ホルヘ・ルイス・ピント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はピント第二姓(母方の)はアファナドルです。
ホルヘ・ルイス・ピント Football pictogram.svg
PintoenSKCC.jpg
名前
本名 ホルヘ・ルイス・ピント・アファナドル
Jorge Luis Pinto Santander
ラテン文字 Jorge Luis PINTO
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1952-12-16) 1952年12月16日(66歳)
出身地 サン・ヒルスペイン語版
監督歴
チーム
1984-1985 コロンビアの旗 ミジョナリオス
1986-1987 コロンビアの旗 サンタフェ
1989-1990 コロンビアの旗 ユニオン・マグダレーナ
1990-1991 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ
1991-1993 コロンビアの旗 サンタフェ
1994-1997 コロンビアの旗 ユニオン・マグダレーナ
1997-1998 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
1998-1999 コロンビアの旗 ミジョナリオス
1999-2000 ペルーの旗 アリアンサ・リマ
2001 コロンビアの旗 アトレティコ・ブカラマンガ
2003-2004 コロンビアの旗 アトレティコ・ジュニオール
2004-2005 コスタリカの旗 コスタリカ
2006 コロンビアの旗 ククタ・デポルティーボ
2007-2008 コロンビアの旗 コロンビア
2009 エクアドルの旗 エル・ナシオナル
2011-2014 コスタリカの旗 コスタリカ
2014-2017 ホンジュラスの旗 ホンジュラス
2016 ホンジュラスの旗 ホンジュラス U-23
2018- コロンビアの旗 ミジョナリオス
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルヘ・ルイス・ピント(Jorge Luis Pinto Afanador, 1952年12月16日 - )は、コロンビアサンタンデール県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

2014年にブラジルで行われた2014 FIFAワールドカップで、サッカーコスタリカ代表を率いてベスト8まで導き、旋風を巻き起こしたことでも知られている監督。ワールドカップ後に退任し、同年ホンジュラス代表の監督に就任した。[1] 同時にU-23ホンジュラス代表監督も務め、2016年のリオオリンピックではベスト4に導いた。 2017年、2018 FIFAワールドカップ大陸間プレーオフでオーストラリア代表に敗れたことで退任した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]