ブライアン・ルイス・ゴンサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルイス第二姓(母方の)はゴンサレスです。
ブライアン・ルイス Football pictogram.svg
Bryan-Ruiz-Gonzales.jpg
名前
本名 ブライアン・ハフェト・ルイス・ゴンサレス
ラテン文字 Bryan Jafet Ruiz González
基本情報
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
生年月日 (1985-08-18) 1985年8月18日(31歳)
出身地 サンホセ州サンホセ
身長 186cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 スポルティングCP
ポジション FW (ST, WG)
背番号 10
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 コスタリカの旗 アラフエレンセ 66 (21)
2006-2009 ベルギーの旗 ヘント 79 (26)
2009-2011 オランダの旗 トゥウェンテ 65 (35)
2011-2015 イングランドの旗 フラム 97 (12)
2014 オランダの旗 PSV (loan) 14 (5)
2015- ポルトガルの旗 スポルティングCP 34 (8)
代表歴2
2005- コスタリカの旗 コスタリカ 93 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月30日現在。
2. 2016年10月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブライアン・ハフェト・ルイス・ゴンサレスBryan Jafet Ruiz González1985年8月18日 - )は、コスタリカサンホセ出身の同国代表サッカー選手スポルティングCP所属。ポジションはフォワード (FW)

サッカー選手のイェンドリック・ルイスは実弟。

来歴[編集]

クラブ[編集]

コスタリカ・プリメーラ・ディビシオンのLDアラフエレンセで18歳のときにデビューし、ロランド・フォンセカ・ヒメネスフローラン・レデスマとトリオを組んだ。2004年にはCONCACAFチャンピオンズリーグで優勝し、2004-05シーズンには国内リーグで優勝を果たした。点取り屋としてもプレーメーカーとしても優秀で、2005-06シーズンにはチームの最優秀選手のひとりだった。

2006年夏、4年契約でベルギー・ジュピラーリーグKAAヘントに移籍した。2007年12月8日のスポルティング・ロケレン戦ではハットトリックを達成した。2008-09シーズンにはリーグでもっとも素晴らしい選手のひとりとみなされ、12得点でチーム内得点王になった。SCヘーレンフェーンRSCアンデルレヒトスタンダール・リエージュクラブ・ブルッヘオリンピアコスFCSSCナポリニューカッスル・ユナイテッドFCセルティックFCウィガン・アスレティックFCAZアルクマールが彼に興味を示した。

2009年7月15日、移籍金500万ユーロでエールディヴィジFCトゥウェンテに移籍した。契約期間は4年[1]。8月1日、2009-10シーズン第1節のスパルタ・ロッテルダム戦でデビューし、57分にルイスと同じく新加入のミロスラフ・ストッフからパスを受けて移籍後初得点を決めた[2]。8月20日のUEFAヨーロッパリーグ予選・FKカラバフ戦と8月23日のRKCヴァールヴァイク戦では2試合続けて2得点を決め、第8節のVVVフェンロー戦から第17節のNACブレダ戦にかけては10試合連続得点を記録した[3]。その後もハイペースで得点を記録し続け、2010年3月27日のスパルタ・ロッテルダム戦ではハットトリックを達成した。最終的には35試合で25得点を記録し、自身が得点した試合すべてで勝ち点3を挙げるなど、力強く前線を牽引した。アヤックス・アムステルダムルイス・スアレスに次ぐ得点ランキング2位でシーズンを終えた。国内カップ戦であるKNVBカップでも3試合3得点と結果を残したが、欧州の舞台では振るわず、UEFAチャンピオンズリーグ予備戦・UEFAヨーロッパリーグ計10試合に出場して無得点に終わった。

2011年8月、移籍金約1200万ユーロでプレミアリーグフラムFCに移籍した。契約期間は4年間。

2014年冬、2014 FIFAワールドカップ出場を見据え移籍を志願し、レアル・ベティスなどが獲得に動いたが、1月15日、PSVアイントホーフェンにレンタル移籍し、2年半ぶりにエールディヴィジ復帰となった[4]

2015年1月31日、リーガ・エスパニョーラレバンテUDへレンタルされることが発表された[5]。しかしFIFA(国際サッカー連盟)が、1月30日の登録期限を過ぎてから登録されたとして、レバンテへの移籍を認めなかった。レバンテはこれに対して異議を申し立てたが、最終的に移籍が認められなかった[6]

代表[編集]

U-20コスタリカ代表の中心選手であった。2005年にA代表に初招集され、CONCACAFゴールドカップで初得点を決めた。ドイツワールドカップ北中米カリブ海予選に出場したが、本大会のメンバーからは外れた。2007年3月のニュージーランド戦では1得点1アシストの活躍を見せた。6月2日のチリ戦でも得点したが、その数分後に負傷し、2007年のCONCACAFゴールドカップ出場は逃した。南アフリカワールドカップ北中米カリブ海予選ではレギュラーとしてプレーし、最終予選最終節のアメリカ戦で2得点したが、得失点差の関係でホンジュラスに次ぐ4位となり、大陸間プレーオフにまわった。大陸間プレーオフでは南米予選5位のウルグアイに敗れ、本大会出場はならなかった[7]

2014 FIFAワールドカップではグループリーグ第2戦のイタリア戦で決勝点を挙げ、コスタリカの6大会ぶりの決勝トーナメント進出に貢献した。

所属クラブ[編集]

プロ経歴
2014年 →オランダの旗 PSVアイントホーフェン (期限付き移籍)

個人成績[編集]

代表[編集]


コスタリカ代表 国際Aマッチ
出場 得点
2005 7 1
2006 2 0
2007 6 2
2008 8 4
2009 10 2
2010 6 0
2011 7 0
2012 3 0
2013 11 3
2014 12 5
2015 13 3
2016 8 2
通算 93 22

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

コスタリカの旗 LDアラフエレンセ
オランダの旗 FCトゥウェンテ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]