ミジョナリオスFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミジョナリオスFC
原語表記 Millonarios Fútbol Club
愛称 Millos (ミジョナリオスの略称),
Los Embajadores (大使),
El Ballet Azul (青いバレエ),
Los Albiazules (白と青),
Los Capitalinos (都会人)
クラブカラー 青・白
創設年 1946年
所属リーグ カテゴリア・プリメーラA
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ボゴタ
ホームスタジアム エル・カンピン
収容人数 36,643[1]
代表者 コロンビアの旗 エンリケ・カマチョ・マタモロス
監督 アルゼンチンの旗 ディエゴ・コッカ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ミジョナリオスFC (スペイン語: Millonarios Fútbol Club) は、コロンビアの首都ボゴタを本拠地とするサッカークラブである。

1937年にクラブは創設。1950年代初頭にアルフレッド・ディ・ステファノらのスター選手をアルゼンチンのCAリーベル・プレートから獲得し、破壊的な攻撃力で席巻した事から、当時世界最強のクラブの一つと云われた。

その後も安定した実力を保ち続け多くのタイトルを獲得。また1980年代にはメデジン・カルテルホセ・ゴンサロ・ロドリゲス・ガチャ(José Gonzalo Rodríguez Gacha)の支援を受け財政的には安定した。しかし、1989年にガチャがコロンビア国際警察により射殺された事で大口のスポンサーを失いクラブの財政状況は悪化。近年は下位に低迷を続ける。

同じボゴタを本拠地とするインデペンディエンテ・サンタフェ、そして、アトレティコ・ナシオナルアメリカ・デ・カリデポルティーボ・カリとライバル関係にある。サンタフェとのダービーは、エル・クラシコ・キャピタル(首都のダービー)と呼ばれていてる。

名称[編集]

ミジョナリオスFCの名前はmillonarios(大富豪)である。この名前がついたのは1939年である。その前の名前はDeportivo Independiente(デポルティーボ・インデペンディエンテ)であった。この名前がついた経緯は、この頃、デポルティーボ・インデペンディエンテは大変、有力な後援者を得て、財政面が一気に充実した。スタジアムの座席が寄付により備え付けられ、選手の給料も上がり、国内の選手も外国人選手並みの年俸を得るようになった。このような状況を見て、日刊エル・ティエンポ紙の記者のルイス・モントージャが激しい批判を開始し、チームが庶民の気持ちから離れ、成金のチームになったと憤慨した。ルイス・モントージャの「アルゼンチン選手はとても強欲だ。給料を更に上げろと要求している。これでは大金持ちのクラブだ。ミジョナリオスは庶民のクラブだったのに今では大金持ちのクラブになった」というこの表現から、クラブはミジョナリオス(大富豪)という仇名で呼ばれるようになった。そして、次第にこれが正式なクラブ名となって行った。

ユニフォーム[編集]

ミジョナリオスの現在のユニフォームが着用されたのは1939年である。これはアルゼンチンのクラブ・チームCAティグレを模したものである。 メンバーがアルゼンチンのフットボール誌「エル・グラフィコ」のある号の表紙にティグレの選手が載っていたのを見て、それに影響を受けて決定した。そして、パンツの色はCAティグレは青色だが、ミジョナリオスは白色に変えることにした。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://es.fifa.com/classicfootball/clubs/club=44210/

外部リンク[編集]