言の葉の庭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
言の葉の庭
The Garden of Words
監督 新海誠
脚本 新海誠
原作 新海誠
製作 川口典孝
出演者 入野自由
花澤香菜
音楽 KASHIWA Daisuke
主題歌 秦基博Rain
オーガスタレコードアリオラジャパン
撮影 新海誠
編集 新海誠
製作会社 新海クリエイティブ
コミックス・ウェーブ・フィルム
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 香港の旗 台湾の旗 中華人民共和国の旗 2013年5月31日
大韓民国の旗 2013年8月14日
上映時間 46分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億5000万円(推定)
テンプレートを表示

言の葉の庭』(ことのはのにわ)は、新海誠監督のアニメーション映画2013年5月31日公開[1][2]。キャッチコピーは『”愛”よりも昔、”孤悲”のものがたり』。

概要[編集]

星を追う子ども』から2年ぶりとなる、新海の5作目の劇場用アニメーション映画。新海の初めての「」の物語と銘打っており、万葉集を引用している。万葉集の表現の研究者である倉住薫(大妻女子大学・文学部・日本文学科 助教授)が協力している[3]

背景はが重要な要素を担っている。「雨は3人目のキャラクターといっていいくらいウエイトがある」と新海は語っていて[4]、シーンの約8割が雨のシーンで構成されている。2013年5月31日より日本全国・台湾香港中国大陸(LETVのネットワーク放送)で同時公開となり、公開日より劇場限定でBlu-ray DiscDVDの先行発売が行われている。一般発売は6月21日[2]iTunes Storeでも公開日より配信されている。当初の予定では劇場公開する予定はなく、配信やDVDのみの小規模な短編作品の予定だったが、最終的には劇場公開という形になった。

月刊アフタヌーン』(講談社2013年6月号から12月号まで、本橋翠作画による漫画版が連載された(単行本は全1巻、2013年11月22日発売)。また、メディアファクトリー刊『ダ・ヴィンチ』2013年8月号から2014年4月号まで小説版が連載された。同誌は『秒速5センチメートル』の小説版も刊行しており、執筆も同様に新海誠自身が担当する。

2013年2月に野村不動産グループ『プラウドボックス感謝祭』にて公開された、新海が監督したショートフィルム『だれかのまなざし』が同時上映で公開[5]。このショートフィルムはDVDやBlu-ray Discには収録されていないが、2013年9月5日から2014年1月12日までYouTubeで公開されていた[6]

7月6日にはアメリカロサンゼルス開催のアニメ・エキスポで、7月19日にはプチョン国際ファンタスティック映画祭でプレミア上映された[7]。2014年5月18日には英国映画協会(BFI)が主催のロンドンで開催されるアニメーション映画祭「Anime Weekend」にて上映。

2017年3月4日、『君の名は。』のヒットに伴う「新海誠特集 第一弾」としてテレビ朝日系列で地上波初放送された[8]。また2018年1月2日深夜(1月3日朝)には、『君の名は。』の地上波初放送を記念して二度目の放送が行われた[9]。いずれも関東地区のみの放送だった。

劇中でタカオがユキノのために作った靴は実物も製作されていて、劇場などに展示されている[10]。商品化の予定は不明。

あらすじ[編集]

モデルとなった新宿御苑のベンチ。本作の最後で、新宿御苑がモデルであることと、実際は飲酒禁止という注意書きが表示される。

職人を目指す高校生のタカオ(秋月孝雄)は、雨の日の1限は授業をサボって、庭園で靴のデザインを考えていた。ある日、タカオはそこで昼間からビールを飲んでいる女性、ユキノ(雪野百香里)に出会う。どこかで会ったかとタカオが尋ねると、ユキノは否定し、万葉集短歌 「鳴る神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ」 を言い残して去っていった。

こうして、雨の日の午前だけの2人の交流がはじまる。タカオは靴職人になる夢を語り、味覚障害を患うユキノは、タカオの作る弁当の料理に味を感じられるようになる。ある日、ユキノはタカオに「靴作りの本」をプレゼントし、タカオは今作っている靴をユキノのために作ることにする。

その後、梅雨が明け、しばらくの間2人は逢わなくなる。2学期になった夏のある日、タカオは学校でユキノとすれ違い、ユキノが古文の教師だったこと、生徒の嫌がらせによって退職に追い込まれたことを知る。そして首謀者で3年生の女生徒、相沢に会いに行くが、からかわれたタカオは相沢の頬を叩き、その取り巻きの男子生徒に返り討ちにされてしまう。

庭園に向かったタカオはユキノと出会い、万葉集の返し歌 「鳴る神の 少し響みて 降らずとも 吾は留まらむ 妹し留めば」 を口にする。互いの立場を知って戸惑う2人だったが、急な土砂降りに遭って、2人でユキノのマンションへ行く。ユキノは濡れた服を乾かしながら、タカオは2人分の料理を作りながら、2人とも今が一番幸せだと感じる。そしてユキノへの好意を口に出したタカオに、ユキノは地元の四国に帰ることを告げる。ユキノは部屋を出たタカオを追いかけ、お互いの気持ちをぶつけ合う。

季節は変わって冬、四国でまた教師となったユキノからは、手紙が来るようになっていた。タカオは完成した靴を手に庭園を訪れ、雨の日々を「2人とも歩く練習をしていた」のだと回想し、「もっと遠くまで歩けるようになったら」ユキノに会いに行こうと思う。

登場人物[編集]

秋月 孝雄(あきづき たかお)【タカオ】
声 - 入野自由 / 関根航(子供時代)
主人公。高校1年生。15歳。
靴職人を目指していて、手作りのモカシンを履いている。
家庭環境のせいもあって、年齢よりやや大人びた性格で料理が得意。雨の日の公園で出会う女性(百香里)に心を寄せる。
声優の入野は前作『星を追う子ども』に続いて主演。
雪野 百香里(ゆきの ゆかり)【ユキノ】
声 - 花澤香菜
ヒロイン。タカオが雨の庭園で出逢う謎めいた女性。27歳。
以前は孝雄の通う高校で古文の教師をしていたが、生徒の嫌がらせによって退職に追い込まれる。一時は味覚障害によって酒とチョコレート以外の味を感じなくなってしまうが、孝雄との出会いで次第に味覚を取り戻していく。退職後は地元である四国へ帰り、そこで再び教師となる。
ユキノ役は彼女の設定年齢に合わせて当初25歳以上という条件でキャスティングを行ったが、最終的には当時23歳の花澤香菜が自ら立候補し演じることとなった。新海曰く花澤の声は「最も印象に幅がありユキノを成り立たせる」ことが起用の理由だという。
なお、漫画版では名前の表記が『由香里』となっている。
次作『君の名は。』にも同名の人物が登場している。同作では飛騨の山奥にある糸守町で教師をしている。
タカオの母
声 - 平野文
47歳。劇中では2シーンしか登場せず、そのうち一つは絵のみ。大学職員。
声優の平野は同時上映された『だれかのまなざし』にも出演している。
小説版では秋月 怜美
秋月 翔太
声 - 前田剛
タカオの兄。26歳。
2歳年下の彼女と同棲を始めるため、タカオと母の住む家を出る。
劇中では名前は登場せず「タカオの兄」としかクレジットされていない。
声優の前田は『雲のむこう、約束の場所』『星を追う子ども』に続いて出演。
寺本 梨花
声 - 寺崎裕香
翔太の彼女。24歳。劇中では1シーンしか登場しない。
関西出身で、翔太と同棲を始める。劇中では名前は登場せず「タカオの兄の彼女」としかクレジットされていない。
声優の寺崎は『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』に続いて出演。
松本
声 - 井上優
タカオの友人。一学年上の佐藤と交際中。
佐藤
声 - 潘めぐみ
高校2年生で松本の彼女。友人は多いそうで学校内の事情に詳しい。
相沢
声 - 小松未可子
高校3年生でいつも取り巻きに囲まれている、プライドの高い女子生徒。
小説版では相澤 祥子
伊藤 宗一郎
声 - 星野貴紀
タカオの高校の担任で体育教諭。かつて雪野百香里と交際していた。

※固有の役はないが、新海作品常連の声優・水野理紗は本作でも出演している。

スタッフ[編集]

これまでの新海作品とはややスタッフが異なっていて、前作までのメインスタッフだった作画監督の西村貴世は原画のみ、美術監督の丹治匠は美術背景のみで参加し、音楽の天門は参加していない。新海作品で天門以外が音楽を担当するのは自主制作時代を含め初である。

星を追う子ども』では土屋堅一は作画監督を共同担当、滝口比呂志は美術背景で参加した。

  • 原作・脚本・絵コンテ・演出・監督 - 新海誠
  • 作画監督・キャラクターデザイン- 土屋堅一
  • 脚本協力 - 松田沙也
  • 演出助手 - 大賀まこと
  • 原画 - 岸野美智、細田直人、竹内一義、渡辺裕二、北澤精吾、山本早苗、丸山千絵、林佳織、西村貴世、岩崎たいすけ、土屋堅一
  • 美術監督 - 滝口比呂志
  • 美術背景 - 渡邉丞、瀧野薫、泉谷かおり、本田小百合、四宮義俊、宇佐美レオナルド健、松本吉勝、北井真理江、加藤美紀、森元茂、皆谷透、吉川宏美、長澤順子、朝倉千登勢、林孝輔、野村正信、鈴木路恵、市岡茉衣、HA DUNG、DINH SANG、NGUYEN HUY、VO NGOC、NGUYEN HOA、NGUYEN XUAN、DOAN KHUONG、VU CHUYEN、NGUYEN TRUONG、友澤優帆、池田真依子、小原まりこ、丹治匠、馬島亮子、滝口比呂志、新海誠
  • 動画検査 - 玉腰悦子、鈴木香理
  • 動画 - 黒田亜理沙、保志佳子、千葉遊大、大浅由美子、佐藤恭子、芝崎みゆき、田中立子、宮川かおり、宮川喜代美、真野鈴子、松永絵美、相澤茉莉、谷口律子、中小路佳毅、挽本敦子、姜美鈴、劉慈英、韓松煕、柳洙玉、徐允珠、金貞蘭、金貞順、林弘子、高橋幸、朱暁明、超藝耘、向井理江、河辺信宏、佐藤弘幸、西村幸恵、國井実可子、牧野清香、村松さつき、永野千絵、佐久間梓、佐藤由紀、藤田あずさ、堀之内梨絵、升谷有希、寺田久美子、奥脇優、大塚明子、伊藤かおり、藤谷尚子、大越武志、武本野乃子、菊地昇吾、金鍾圭、具滋天、金榮珉、金允喜、朴鎭希、朴喜靜、邊鎭先、辛珍垠、梁孝貞、李惠暻、鄭雅永、車弦珠、蔡演慶、崔渼敬
  • 色彩設計 - 三木陽子、新海誠
  • 色指定検査 - 久力志保
  • 色指定補佐 - 関根里枝子、戸塚千夏
  • デジタルペイント - 松林彩、大城香奈子、相馬加菜、福谷直樹、水野愛子、香焼千春、石原智美、田中悠詩、横瀬貴幸、野村美佐子、末繁明佳、青木優佳、中平香織、文聖惠、安榮愛、鄭惠羅、辛賢貞、吳京姬、崔秀庚、田殷珠、李明順、金仙美、金銀姬、李研珠、篠原愛子、山崎佳奈子、五野直子、小野寺笑子、境野雄太、野地弘納、樋田由紀子、磯部知子、高下直子、蘒原絢子、伊藤郁実、山本智子、李東姬、金珉程、金現淑、方美蘭、吳貞惠、李文景、李善珠、渡辺桂子、濱田みゆき、黒木智子、玉木千春、澤田清香、齋藤智子、河野守
  • 撮影監督 - 新海誠
  • 撮影チーフ - 三田陽子
  • 撮影 - 李周美、福澤瞳
  • 撮影補佐 - 尾身千寛、市川愛理
  • 3DCGチーフ - 竹内良貴
  • 3DCGエフェクト - 河合完治
  • 編集 - 新海誠
  • 音響監督・整音 - 山田陽
  • 音響効果 - 森川永子
  • 効果助手 - 尾形英昭
  • 録音 - 八巻大樹
  • 録音助手 - 藤田直美
  • 録音スタジオ - studio don juan
  • キャスティング - 等々力佐和子、新沼愛
  • 音楽 - KASHIWA Daisuke
  • バイオリン - 岡村美央
  • チェロ - 徳澤青弦
  • レコーディング・エンジニア - 山本哲也
  • レコーディング&ミキシング・エンジニア - 柏大輔
  • 5.1chミキシング・エンジニア - 吉見和也
  • 音楽監修 - 高橋英明
  • 音楽制作管理 - 久保淳司
  • レコーディング・スタジオ - Studio FLAT/目黒倉庫
  • ミキシング・スタジオ - Studio FLAT
  • 5.1chミキシング・スタジオ - Sound Crew Studio
  • エンディングテーマ「Rain
  • デジタルラボ - IMAGICA
    • オンライン編集 - 服部一太
    • ラボマネージャー - 高山皓光
  • 制作 - コミックス・ウェーブ・フィルム
    • 制作プロデューサー - 伊藤耕一郎、酒井雄一
    • 音楽プロデューサー - 小川智弘
    • 制作進行 - 堀雄太、岡村慎治
    • 財務 - 倉田泰輔
    • 経理 - 武田真理子
  • アニメーション制作協力 - アンサー・スタジオ
    • 制作プロデューサー - 木曽由香里、釼持耕平
    • 制作進行 - 森永裕人、中目貴史
  • 制作協力 - 三坂知絵子、三澤秀立、倉住薫、大野真、旭プロダクションA.P.P.Pオレンジアニメーション美峰作楽クリエイトスタジオエルスタジオコクピットM.S.Cスタジオコメットたくらんけタツノコプロインスパイアード、ホワイトライン、スタジオ・イースター、スタジオ・トイズ、テレコム・アニメーションフィルムライトフット、アルビオン、アトリエローク07アニメ工房婆娑羅プロダクション・アイ、サウンドチーム・ドンファン、ちゃらサウンド、ネルケプランニングSony Music Artistsイマジン、製靴シャドウ、三交社
  • タカオデザインの靴 協力 - 壹岐まどか
  • 衣装考証 - 源奈々
  • 衣装協力 - DIANA、FILA、TRANS CONTINENTS、hosoiri works
  • 協力 - 大成建設Z会野村不動産マルマン理論社新潮社講談社岩波書店
  • 特別協力 - バランスエンタテインメント
  • 配給 - 東宝映像事業部
    • 宣伝プロデューサー - 弭間友子、岡村和佳菜、下山亮、是枝宏幸
    • パブリシティ - 木立己百花、伊達真泉、猿谷由希子
    • 劇場営業 - 山下信政、小泉泰佐
  • ポスターイラスト - 四宮義俊
  • タイトルロゴ・宣伝デザイン - 落合千春、久持正士、土橋聖子
  • 宣伝ライター - 渡辺水央
  • 海外宣伝 - 角南一城、青木佐登留
  • 公式サイト制作 - 中島弘道、市川愛理、東出奉典、重留隆宏、梅田厚志
  • 宣伝協力 - ハイヴ、joint
  • サンクス - 渡辺季子、加納新太、関口靖彦、安部佐保子、宍倉立哉、川村豊、石井ゆかり、大橋貢、齋藤裕二、マサル、小荒田朋子、村岡敬介、加賀美紀行、片桐美奈子
  • スペシャルサンクス - 山内章弘、古澤佳寛、太布尚弘、孫泰蔵、國枝信吾、玄沙愛
  • プロデューサー - 川口典孝
  • 製作・著作 - コミックス・ウェーブ・フィルム、新海クリエイティブ

音楽[編集]

イメージソング
言ノ葉
作詞・作曲・編曲・歌:秦基博[11]
秦基博が本作のために書き下ろした新曲。CDジャケットは新海が手掛けている。本編劇中では使用されない。
「言ノ葉」Music Video(-Makoto Shinkai / Director's Cut-)
ミュージック・ビデオ。新海が監督し、本編映像からの再編集だけでなくこのMVのために描かれた新規カットも含まれる。「言ノ葉」初回盤CDの購入者の中から抽選で528名に贈られた(受け付けは終了)。8月28日よりiTunesなどで販売開始。
エンディングテーマ
Rain
作詞・作曲:大江千里 / 編曲:皆川真人 / 歌:秦基博[11]
大江千里のカバー曲。エンディングで使用されたLong Ver.の編曲は皆川真人と多田彰文が共同で行っている。
BGM
「Swan Song」
作曲・編曲:KASHIWA Daisuke
KASHIWA Daisukeのアルバム『88』より使用された。

小説版[編集]

『ダ・ヴィンチ』2013年8月号から2014年4月号まで連載された小説版の単行本。映画版では描かれなかった登場人物達の過去や心情を描いた内容となっていて、僅かしか登場しなかったキャラクターにも大きく焦点が当てられている。単行本化に伴い書き下ろしも追加されている。また2018年11月6日から原作小説をオーディオブック化したAudible版が配信されている。朗読は入野自由、花澤香菜、前田剛、星野貴紀、小松未可子、平野文の計6名がそれぞれのキャラクターを担当しており、各話ごとに区切った分冊版も配信されている[12]

テレビ放送[編集]

回数 テレビ局 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考
1 WOWOWプライム 2014年8月17日 15:30 - 16:30 60分 テレビ初放送。
以降数回放送あり[13]
NHK BSプレミアム 2016年3月25日 23:45 - 24:33 48分 [14]
毎日放送 2016年8月22日 26:40 - 27:35 55分 映画『君の名は。』公開記念特番として、地上波ノーカット放送。
また、神木隆之介をナビゲーターに迎えて放送した[15]
地域によって放送時間が異なり、詳細は後述。
テレビ朝日 2017年3月3日 27:25 - 28:15 50分 1.0% 新海誠監督特集 第1弾として放送。
関東地区では地上波初放送であり、関東地区のみでの放送。
2017年7月8日 24:05 - 25:00 55分 2.8% 新海誠特集として放送。
関東地区のみでの放送。
2018年1月2日 25:05 - 28:00 1.5% 「君の名は。」が地上波初放送されるのを記念して、「雲のむこう、約束の場所」とともに放送[16]
関東地区のみでの放送。
7 2019年7月11日 26:44 - 27:34 天気の子」が劇場公開されるのを記念して放送。
関東地区のみでの放送。
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

映画『君の名は。』公開記念特番[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日 放送日時
福島県 福島放送 テレビ朝日系列 2016年8月12日 10:43 -
広島県 中国放送 TBS系列 24:55 -
秋田県 秋田朝日放送 テレビ朝日系列 2016年8月15日 14:00 -
岩手県 岩手朝日テレビ 2016年8月16日 14:30 -
福井県 福井放送 日本テレビテレビ朝日系列 2016年8月17日 9:55 -
大分県 テレビ大分 日本テレビフジテレビ系列 2016年8月18日 9:50 -
岡山県香川県 山陽放送 TBS系列 25:35 -
宮城県 ミヤギテレビ 日本テレビ系列 25:49 -
静岡県 テレビ静岡 フジテレビ系列 26:15 -
山口県 テレビ山口 TBS系列 2016年8月19日 15:46 -
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列 2016年8月20日 15:30 -
北海道 北海道テレビ テレビ朝日系列 25:25 -
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列 26:05 -
石川県 テレビ金沢 日本テレビ系列 2016年8月21日 26:53 -
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 25:40 -
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列 2016年8月22日 13:55 -
愛媛県 あいテレビ
高知県 テレビ高知 25:54 -
近畿広域圏 毎日放送 26:40 -
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 2016年8月23日 9:30 -
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 2016年8月24日 15:53 -
青森県 青森放送 日本テレビ系列 2016年8月25日 10:30 -
中京広域圏 中京テレビ 26:12 -
鹿児島県 鹿児島讀賣テレビ 26:17 -
山形県 さくらんぼテレビ フジテレビ系列 2016年8月26日 14:55 -
長崎県 テレビ長崎 25:35 -
新潟県 テレビ新潟 日本テレビ系列 2016年8月27日 10:30 -
熊本県 くまもと県民テレビ 15:00 -

関連項目[編集]

  • 『Handmade SHOES FOR MEN』 - ユキノがタカオに贈った靴の本。
    著:Lazlo Vass / Magda Molnar
    2008年2月20日 Ullmann Publishing出版 / ISBN 978-3833160455
  • 君の名は。』 - 新海誠の次作。ユキノが、主人公三葉の学校で古典教師としてユキちゃん先生の名前で登場する。声の出演は同じく花澤香菜。他にも勅使河原克彦や名取早耶香など「言の葉の庭」では小説版でのみの登場だった人物が登場。時間や場所において矛盾も多いが、ファンからの指摘に新海監督は「テッシーとサヤちんの造形は、おっしゃる通り拙作『小説 言の葉の庭』7話からの発想でした。『君の名は。』と『言の葉の庭』の間に大きなジャンプがあるとのご意見もよくいただきますが、僕としては『小説 言の葉の庭』がその間をつないでいます。」とTwitterで発言している。また監督のTwitterによると孝雄も少しだけ登場している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 言の葉の庭”. 映画.com. 2013年3月14日閲覧。
  2. ^ a b 新海誠、原作・脚本・監督作『言の葉の庭』BD/DVD発売”. TOWER RECORDS ONLINE (2013年3月8日). 2013年3月14日閲覧。
  3. ^ 笠間書院 kasamashoin ONLINE:新海誠監督の映画『言の葉の庭』(5月31日公開)に倉住薫氏(大妻女子大学)が協力
  4. ^ 新海誠監督「3人目のキャラクターは雨」 新作『言の葉の庭』に込めた想い”. ORICON STYLE (2013年3月8日). 2013年6月1日閲覧。
  5. ^ 新海誠監督の短編『だれかのまなざし』 新作映画と同時上映”. ORICON STYLE (2013年3月8日). 2013年6月1日閲覧。
  6. ^ Other voices-遠い声- » プラウドフューチャーシアター「だれかのまなざし」”. 新海誠 (2013年2月19日). 2016年8月31日閲覧。
  7. ^ 新海誠監督「言の葉の庭」観客動員10万人突破で続映も決定”. 映画.com速報 (2013年7月3日). 2013年7月3日閲覧。
  8. ^ 新海誠特集「言の葉の庭」「秒速5センチメートル」”. テレビ朝日. 2017年3月4日閲覧。
  9. ^ 新海誠特集|テレビ朝日”. テレビ朝日. 2018年1月4日閲覧。
  10. ^ 「ダイアローグへと歩み出すこと」――『言の葉の庭』新海誠監督インタビュー(後編)”. AniFav (2013年5月16日). 2013年6月26日閲覧。
  11. ^ a b 秦基博、新海誠の新作「言の葉の庭」EDで大江千里カバー”. ナタリー (2013年2月21日). 2013年3月14日閲覧。
  12. ^ 「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」特設ページ”. Amazon.co.jp. 2018年12月18日閲覧。
  13. ^ WOWOWにてテレビ初登場! 映画「言の葉の庭」公式サイト 2014年7月31日
  14. ^ 新海誠「秒速5センチメートル」「ほしのこえ」「言の葉の庭」放送、今日から3週連続 映画ナタリー 2016年3月8日
  15. ^ 映画『君の名は。』公開記念特別番組情報 映画「君の名は。」公式サイト
  16. ^ 「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」など新海誠の監督作が正月三が日に連日放映 映画ナタリー 2017年12月31日

外部リンク[編集]