南美希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなみ みきこ
南 美希子
プロフィール
本名 堀池 美希子
愛称 MIKIKO
出身地 日本の旗 日本 東京都北区
生年月日 (1956-02-26) 1956年2月26日(61歳)
最終学歴 聖心女子大学国語国文科中退
所属事務所 MJ Management
職歴 テレビ朝日アナウンサー
活動期間 1977年 -
ジャンル バラエティ
配偶者 堀池秀人(1996 - 2013)
担当番組・活動
その他 タレント・ナレーター

南 美希子(みなみ みきこ、本名:堀池 美希子(旧姓:南)、1956年2月26日 - )は、元テレビ朝日アナウンサーで現在はフリーアナウンサータレントナレーター東京女学館大学客員教授東京都出身。現在事務所はMJ Management所属。以前は太田プロダクションに所属していた。

ナレーションを行う際は、MIKIKO(みきこ)名義で活動している。

来歴・人物[編集]

  • 東京女学館高等学校卒業、聖心女子大学国語国文科入学。中学高校の同級生に浅田美代子がいる。
  • 同大学3年次にテレビ朝日(入社試験当時:日本教育テレビ、入社時:全国朝日放送)のアナウンサー試験に合格し、中退して1977年入社。
  • 1986年退社し、フリーに。
  • 1996年建築家堀池秀人と結婚し、翌年に出産(このとき40歳を越えており、高齢出産として話題となった)。夫とはおしどり夫婦として有名で、子供が小さいときは夫が家事や育児に積極的に参加した。その経緯に付いては著書に記している。
    • 各種の化粧品から皺取り・コラーゲン注入などの美容医療まで幅広く取材・記事化し、美容ライターとしての活動も行っている。
  • テレ朝時代の同期の古舘伊知郎と親しく「イッちゃん」と呼ぶ。古巣のテレビ朝日での出演は多く、タモリ倶楽部の鉄道愛好家のための番組企画に出演している。
  • 2013年9月に離婚。2015年11月9日放送のテレビ朝日のトーク番組『徹子の部屋』にて公表した[1]

主な出演番組[編集]

テレビ朝日関連[編集]

日本テレビ[編集]

フジテレビ[編集]

読売テレビ[編集]

テレビ東京[編集]

同期のアナウンサー[編集]

補足[編集]

CM[編集]

CD[編集]

著作[編集]

  • 『おとこの勘ちがい』(文藝春秋) 平成元年
  • 『もっとしなやかに もっとしたたかに』(テレビ朝日) 昭和57年
  • 『30ans(トランタン)個人的恋愛論』(講談社) 平成3年
  • 『JJ』『日経アントロポス』 『週刊文春』等にエッセイ連載
  • 『お嫁にいくまでの女磨き』(光文社) 平成4年
  • 『失恋術』(サンマーク出版) 平成6年
  • 『私が結婚した理由』(光文社) 平成7年
  • 『男の品さだめ』(文藝春秋) 平成9年
  • 『恋をつかみ仕事で輝く』(講談社
  • 『40才からの子育て』(光文社)
  • 『育児の快楽』日経新聞に連載
  • 『ママというお仕事』(光文社)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元テレ朝・南美希子アナ、2年前に離婚 「経済的な価値観」のズレ”. ORICON STYLE (2015年11月8日). 2015年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]