ほっと関西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニュースほっと関西から転送)
ニュースほっと関西

ほっと関西
ジャンル 報道番組
地域情報番組
出演者 出演者の項目を参照
製作
制作 NHK大阪放送局
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2015年3月30日 -
放送時間平日 18:00 - 19:00
放送分60分
公式サイト
テンプレートを表示

ほっと関西』(ほっとかんさい、英語NEWS HOT KANSAI)は、NHK大阪放送局2015年3月30日より放送を開始した、テレビの関西地域向けローカルワイドニュース番組である。

歴史[編集]

ニュースほっと関西 (2015 - 2021)[編集]

7年にわたって放送した『ニューステラス関西』の放送枠を引き継ぎ、新しく関西地域に向けたローカルニュース番組として再出発するもので、2015年3月5日にNHK大阪放送局の定例局長会見にて発表された[1]

コンセプトは「深く、鋭く、そして親しみやすい」で、関西2府4県のその日に入ってきた「ホット」なニュースに加え、「ほっと」する話題も取り入れる。また枠内でのコーナー割りが見直され、最初の20分間は関西2府4県向けの放送で、その後は各局別の放送となり、残りの30分間は大阪府域向けになる[2]

2021年5月24日放送分から放送常時同時配信・見逃し番組配信サービス「NHKプラス」で、大阪府ローカルの部分も含めた番組全編の見逃し配信を開始。これにより、日本全国で本番組を視聴が出来るようになった[3]

ほっと関西 (2022 - )[編集]

2022年3月28日からタイトルを『ほっと関西』に改め、タイトルロゴ・スタジオセットがリニューアルされた[4][注 1]。さらに、同年4月1日からは放送時間を18:00 - 19:00に拡大した[注 2]。2022年度の番組名から「ニュース」を外したことについて、司会の二宮が自ら提案したという[5]。また、同月9日から土曜日の18:05 - 18:59にも姉妹番組として『ほっと関西 サタデー』を開始し、こちらは鹿島綾乃アナウンサーがメインキャスターを務める[注 3]。さらに、これまで祝日と重なる場合は休止していたが、これも改めて『ほっと関西 ホリデー』と題した祝日特別版も放送していく予定[8]

放送時間[編集]

時刻はすべてJST(日本標準時)。

  • 平日 18:00 - 18:59
    • 18:00 - 18:30(近畿2府4県ブロックネット)
    • 18:30以降、大津局は『おうみ発630』、京都局は『ニュース630 京いちにち』、神戸局は『Live Love ひょうご』、奈良局は『ならナビ』、和歌山局は『ギュギュっと和歌山』をそれぞれ放送。
    • 祝日・年末年始と重なる場合は休止となり、18:45 - 18:59(年末年始は18:50 - 19:00)に『NHKニュース』(番組表上の表記タイトルは『ニュース・気象情報(関西)』)として近畿地方のニュース・気象情報を放送。ただし、2022年度以降一部の祝日では当番組の祝日版として『ほっと関西 ホリデー』が放送される。また、通常の平日編成日でも稀に特設ニュースや大相撲中継の延長などにより短縮・休止となる場合がある[注 4]
  • 2022年3月31日までは18:10開始。
企画
 18:00  関西のニュース
 18:24  全国のニュース
 18:28  気象情報
 18:30  ええやん!
 18:35  大阪府のニュース
 18:40  Hot Sports
 18:45  関西のニュース
 18:52  えりの天気[9]
  • ほっと関西サタデー 土曜日(祝日など特定日除く[注 5])18:05 - 19:00[注 6][10]

出演者[編集]

出演者 年度 担当
二宮直輝 2019 - 現在 キャスター
牛田茉友 2021 - 現在 キャスター
坂下恵理 2015 - 現在 気象情報
森本万里奈 2021 - 現在 スポーツ
廣由梨 2020 - 現在 リポーター
當麻陽香 2021 - 現在 リポーター
鹿島綾乃 2022 - 現在 サタデー キャスター
堀井洋一 2022 - 現在 サタデー ニュースリーダー
石井元樹 2022 - 現在 サタデー 気象情報
森田洋平 2015 キャスター
眞田佳織 2015 リポーター
青井実 2016 キャスター
赤木野々花 2015 - 2016 キャスター
中山奈奈恵 2015 - 2016 スポーツ
石田鮎美 2015 - 2016 リポーター、代理キャスター
塩見泰子 2016 - 2017 リポーター、代理キャスター
有田早紀 2017 リポーター
近田雄一 2017 - 2018 キャスター
石橋亜紗 2017 - 2018 キャスター
山下美咲 2016 - 2018 リポーター
國生千代 2018 - 2019 リポーター
川﨑理加 2019 - 2020 キャスター
山本賀保子 2017 - 2020 スポーツ
櫻井有里沙 2018 - 2020 リポーター
表中の「現在」とは、2022年度を示す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ EPGでは2022年4月1日までは『ニュースほっと関西』表記、同年4月4日以降は『ほっと関西』表記になっている。
  2. ^ 同年4月4日から関東地方の『首都圏ネットワーク』も18:00 - 19:00に拡大される。関東地方、近畿地方以外は『NHKニュース』を裏送りで放送するが、近畿向けはこの東京からの裏送り全国ニュースは緊急時を除き放送せず、番組中盤で数項目、全国ニュースを時差ネットで扱う。
  3. ^ NHKプロ野球』などのスポーツ中継大型連休に伴う全国向けの特別番組を関西でも同時ネットで放送する場合は休止となり、代替として、18:45から関西向けのローカルニュースを編成する[6][7]
  4. ^ その際、18:30以降開始の短縮放送となる場合は大阪以外の近畿5府県ではネット返上となる。
  5. ^ 近畿以外では18:53 - 18:55に東京から全国放送される「全国の気象情報」も、近畿では放送せず左記番組で補完する。特別編成で休止となる場合は18:45 - 19:00に「関西のニュース・気象情報」(この場合東京からの「全国の気象情報」も放送)を編成する。
  6. ^ なお、これにより全国放送で、18:05 - 18:40に生放送されている『これって攻めすぎ!?世界旅行』、または『3分ドキュメンタリー』は、毎週火曜日のミッドナイトチャンネル枠内・23:50 - 24:30(=水曜日0:30)に振り替えて放送するが、2022年4月から当面、ロシアウクライナへの侵攻により、BS1で当日放送された『週刊ワールドニュース』に差し替えられており、報道番組の性質上差し替えの代替放送ができないため(この関係で『週刊ワールドニュース』は原則17時台=特番やスポーツ中継日などは10時台に前倒して放送)、現在は『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』の再放送がネットされている。

出典[編集]

  1. ^ “NHK話題の美人アナ キャスター起用”. デイリースポーツ. (2015年3月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/05/0007792516.shtml 2015年3月6日閲覧。 
  2. ^ 2015年度(平成27年度)NHK関西向けの番組”. 2015年3月10日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ NHKプラス@nhk_plusのツイート”. Twitter (2021年5月24日). 2021年5月25日閲覧。
  4. ^ nhk_bknewsのツイート2022年3月30日閲覧。
  5. ^ NHK大阪 アナウンサー発案で夕方ニュースが番組名変更 「ニュースほっと関西」から「ニュース」を外す”. スポーツニッポン (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  6. ^ NHK広報局 (2022年4月20日). “「君の声が聴きたい」放送ラインナップ”. 日本放送協会. p. 1. 2022年6月4日閲覧。
  7. ^ NHKベースボール@nhk_baseballのツイート”. Twitter (2022年6月3日). 2022年6月4日閲覧。
  8. ^ NHK大阪:「ほっと関西」4月からタイトル変更 二宮直輝アナの発案で”. まんたんウェブ (2022年3月3日). 2022年3月5日閲覧。
  9. ^ NHK大阪 報道部@nhk_bknewsのツイート”. Twitter (2021年1月29日). 2021年5月25日閲覧。
  10. ^ 2022年前半期定時番組の部門種別・近畿地方(P5)

外部リンク[編集]

NHK大阪放送局 平日夕方6時台ニュース枠
前番組 番組名 次番組
ニュースほっと関西

ほっと関西
-