カルロス・エルナンデス・バルベルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエルナンデス第二姓(母方の)はパルデルデです。
カルロス・エルナンデス Football pictogram.svg
Carlos Hernández.jpg
名前
本名 カルロス・エルナンデス・バルベルデ
Carlos Hernández Valverde
ラテン文字 Carlos Hernández
基本情報
国籍 コスタリカの旗 コスタリカ
生年月日 (1982-04-09) 1982年4月9日(35歳)
出身地 グアナカステ州
身長 170cm
選手情報
在籍チーム コスタリカの旗 ADカルメリタ
ポジション MF (OH)
背番号 16
利き足
ユース
コスタリカの旗 アラフエレンセ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2009 コスタリカの旗 アラフエレンセ 82 (19)
2007-2009 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー (loan) 41 (8)
2009-2012 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー 80 (28)
2011 コスタリカの旗 リモン (loan) 1 (0)
2012-2013 インドの旗 プラヤグ・ユナイテッド 16 (4)
2013-2014 ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックス 21 (7)
2014-2015 コスタリカの旗 カルタヒネス 11 (3)
2015 インドの旗 デンポ 10 (2)
2015 グアテマラの旗 ムニシパル 15 (3)
2016- コスタリカの旗 カルメリタ 33 (4)
代表歴2
2001  コスタリカ U-20 4 (2)
2004  コスタリカ U-23 11 (6)
2004- コスタリカの旗 コスタリカ 40 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月4日現在。
2. 2016年11月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・エルナンデス・バルベルデCarlos Hernández Valverde, 1982年4月9日 - )は、コスタリカグアナカステ州出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

コスタリカでのプレー[編集]

エルナンデスは、2004-05, 2005-06と2シーズン連続でアシスト王になったことからプリメーラ・ディビシオンでトップ選手のうちの1人と考えられていた。しかし、2006-07シーズンは体重増加に伴い怪我に苦しみ、クラブは以前の状態に戻させるため、Aリーグメルボルン・ビクトリーFCへ貸し出した。

メルボルン・ビクトリー[編集]

2007年6月12日、エルナンデスがLDアラフエレンセからメルボルン・ビクトリーFCへ2年間のレンタル移籍をした。移籍後初試合は、Aリーグ・プレシーズンカップ英語版で0-1と負けたニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC戦に70分から途中出場した。2007年7月28日の次の試合パース・グローリーFC戦では先制点となる移籍後初ゴールを決めた。

移籍1年目の早い段階でエルナンデスは、サポーターの一部から"太りすぎ"と批判されていた。

2007年10月21日、ホームドックランズ・スタジアムでのパース・グローリーFC戦でリーグ戦初ゴールを決め2-1の勝利に貢献した[1]。シーズンの終盤に差し掛かると、エルナンデスのフィットネスは改善され、フォームを最高の状態へ戻すとコンスタントに得点とアシストを重ねていった。

2008年5月にドックランズ・スタジアムでのユヴェントスFCとの注目が高い親善試合で、エルナンデスはチーム唯一のゴールを決めた。ボックスの外から弧を描いた素晴らしい一撃を放ち、これに相手GKのジェス・ヴァンストラッタン英語版は対応出来なかった。

ドックランズ・スタジアムで行われた2008-09シーズンの第3節、昨シーズンのリーグ王者ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC相手に先制点を挙げ5-0と大勝した[2]

移籍通算6ゴール目となった第20節のセントラルコースト・マリナーズFC戦では、壁を通り抜け、相手GKダニー・ヴコヴィッチの脚を通す素晴らしいFKの一撃を放った[3]。リーグ戦セミファイナル2nd legのアデレード・ユナイテッドFC戦で4-0と勝利。この試合で1ゴール3アシストと全ゴールに絡む活躍は、様々な所から賞賛を得た[4]

2009年4月1日に、エルナンデスはメルボルン・ビクトリーFCがレンタル元のLDアラフエレンセから自身を買取り、3年契約を結んだことをコスタリカのテレビで語った。さらに、8月にリーグが開幕するまでメジャー・リーグ・サッカーロサンゼルス・ギャラクシーへレンタル移籍することも語った[5]。しかし、ギャラクシーはエルナンデスへの関心を否定した[6]

2009年4月17日に、コスタリカの新聞ラ・ナシオン英語版メルボルン・ビクトリーFCLDアラフエレンセがついにエルナンデスの取引で合意に達し、また移籍金非公開ながら予想金額45万ドルであったことを報告した[7]。メルボルンは、5月14日にサインしたことを正式に発表した[8]

2010年2月15日にエルナンデスは、2009-10シーズン最優秀選手に送られるジョニー・ウォーレン・メダル英語版を受賞した[9][10]

2012年5月16日にエルナンデスがクラブを退団することが発表された[11]

プラヤグ・ユナイテッド[編集]

6月27日にエルナンデスは、Iリーグプラヤグ・ユナイテッドFC英語版と1年間の契約を結んだ。それは、インドサッカー界最大の移籍の1つとなった。公式会見の際にエルナンデスは、"このクラブに加入出来て嬉しい。この新たなチャンスとチャレンジを楽しみにしています。確かにインドへ移籍するのは重大な決断でしたが、ここには巨大なサッカーの熱意と情熱があると感じている。この素晴らしいチームの一員になれることに興奮している、そして来シーズンのチームの成功に貢献していきたいと考えている。"と語った[12]

代表[編集]

エルナンデスは、アンダー代表時代にアルゼンチンで開催された2001 FIFAワールドユース選手権U-23代表としてアテネオリンピックといった大きな大会でプレーしてきた。また、A代表としては30試合以上出場し、2006 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選でいくつか重要なゴールを決め本大会出場に貢献。2006 FIFAワールドカップのメンバーにも選ばれた。現時点で最後のゴールとなったフランス代表戦では、25メートルの距離からネットの左側にシュートを決めた。

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
コスタリカ リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
2001-02 アラフエレンセ プリメーラ 0 0 8 1 8 1
2002-03 10 2 2 1 12 3
2003-04 16 4 6 0 21 4
2004-05 24 3 8 4 31 7
2005-06 20 6 7 1 26 7
2006-07 12 4 4 0 16 4
オーストラリア リーグ カップ リーグ杯 オセアニア/アジア 通算
2007-08 メルボルン.V Aリーグ 20 4 3 2 1 1 15 3
2008-09 21 4 4 1 25 5
2009-10 28 13 6 0 34 13
2010-11 30 5 4 1 34 6
2011-12 21 10 34 9
総通算 86 48 10 4 13 5 4 1 113 58

代表での得点[編集]

結果欄はコスタリカの得点を左側に記している

脚注[編集]

  1. ^ "Hernandez leads Victory to huge win"
  2. ^ "Victory run riot"
  3. ^ "Victory too good for Mariners"
  4. ^ "Hernandez leads Victory to huge win"
  5. ^ "Hernandez on Costa Rican television"
  6. ^ "Five-a-side: What's hot around the league"
  7. ^ "Victory Liga confirma venta de Hernández al Victory"
  8. ^ "Carlos signs for three"
  9. ^ "Hernandez wins Johnny Warren Medal"
  10. ^ "Johnny Warren Medal To Carlos"
  11. ^ "Carlos Hernandez departs Victory"
  12. ^ Carlos Hernandez pens a one year deal with Prayag United

外部リンク[編集]