Antonio Orozco Peñuelas1987年11月16日 - )は、メキシコのサッカー選手。元メキシコ代表。ポジションはFW

クラブ歴[編集]

クルス・アスルの下部組織出身。2005年にトップチームに昇格したが、クルス・アスル・イダルゴでもプレーを重ねた。2010-11シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグではレアル・ソルトレイク相手に4得点1アシストを記録したものの、試合は5-4での辛勝であった[1]

2013年にサントス・ラグナに移籍。2016年6月8日にチアパスFCにアペルトゥーラの間期限付き移籍[2]。翌年はティブロネス・ロホス・デ・ベラクルスに期限付き移籍した。

代表歴[編集]

2010年9月の親善試合に臨むメキシコ代表に招集されたが、出場は無かった。翌月12日のベネズエラ代表戦で代表初出場。

家族[編集]

父のルイス・アントニオ・オロスコ、兄のルイス・アルベルト・オロスコもサッカー選手[3]

父が6歳の時にvete por las chuletas(金を取りに行け)と言っていた事から父はChuletaと呼ばれていた。そのために息子の彼もChuletita(小さなポークチョップ)と呼ばれるようになった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]