マーク・ガイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーク・ガイガー
Mark Geiger.jpg
個人情報
フルネーム Mark William Geiger
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ビーチウッド[1]
他職業 数学教師
国内
リーグ 役割
2002–2004 A-League 審判員
2004–現在 MLS 審判員
2011–現在 NASL 審判員
国際
リーグ 役割
2008–現在 FIFA選出 審判員

マーク・ガイガー(Mark William Geiger, 1974年8月25日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のサッカー審判員

来歴[編集]

ガイガーは1988年から審判を始めた。2003年アメリカ合衆国サッカー連盟の全国審判員(National Referee)となり、2004年からMLSの審判員を務める。2008年にはFIFA選出の国際審判員となり、CONCACAFゴールドカップなどの国際試合を担当している。2011年にはCONCACAF U-20選手権2011決勝の主審を務めた[2]

2011年にはコロンビアで開催された2011 FIFA U-20ワールドカップにおいて、グループリーグのブラジルオーストリア[3]ウルグアイカメルーン[4]、決勝トーナメント一回戦のスペイン韓国[5]、そしてボゴタで行われた決勝のブラジル対ポルトガル[6]を担当した。アメリカ人の審判が男子サッカーの主要な国際大会の決勝で主審を務めたのはこれが初めてであった[7]

2012年にはロンドンオリンピックの審判員に選出され、グループDのスペイン日本[8]と準準決勝の日本対エジプト[9]の主審を務めた。2013年には2013 CONCACAFゴールドカップクラブW杯で審判員を務めた[10][11]

ガイガーは2011年と2014年の2度、MLSの最優秀審判に選出されている[12][13]

2014 FIFAワールドカップ[編集]

ガイガーは2014 FIFAワールドカップの審判員に選出された[14]。彼は審判員の選出に際し、「(ワールドカップは)非常に誇らしい瞬間となるだろう」と述べ、喜びを現した[1]。グループCのコロンビア対ギリシャ戦[15]、グループBのチリ対スペイン戦、決勝トーナメント一回戦のフランス対ナイジェリア戦[16]の3試合で主審を務めた。

2018 FIFAワールドカップ[編集]

ガイガーは2018 FIFAワールドカップの審判員に2大会連続で選出された。本大会ではグループBのポルトガル対モロッコ戦[17]、グループFの韓国対ドイツ戦[18]、決勝トーナメント一回戦のコロンビア対イングランド戦[19]の3試合で主審を務めた。

また、本大会ではVARも担当した。VARを担当したデンマーク対オーストラリア戦では、ペナルティーエリア内でのハンドを指摘し、オーストラリアにペナルティーキックを与えるよう助言した[20]

私生活[編集]

ガイガーはトレントン州立大学(現在のニュージャージー大学英語版)で学び、ニュージャージー州ラノーカ・ハーバー英語版にあるレイシー・タウンシップ高校英語版の数学教師となったが、フルタイムの審判員になるため後に辞職した。レイシー・タウンシップ高校在職中の2010年には、優秀な理数系教師としてバラク・オバマ大統領の表彰を受けた[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b Mark Geiger excited to fulfil World Cup dream”. Professional Referee Organization (2014年1月20日). 2017年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  2. ^ Geiger to referee U-20 final, CCL Round 2”. CONCACAF (2011年8月19日). 2012年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  3. ^ Match Report - Brazil 3-0 Austria”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  4. ^ Match Report - Uruguay 0-1 Cameroon”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  5. ^ Match Report - Spain 0-0 Korea Republic”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  6. ^ Match Report - Brazil 3-2 Portugual”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ Geiger, Hurd and Fletcher to Officiate FIFA U20 World Cup Final”. Professional Soccer Referees Association. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  8. ^ Matchcast - Spain 0:1 Japan”. FIFA. 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月7日閲覧。
  9. ^ Men's Olympic Football Tournament Japan 3:0 (1:0) Egypt - Summary - FIFA.com”. 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  10. ^ PRO Referee Roster”. Professional Referee Organization. 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  11. ^ FCWC 2013 Appointments of Match Officials”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  12. ^ MLS veteran Geiger named Referee of the Year”. Major League Soccer (2011年11月10日). 2018年8月8日閲覧。
  13. ^ Mark Geiger named MLS Referee of the Year; Paul Scott voted Assistant Referee of the Year”. Major League Soccer (2014年11月25日). 2015年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。
  14. ^ Referees & Assistant referees for the 2014 FIFA World Cup™”. FIFA (2014年1月14日). 2018年8月8日閲覧。
  15. ^ Referee designations for matches 5-8”. FIFA (2014年6月12日). 2018年8月8日閲覧。
  16. ^ Matches - France-Nigeria”. FIFA. 2018年8月10日閲覧。
  17. ^ Matches - Portugal - Morocco”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  18. ^ Matches - Korea Republic - Germany”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  19. ^ Matches - Columbia - England”. FIFA. 2018年8月8日閲覧。
  20. ^ Australia salvage draw against Denmark with VAR-awarded penalty”. ESPN (2018年6月21日). 2018年8月8日閲覧。
  21. ^ Presidential Math and Science Teachers Award Release”. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月8日閲覧。