サッカーアメリカ領サモア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーアメリカ領サモア代表
国または地域 アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア
協会 アメリカ領サモアサッカー連盟
監督 アメリカ領サモアの旗 ラリー・マナオ
最多出場選手 ニッキー・サラプ(17試合)
最多得点選手 ラミン・オット(3得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1983年8月20日西サモア
1-3
最大差勝利試合 1983年8月22日ウォリス・フツナ
3-0
最大差敗戦試合 2001年4月11日オーストラリア
0-31
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
OFCネイションズカップ
出場回数 0回

サッカーアメリカ領サモア代表(American Samoa national soccer team)は、アメリカ領サモアサッカー連盟(FFAS)によって編成されるアメリカ領サモアサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムはパゴパゴにあるベテランズ・メモリアル・スタジアム英語版

概要[編集]

人口が少ない上に、アメリカ領ということもあってアメリカンフットボールが圧倒的人気を占めるため、サッカーの実力は世界最弱レベルとして知られる。2001年4月11日のオーストラリア代表との試合では0-31での敗北を喫したが、これは国際Aマッチ史上最大点差の敗戦である。

1994年11月24日に、初のFIFA公式戦となる西サモア戦で敗戦して以来、FIFA公式戦では30戦全敗という結果であったものの、北中米カリブ海サッカー連盟から派遣されたトーマス・ロンゲンによる立て直しにより、31戦目となる2011年11月22日の2014 FIFAワールドカップ・オセアニア予選1次予選でトンガに勝利し[1]、FIFA加盟後の公式戦での初勝利を果たした[2]。この一連の経緯は後に、『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦』というドキュメンタリー映画として記録され、各国の映画祭などで上映された。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

アメリカ領サモアサッカー連盟設立(1984年)以降について記載


OFCネイションズカップ[編集]


歴代監督[編集]

歴代代表選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

FW[編集]

出典[編集]

  • FIFA.com 試合結果検索サービス
  1. ^ American Samoa 2 - 1 Tonga”. オセアニアサッカー連盟 (2011年11月23日). 2011年11月24日閲覧。
  2. ^ それ以前の勝利は、FIFA加盟前の1983年のウォリス・フツナ戦(現在もFIFA未加盟、3-0)のみであった。

外部リンク[編集]