南美希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなみ みきこ
南 美希子
プロフィール
本名 南 美希子
堀池 美希子(結婚時の本名)
愛称 MIKIKO(別名義)
出身地 日本の旗 日本 東京都北区
生年月日 (1956-02-26) 1956年2月26日(66歳)
最終学歴 聖心女子大学文学部国語国文学科中退
所属事務所 Megu Entertainment
職歴テレビ朝日アナウンサー
活動期間 1977年 -
ジャンル バラエティ情報
配偶者 堀池秀人(1996年 - 2013年)
出演番組・活動
出演経歴トゥナイト
OH!エルくらぶ
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
EXテレビ
ザ・ワイド
その他 タレントナレーター

南 美希子(みなみ みきこ、1956年2月26日 - )は、日本フリーアナウンサータレントナレーター。元テレビ朝日アナウンサー東京女学館大学客員教授東京都北区出身。現在の所属事務所はMegu Entertainment。以前は太田プロダクションに所属していた。

ナレーションを行う際は、MIKIKO(みきこ)名義でも活動している。

来歴[編集]

東京女学館中学校・高等学校卒業、聖心女子大学文学部国語国文学科中退。中学・高校の同級生に浅田美代子がいる。

同大学3年次にテレビ朝日(入社試験当時:日本教育テレビ、入社時:全国朝日放送)のアナウンサー試験に合格したため、1977年、大学を中退して同社アナウンス部に入社する。情報番組歌番組を担当する傍ら、上司や制作現場に直訴して当時では女性アナウンサーが配属されることのなかったバラエティ番組に進出し[1]、「元祖女子アナ」として広く知られるようになった[2]

1986年、テレビ朝日を退社してフリーアナウンサーになる。退社後もテレビ朝日の番組に出演することが多く、1986年から1992年まで『OH!エルくらぶ』の司会を担当したほか[3]、『タモリ倶楽部』の鉄道愛好家企画にもレギュラー出演している。2000年から2004年にかけてはテレビ朝日番組審議会委員も務めた[3]

1996年建築家堀池秀人と結婚し、翌1997年に長男を出産する[4]2013年9月、堀池と離婚した[5]

人物[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

  • 西部警察 第118話「あの歌をもう一度」(テレビ朝日、1982年2月21日) - 「テレビ朝日新人歌謡祭」司会 役
  • 土曜ワイド劇場 (テレビ朝日)
    • 「エアロビクス殺人事件」(1983年11月12日)
    • 「白い肌に妖しき黒髪」(1984年4月21日)
    • 密会の宿1 義姉の白い肌が夫を襲う…女美容師の完全犯罪」(1984年11月3日)

バラエティ・情報[編集]

テレビ朝日
日本テレビ
TBS
フジテレビ
読売テレビ

ラジオ[編集]

CM[編集]

CD[編集]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『もっとしなやかに もっとしたたかに』(テレビ朝日、1982年)
  • 『おとこの勘ちがい』(文藝春秋、1989年)
  • 『30ans(トランタン)個人的恋愛論』(講談社、1991年)
  • 『お嫁にいくまでの女磨き』(光文社、 1992年)
  • 『失恋術』(サンマーク出版、1994年)
  • 『私が結婚した理由』(光文社、1995年)
  • 『男の品さだめ』(文藝春秋、1997年)
  • 『恋をつかみ仕事で輝く』(講談社
  • 『40才からの子育て』(光文社、1999年)
  • 『ママというお仕事』(光文社、2001年)

連載[編集]

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第1回 南さんのことについて教えてください!”. 乙女のお財布. 2021年10月23日閲覧。
  2. ^ 南美希子 プロフィール”. 講演依頼.com. 2021年10月23日閲覧。
  3. ^ a b 南美希子(みなみ みきこ) 講演会・セミナーのご依頼は講演の達人へ”. 講演の達人. 2021年10月23日閲覧。
  4. ^ 南美希子、大学で3年連続首席の息子に立腹!「就職しない」宣言に徹子は賛成”. テレ朝POST (2018年11月18日). 2021年10月23日閲覧。
  5. ^ 元テレ朝・南美希子アナ、2年前に離婚 「経済的な価値観」のズレ”. ORICON STYLE (2015年11月8日). 2015年11月9日閲覧。
  6. ^ 垣花正 あなたとハッピー|番組インフォメーション”. ニッポン放送 (2014年7月24日). 2021年10月23日閲覧。
  7. ^ 南 美希子|福岡の講師派遣会”. 講演会サポート福岡. 2021年10月24日閲覧。
  8. ^ 「大病人の大現場」(ジェネオン エンタテインメント)
  9. ^ びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜』内包

外部リンク[編集]