マーク・パストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・パストン Football pictogram.svg
Paston1.jpg
名前
本名 マーク・ネルソン・パストン
Mark Nelson Paston
ラテン文字 Mark PASTON
基本情報
国籍  ニュージーランド
生年月日 (1976-12-13) 1976年12月13日(40歳)
出身地 ヘイスティングズ
身長 195cm
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2013
ネーピアシティ・ローバース
ブラッドフォード・シティAFC
ウォルソールFC
セント・ジョンストンFC
ニュージーランド・ナイツFC
ウェリントン・フェニックスFC
135 (0)
13 (0)
9 (0)
2 (0)
10 (0)
72 (0)
代表歴2
1997-2013 ニュージーランドの旗 ニュージーランド 36 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2013年9月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マーク・ネルソン・パストンMark Nelson Paston, 1976年12月13日 - )は、ニュージーランド出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ

ネーピアシティ・ローバースでキャリアをスタート。2003年にはイングランド2部・ブラッドフォード・シティAFCに移籍。2006年までイギリス国内のクラブでプレーした後、母国のクラブ・ニュージーランド・ナイツFCに移籍。

2007年、Aリーグ所属のウェリントン・フェニックスFCに移籍。アデレード・ユナイテッドFC戦でデビューするが、試合は1-4で敗れた。グレン・モス在籍時は第2GKだったが、モスがメルボルン・ビクトリーFCに移籍してからは正GKの地位を獲得した。2009年はウェリントンと1年契約を結ぶ。2009-10シーズンはホーム戦連続無敗数のリーグ記録の更新に貢献するが、12月に脛骨を骨折し残りのシーズンは欠場することになった[1]。2010年1月、クラブとの契約を2011-12シーズンまで更新するが、2010-11シーズン後半に再び脛骨を骨折した[2]

代表

1997年9月21日のインドネシア戦でA代表デビュー。その後はジェイソン・バッティマイケル・アッティングロス・ニコルソンらが招集されていたため、2003年まで代表には招集されなかった。バッティ、アッティングが代表を引退してからは、後にウェリントン・フェニックスで同僚となるグレン・モスと正GKの座を争う。

FIFAコンフェデレーションズカップ2009では第2GKとされ出場機会は無かった。W杯南アフリカ大会オセアニア予選ではモスが4試合の出場停止処分を受けたため、大陸間プレーオフ・バーレーン戦2試合に出場。敵地での1stレグをスコアレスドローで切り抜け、2ndレグではPKを防いで1-0で勝利、ニュージーランド代表の2度目の本大会出場に貢献した。モスの出場停止処分が本大会でも適用されていたため、パストンが3試合全てに出場。グループリーグ敗退に終わったものの、出場国唯一の無敗チームとして大会を終えた。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Woodcock, Fred(2009年12月11日)Mark Paston's dead leg proves to be fractured leg The Dominion Post
  2. ^ Paston's season probably over NZherald.co.nz.

外部リンク[編集]