ルイス・ペレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレア第二姓(母方の)はモスケラです。
ルイス・ペレア Football pictogram.svg
Luis Amaranto Perea.jpg
アトレティコ・マドリード時代のペレア (2010年)
名前
本名 ルイス・アマラント・ペレア・モスケラ
Luis Amaranto Perea Mosquera
ラテン文字 Luis PEREA
基本情報
国籍  コロンビア
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-01-30) 1979年1月30日(39歳)
出身地 トゥルボスペイン語版
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション DF (CB, RSB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン 117 (0)
2003-2004 アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ 16 (0)
2004-2012 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 224 (0)
2012-2014 メキシコの旗 クルス・アスル 70 (5)
通算 427 (5)
代表歴
2003-2014 コロンビアの旗 コロンビア 72 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイス・ペレア(Luis Amaranto Perea Mosquera, 1979年1月30日 - )は、コロンビア出身の元サッカー選手。元コロンビア代表である。ポジションはディフェンダー(センターバック、右サイドバック)。

ルイスの弟はかつてアトレティコ・マドリードBに所属していた[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

インデペンディエンテ・メデジンからプロデビューし、2003年にアルゼンチンのボカ・ジュニアーズに移籍した。同年にはインターコンチネンタルカップ優勝に貢献した。

2004年6月11日、スペイン・リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードと4年契約を結び[2]、同時期に加入したパブロ・イバニェスとセンターバックのコンビを組むことが多かった。2007-08シーズンはリーグ戦で4位に入り、クラブにとって12シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズン中にはスペイン国籍を取得している[3]2008年夏にフィオレンティーナからトマーシュ・ウイファルシが加入すると、ペレアはしばしば右サイドバックとして起用され、さらにアヤックスからヨニー・ハイティンハが加入するとレギュラーポジションを失った。ハイティンハがエヴァートンに移籍した2009-10シーズンはレギュラーに戻り、28試合に出場した。

代表[編集]

2003年9月10日2006 FIFAワールドカップ・南米予選ボリビア戦 (0-4) でコロンビア代表デビューした。2007年2011年にはコパ・アメリカにも出場している。

プレースタイル[編集]

最大の特徴は抜群のスピードであり、またカバーリングにも巧さを見せていた。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

ボカ・ジュニアーズ
アトレティコ・マドリード
クルス・アスル

脚注[編集]

  1. ^ Obed Perea debutó con el D. C. United de Aduas、2006年3月8日(スペイン語)
  2. ^ Atlético sign defender PereaUEFA.com、2004年6月11日
  3. ^ Atlético allowed to register CléberUEFA.com、2007年8月2日

外部リンク[編集]