パゴパゴ (アメリカ領サモア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パゴパゴ
Pago Pago
Panhg-oh Panhg-goh
PagoPago.jpg
位置
アメリカ領サモアの地図の位置図
アメリカ領サモアの地図
パゴパゴの位置の位置図
パゴパゴの位置
座標 : 南緯14度16分46秒 西経170度42分2秒 / 南緯14.27944度 西経170.70056度 / -14.27944; -170.70056
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 準州 アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア
 地区 東地区英語版
 郡 Ma'Oputasi郡
 村 パゴパゴ
地理
面積  
  村域 8.88 km2
標高 9 m (30 ft)
人口
人口 2010年4月1日現在)
  村域 3,656人
    人口密度   411.7人/km2
その他
等時帯 サモア標準時 (UTC-11)
ZIPコード 96799
市外局番 +1 684
公式ウェブサイト : http://www.pagopago.com/

パゴパゴ英語: Pago Pagoサモア語: Panhg-oh Panhg-goh)は、アメリカ領サモア首都である。人口は3,656人(2010年アメリカ国勢調査[1])。アメリカ領サモア最大の島であるトゥトゥイラ島に位置する。

概要[編集]

「パゴパゴ」の「パゴ」は、現地語で「暗い」を意味する。二回繰り返されているが、意味は変わらず、パゴパゴは同様に「暗い」を意味する。[2]

パゴパゴはオセアニア地域において重要な港である。しかし、パゴパゴ港の海産物は重金属などの汚染物質により、食べるのには注意が必要である。

街にはツナ缶の工場が存在する。


文学作品におけるパゴパゴ[編集]

モームの代表的短編小説である「雨」の舞台である。

また、景山民夫の『遠い海から来たCOO』は「パゴパゴ島」を舞台とするが、「パゴパゴ島」はフィジーの島という設定であり、パゴパゴがある島はトゥトゥイラ島であるため、アメリカ領サモアのパゴパゴとは無関係(ただし、パゴパゴ島は実在する)。

交通[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ Citypopulation.de/American Samoa
  2. ^ 世界地図から地名の起源を読む方法(ISBN 4-309-50227-X )