くさデカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くさデカ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜日18:30 - 19:00(30分)
放送期間 1999年4月17日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ静岡
プロデューサー 長谷川和人
出演者 平畠啓史(DonDokoDon)
トータルテンボス(大村朋宏・藤田憲右)
ギャル曽根
春香クリスティーン
三上真史
音声 ステレオ放送[1]
外部リンク 公式サイト

特記事項:
2012年9月8日現在
テンプレートを表示

くさデカテレビ静岡で、毎週土曜日の18:30 - 19:00(JST)に放送しているテレビ番組
1999年4月17日に放送を開始し、2006年3月11日に放送300回、2008年5月24日に放送400回、2010年8月7日に放送500回、2012年11月3日に放送600回、2015年1月24日に放送700回、2017年4月22日に放送800回を迎え、2008年6月6日に10周年記念特番を放送している。

概要[編集]

  • 前身は1998年7月にスタートした「くさなぎ署の刑事(デカ)」(月曜19:30 - 20:00)。番組開始当時は、ガダルカナル・タカをメイン司会とする静岡の関連情報を紹介するバラエティー番組であった。なお、「くさなぎ(草薙)」はテレビ静岡の本社が立地する場所に近接した地名。
  • その後、1999年4月にDonDokoDonがメインとなる「くさなぎ署の刑事特捜班D」としてリニューアル。「特捜班D」の「D」は、DonDokoDonのことを指している。放送時間を現在の土曜日18:30 - 19:00の時間帯に移動、その後しばらくして略称「くさデカ」と改名された。
  • 2008年の平均視聴率は15.8%で、過去最高視聴率は25.5%[2]。静岡では知らないものはいないと思われるテレビ静岡の看板番組である。
  • 2009年9月12日放送分からハイビジョン放送。
  • 2010年8月7日、14日に放送された500回目と501回目では、初の海外ロケ(韓国)を行った。

くさデカ[編集]

  • 静岡県内(時には静岡県外や海外ロケで行うこともある)で話題になっているグルメ情報を、通称「くさなぎ署」の刑事が調査するという設定。
  • 2010年現在のレギュラーはDonDokoDon平畠啓史と静岡県出身の漫才師トータルテンボス
  • 平畠・トータルテンボスが「自慢のアレ」(お勧めメニュー)を紹介する通常企画「超美食大戦」に加え、2006年秋頃よりギャル曽根をメインとした「超美食バカ食い大戦シリーズ」がスタート。大食いブームにのって人気企画となる。
    • 2008年にはギャル曽根かジャイアント白田が食べた順番を店舗のオーナーが当てる『超美食推理大戦 クイズ$ギャルソネア』も始まった。
  • これまで、『くさデカ美食超大戦』シリーズの内容をまとめたガイドブックが12冊出版されている(後述)。
  • 同局の週末生ワイド「テレしず通りパロパロ」でも、この番組で紹介した店舗の裏メニューを紹介するコーナーがあった。
  • 主題歌はYURIMARIの「love love dreamer」である。この主題歌は放送開始からずっと使われている。
  • 毎週木曜24:30 - 25:00に過去放送分(2週遅れ)の再放送をしている。ただし、次回予告が最新回に差し替えられている。
  • 2013年2月23日放送の「富士山スペシャル」から、北海道文化放送東海テレビフジテレビONE(CS放送)で放送されるようになった。
  • 番組開始から長きに渡ってモノラル放送(モノステレオ放送)の状態であったが、2013年4月13日放送分よりステレオ放送を開始した。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

平畠啓史DonDokoDon
「くさなぎ署-」開始当時から10年以上にわたり出演している平畠は番組の顔として定着し[3]、スタッフからの信頼も厚い[4]
アピールタイムでは、レストランのメニューを静岡県にまつわる事象に例えて(「まあ、言うてみれば○○の○○、そんな感じがするわけですね」)説明する。マイナーすぎて静岡県民でも知らないようなことを言うのがお決まりである。
トータルテンボス
2008年4月より新メンバーとして加入。静岡県出身。アピールタイムでは卒業式の“掛け合い”風(2巡目は藤田が駄洒落を言うが、大村は黙るため、藤田が「おい、言え!」と突っ込む)に紹介。
ギャル曽根
2006年9月23日放送から登場。月1 - 2回ほど放送の「ギャル曽根の突撃!ごちサマっ大戦」などを担当。2012年9月15日放送の第594回をもって、産休のため一時降板。2013年2月16日放送の第613回「ギャル曽根のおかえりSP」より復帰。
春香クリスティーン
2012年1月28日放送の第566回から登場。当番組唯一の外国人レギュラー。現在は、静岡の美味しい料理などを世界に紹介する「静岡の食べ歩き方」などを担当。
三上真史
2017年5月6日放送(テレビ静岡)の第802回から登場。『園芸王子』のニックネームを持つギャル曽根の事務所の後輩。
鈴木敏弘(テレビ静岡アナウンサー)
番組ナレーションを担当。

過去の出演者[編集]

くさなぎ署の刑事[編集]

初代レギュラー。静岡県出身。
番組アシスタント。静岡県出身。

くさデカ[編集]

当初は毎週レギュラーとして出演していたが、2001年11月より出演頻度を段階的に落としていき(2002年秋からは月1)、2003年をもってレギュラー降板。
その後は、毎年9月に行われるテレしず祭り(くさデカスペシャル)に2007年まで出演(2008年はVTR出演のみ)、2008年10月18日放送分まではエンディングのグルメ情報募集のVTRにのみ登場していた。
2001年11月より、山口の代わりに月1レギュラーとして登場したが、半年程で降板。
降板したハローバイバイの代わりとして2002年5月からレギュラー入りしたが、2008年4月で卒業となった。
アピールタイムではラップ漫談を行っていた。
「嵐の美食バカ食い大戦」で大食いぶりを披露していた。また「クイズギャルソネア」に登場することもあった(基本的にギャル曽根とロケは別々に行う)。

スペシャル単発ゲスト[編集]

同局土曜昼の情報バラエティ番組『まめサタ』とのコラボレーション
同局平日午後の情報バラエティ番組『てっぺん静岡』とのコラボレーション
江上敬子は800・801回、近藤くみこは801回に出演

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:長谷川和人(テレビ静岡)、土屋雅広(富士テレネット)
  • 総合演出:築山秀伸(富士テレネット)
  • 構成:堀江利幸
  • ディレクター:菊川悦男、榊原康士、石川英希、勝俣みふじ、秋元智、伊藤直美

くさデカの本[編集]

  • くさデカ超美食大戦(1 - 12)
  • 2004 - 2005 視聴者が選んだ自慢の美食(アレ)BEST100
2002年冬から2004年春まで番組に登場した店の中から、視聴者投票の結果をジャンルごとに静岡の人気食堂を分類し合計100店を厳選掲載。中でもベスト12に選出された店は、『くさデカゴールド店』として特集が組まれている。

放送局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送開始日 放送日時 備考
静岡県 テレビ静岡 フジテレビ系列 1994年4月17日 土曜 18:30 - 19:00 制作局
放送都合上時間が変わる場合もある
北海道 北海道文化放送 2013年3月9日 富士山スペシャルより放送
中京広域圏 東海テレビ放送 2013年4月15日
全国 フジテレビONE 2013年4月15日

番組販売により一部の独立局で放送された事もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年4月13日から実施。それまではモノラル放送(モノステレオ放送)を実施。
  2. ^ じっくり聞いタロウ〜スター近況㊙報告〜 - goo tv(関東版),2017年2月24日
  3. ^ 「くさデカ」平ちゃんと静岡グルメツアー!”. ピエール瀧のしょんないTV. 静岡朝日テレビ (2013年3月14日). 2014年6月17日閲覧。
  4. ^ DonDokoDon・平畠啓史。「芸人としてあるべき姿」くりぃむしちゅー・有田が絶賛。”. エンタがビタミン♪. メディアプロダクツジャパン (2014年2月3日). 2014年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ静岡 土曜18:30 - 19:00
前番組 番組名 次番組
花さか天使テンテンくん
※日曜 9:30枠へ移行
くさデカ
-