サッカータヒチ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカータヒチ代表
国または地域 フランス領ポリネシアの旗 タヒチ
協会 タヒチサッカー連盟
愛称 Toa Aito (Les guerriers de fer / 鉄の戦士)
監督 フランスの旗 ルドヴィク・グラウニャール
最多得点選手 フェリックス・タガワ(14得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1952年9月21日ニュージーランド
2-2
最大差勝利試合 1971年9月2日クック諸島
30-0
2015年7月3日ミクロネシア連邦
30-0
最大差敗戦試合 2004年6月4日ニュージーランド
0-10
2013年6月20日スペイン
0-10
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
OFCネイションズカップ
出場回数 9回
最高成績 優勝 (2012)

サッカータヒチ代表は、タヒチサッカー連盟(Fédération Tahitienne de Football、略称:FTF) によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

概要[編集]

1989年にサッカー連盟が設立。タヒチ島だけでなく、同島が属するフランス領ポリネシア全体を代表する。南太平洋諸国が参加するパシフィックゲームズでは過去5度の優勝を誇るが、これまでにワールドカップの出場歴はない。

2012年6月10日、ソロモン諸島で開催されたOFCネイションズカップ2012の決勝でニューカレドニアを破り、初優勝を成し遂げた。これはオーストラリア(現AFC所属)・ニュージーランド以外のチームとしては史上初の快挙であった[1]。これによりFIFAコンフェデレーションズカップ2013の出場権を獲得し、フル代表としては初めてFIFA主催の国際大会に挑むこととなった。

2013年6月、オセアニア代表としてコンフェデレーションズカップ本大会に出場したが、アマチュア選手が大半を占めるタヒチと各大陸王者との間の実力差は著しく、グループリーグ初戦のナイジェリア戦では1-6、続くスペイン戦では0-10、そしてウルグアイ戦では0-8と3連敗を喫し、あえなく大会を去ることとなった。しかし、タヒチの最後までゴールを目指す姿勢は、地元ブラジルのファンから大きな声援を受け[2]、スペインのフェルナンド・トーレスをはじめ、対戦相手からもフェアプレーを称えるコメントが寄せられる[3]など、その戦いぶりは多くの注目を集めた。

タヒチにとって最大のハイライトは、初戦のナイジェリア戦でジョナタン・テハウが、大会唯一にしてFIFA主催の国際大会におけるタヒチ代表史上初となる歴史的ゴールを奪った瞬間であった。このゴールに対し、タヒチサッカー連盟は公式ツイッターで「全てのオセアニアの国のゴールだ」と投稿し、その喜びを表現した[4]

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

タヒチサッカー連盟設立(1989年)以降について記載する。

  • 1994年 - オセアニア予選敗退
  • 1998年 - オセアニア予選敗退
  • 2002年 - オセアニア予選敗退
  • 2006年 - オセアニア予選敗退
  • 2010年 - オセアニア予選敗退
  • 2014年 - オセアニア予選敗退

OFCネイションズカップ[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
ニュージーランドの旗 1973 準優勝 5 2 2 1 7 4
ニューカレドニアの旗 1980 準優勝 4 3 0 1 23 9
1996 準優勝 4 2 0 2 3 12
オーストラリアの旗 1998 4位 4 1 0 3 8 10
フランス領ポリネシアの旗 2000 グループリーグ敗退 2 0 0 2 2 5
ニュージーランドの旗 2002 3位 5 3 0 2 8 9
オーストラリアの旗 2004 グループリーグ敗退 5 1 1 3 2 24
2008 予選敗退
ソロモン諸島の旗 2012 優勝 5 5 0 0 20 5
パプアニューギニアの旗 2016 グループリーグ敗退 1 2 0 7 3 5
合計 9/10 35 19 3 21 76 83

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

(出場した大会のみ記載)

開催国 / 年 成績 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
ブラジルの旗 2013 グループリーグ敗退 3 0 0 3 1 24
合計 出場1回/優勝0回 3 0 0 3 1 24

パシフィックゲームズ[編集]

クープ・ドゥ・ルートル=メール[編集]

歴代代表選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

歴代監督[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]