サッカーツバル代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーツバル代表
国または地域 ツバルの旗 ツバル
協会 ツバルサッカー協会
FIFAコード TUV[1]
監督 オランダの旗 リーン・ルーイェン
最多出場選手 マウ・ペニシュラ(14試合)
最多得点選手 アロプア・ペトア(6得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1979年8月26日ニューカレドニア
0-11
最大差勝利試合 2011年8月27日アメリカ領サモア
4-0
最大差敗戦試合 1979年8月29日タヒチ
0-18
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
OFCネイションズカップ
出場回数 0回

サッカーツバル代表は、ツバルサッカー協会(TNFA)によって編成される、ツバルサッカーナショナルチームである。

ツバルはオセアニアサッカー連盟(OFC)の準加盟メンバーであるが、国際サッカー連盟(FIFA)に未加盟の為、ワールドカップ本大会および予選など、FIFAが主催する大会に参加する資格が与えられていない。

概要[編集]

1979年にサッカー協会が設立。同年にフィジーで開催されたサウスパシフィックゲームズに代表チームを初めて国際大会に派遣した。

ツバルには首都フナフティにサッカー場が1つ存在するが、海抜の低い国土ゆえ、満潮時になると地下から海水があふれ出し、グラウンドの芝生も塩害の影響でダメージを受けているなど、劣悪なコンディションの下に置かれている[2]。 チームはサッカー場の側にあるフナフティ国際空港の滑走路で練習することもあり、このような状況から、これまでホームで国際試合を開催した経験はない[3]

サッカーはツバルで最も人気のあるスポーツの一つとされ[4]、1987年からFIFAに加盟を申請しているものの、上述のインフラ面や財政面の問題から却下されている[5]

将来的なFIFA加盟を目指し、2008年には当時のツバル首相であったアピサイ・イエレミアがFIFA本部を訪問し、ゼップ・ブラッターと対面。改めて正式なメンバー加盟についての陳情を申し入れた[6]。ツバルのFIFA加盟に関しては、フィジーサッカー協会も支援に協力する意向を示しており、要請があれば試合会場や練習場所の提供に応じるとしている[7]

また、ツバルはオランダの財団とボランティアグループからも支援を受けており[8]、2011年には北京オリンピックオランダ代表率いたフォッペ・デ・ハーンが監督に就任し[9]パシフィックゲームズ2011までの期間限定ながら、無償で代表を率いた[10]。デ・ハーンに率いられた代表はパシフィックゲームズ本大会で、アメリカ領サモアから4-0と勝利を収めている。

成績[編集]

パシフィックゲームズ[編集]

  • 1979年 - 8位
  • 2003年 - 8位
  • 2007年 - 9位
  • 2011年 - 7位

選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIFA未加盟のため、FIFAの文書において正規には使用されない。
  2. ^ Queen's Baton Relay: Football on a level plane field BBC(2014年1月23日)
  3. ^ Tuvalu still dreams of joining Fifa's world football family BBC(2013年12月9日)
  4. ^ Tuvalu eye place in football family 国際サッカー連盟(2008年9月22日)
  5. ^ Sinking Tuvalu get refused membership of Fifa Stuff.co.nz(2013年12月19日)
  6. ^ Tuvalu eye place in football family 国際サッカー連盟(2008年9月22日)
  7. ^ Navua hosts Rewa at Nausori Fiji Sun(2014年1月17日)
  8. ^ “Background”. Dutch Support Tuvalu. http://friendsoftuvalu.tv/pages.php?page=15 2016年5月14日閲覧。 
  9. ^ De Haan: We will be a surprise package オセアニアサッカー連盟(2011年8月26日)
  10. ^ Supercoach Foppe De Haan impresses at games Radio Australia(2012年2月15日)

外部リンク[編集]